アクタージュ ネタバレ最新話106話感想【夜凪、山野上花子の反撃開始!】

どんなに完璧な芝居を見せられたって夜凪は諦めることはなかった。

それは演出家、山野上花子も同じだ。

サイド乙の芝居を吸収してでも、なんとしてでも勝とうとする彼女らの姿勢に注目だ。

104話 105話 106話 107話 108話

今回の見どころ

・夜凪と山野上花子の目が死んでいないこと

・相手に教えを乞うてでも勝とうとする貪欲なサイド甲の姿勢

・芝居に燃える夜凪と2人きりで言った千世子の台詞

特に最後の千世子のセリフは、とても大切な意味が込められているので注目だ。

『アクタージュ』最新話106話感想・あらすじ(ネタバレ)

再び立ち上がるサイド甲の演出家&演者たち

サイド乙の芝居は、黒山の新しい演出と千世子の切り替えの演技、阿良也の圧倒的な憑依術によって、ほとんど完璧といってもいいものだった。

そんな舞台を見て、夜凪や『羅刹女』の作者山野上花子は諦めてしまうのか?

 

キャンバスの前に座る花子は自分の中の「燃え盛る炎」がもう出てこないことを悟る。

黒山の「何かを愛した自分を許せばいい。愛せばいい」という羅刹女でのメッセージに心にあった氷が溶けたのだ。

ここからが勝負、演者たちに声をかけよう部屋を出たところで、夜凪の額に激突する。

マジで痛そうだ。

花子はその場に座り込む。

ここで注目すべきは夜凪は全く動じずただ花子を心配しているだけというところ。

どんだけ石頭なんだよ、景ちゃん!

 

気を取り直して、彼女たちが花子の部屋に来た真意を問うと彼女は言う。

演出家がいなきゃ稽古できないでしょ?(中略)

本当の羅刹女を演出して、花子さん

演出家も演者も、諦めている人など誰一人いなかったのだ。

誰もが、2日目以降の舞台で勝とうとしている。

その姿勢が読者として嬉しい。

夜凪はもっと進化してくれる、という未来が見えるからだ。

これも千世子という最大のライバルがいてくれるおかげである。

相手の演技を貪欲に吸収!

気合いは入っているものの、サイド乙にはなかなか追いつかない。

「最強の怒り」という武器を捨てたサイド甲の芝居は、「普通」に落ち着いてしまったからだ。

一方サイド乙の有利な点は、その場の勢いに頼らない再現性の高さであると僕は考えている。

演出も、演者の技術も「ここだけの一発」に頼らない。

要はプロフェッショナルの仕事なのだ。

黒山も千世子も阿良也も、みんな経験や技術が豊富ゆえにしっかりと安定した仕事をこなしてみせる。

夜凪の尖った才能に隠れがちだが、彼らはやっぱり業界においても随一の役者たちなのだ。

 

サイド乙の舞台は、回数を重ねる程にその完成度も高まっていく。

このままじゃ追いつけないと考えた夜凪らの提案が面白い。

千世子ちゃんがどう羅刹女を演じているのか教えて欲しいの

花子も強気で黒山に言う。

私たちの羅刹女を教えます

これは懇願ではない。

ギブアンドテイクの提案なのだという点を花子は強調する。

この芸術家らしい矜持は気持ちがいい。

「私が作り出した羅刹女は、他の誰にも作れない価値がある」と思っているということだ。

この提案に対して、千世子が言う。

でも利用しよう。私たちが

千世子も、まだ上を目指す気満々である。

絶対に夜凪に追いつかれないようにするために。

彼女らの笑顔が本当に怖い。

千世子が決めた覚悟、夜凪にかけた印象的な言葉とは?

お互いの演技の意見交換などをしていく中で、最終日の舞台直前、夜凪と千世子が2人きりになる。

夜凪が千世子への「悔しい」という気持ちを高め、羅刹女に利用するために部屋に呼んだのだ。

そこで千世子はこう言う。

負ければすべてあなたに奪われて、勝てば一生女優を続けられる。

そう信じていたの。バカみたいだよね。そんな単純な話じゃないのに。

忘れていたんだよ。

舞台が終わっても勝負は毎日続くんだって。

自省の言葉を伝えたあと、彼女はこう続ける。

どうせ私たちは、しわしわのおばあちゃんになっても役者だから

この一言に震えた。

彼女は一生役者を続けていくという覚悟を決めたのである。

おそらく自分自身が持つ才能の活かし方を黒山に教えてもらい、そして芝居が好きという気持ちを思い出したからだろう。

なにより、僕が一番素敵だと思ったのは、千世子が夜凪のことを終生のライバル、同志として認めたということだ。

かつては、「いきなり出て来た才能はあるけど荒削りな役者」としてしか夜凪を見ていなかったのに!

とても静かなシーンなのに、彼女の熱い気概が凝縮されている。

 

部屋から出て来た夜凪に王賀美陸が問いかける。

ギリギリまで百城といたって?

意味あったかよ

夜凪が答える。

燃えた。今日は勝つ

まとめ

千世子はついに夜凪を生涯のライバルとして認定した。

2人が30年、50年と歳を取っても役者をしている未来が見えた瞬間だったと言えよう。

そして、夜凪も、花子も、王賀美陸も、白石宗も、烏山武光も、朝野市子も、誰一人として勝つことを諦めていないサイド甲の最終日の演技を前にして胸が高なる。

王道演劇漫画『アクタージュ』、次週の展開にも目が離せない。

この記事を読んだあなたにおすすめ!

アクタージュ 64人が選ぶ名言・名シーンランキング!【ファンの熱いコメント集】 アクタージュ【危険なほど演技に没入する女子高生の成長物語】
104話 105話 106話 107話 108話