アクタージュ ネタバレ最新話108話感想【星アリサ、夜凪のマネージャーに!?】

アクタージュ ネタバレ最新話108話感想【星アリサ、夜凪のマネージャーに!?】

前話107話では、『羅刹女』の打ち上げが行われた。

なぜか王賀美のモノマネ大会が始まり、ピリピリしていた空気も和み演者同士が打ち解けることができた。

『羅刹女』シリーズが終わり、今回は次のステージの始まりが描かれる!

『アクタージュ』最新話108話のネタバレありの感想、あらすじをお送りする。

106話 107話 108話 109話 110話

『アクタージュ』最新話108話感想・あらすじ(ネタバレ)

千世子と王賀美、黒山の映画に出演決定!

落ち着き始めた宴会場。

黒山の隣にスッと座った千世子が囁く。

私たち、もうおしまい?

これには黒山もゴホゴホとむせる。

夜凪と星アキラのような「熱愛報道」をされてしまっては、たまったものじゃない。

お前、マジで色々気をつけろよ、そういう…

と黒山が言いたい気持ちもわかる。

でも、千世子は、演技を通じて「演出家と役者としての関係」はもう終わってしまうのかと彼に確認したのだ。

夜凪の成長のために自分を利用したのだと思った千世子は

次はあなたを私に惚れさせる

と宣言する。

夜凪の成長云々抜きに、「私をあなたの映画に起用して」と遠回しに言っているのだろう。

王賀美も近づいて来て言う。

また遊び足りねぇな。

次は映画なんだろ黒山墨字。

俺たちの準備はできているぜ

黒山に成長させられた千世子と、彼の見事な演出を目の当たりにし、自身のルールから外れた演技にも結果的に助け船を渡された王賀美は、自分の意思で黒山の作品への出演を希望したのだ。

その時の2人の生き生きとした顔!

黒山は彼らの期待に応える。

…ああ、待ってろ。

すぐに動き始める

黒山が当初から目論んでいた超大作映画が遂に動きを見せた!

一体どのような作品なのか非常に楽しみだ。

山野上花子、創作意欲なくなる?

今回『羅刹女』で初めて演出を務めた花子は、机に突っ伏しながら黒山に告げる。

私はもう二度と演出をすることはありません。

それどころか…絵も小説ももう描きたいと思えないんです

あの芸術一本で生きて来た天才が、その筆を置くと言う。

ここまでさせたのはやはり黒山の演出だろう。

圧倒的な力量の違いを見せつけられたことに加え、「間違いっていたとしても、何かに対して一生懸命愛を注いだ自分を愛してあげればいい」というメッセージを芯で受け取った花子。

彼女の創作の原動力となっていた「世の中に受け入れられない不条理への怒り」はすっかり消え去ってしまったのだ。

もう創らなくていい。

創る理由がない…。

やっと、自由になれた。

清々しく晴れ晴れとした表情で花子が言った。

自分の作った作品に彼女は救われたのだ。

星アリサ、夜凪のマネージャーに!?

場面は変わり、夜凪家。

夜凪が朝起きて台所に向かうとそこにいたのはビックリ仰天、星アリサ。

酷い格好ね。

それでもあなた女優?

あんな美しくて厳しそうな人が、朝起きてエプロンつけて料理していたら「夢でも見てるんじゃないか」と思ってしまう。

しかし、話は現実だった。

夜凪景、あなたは元井製薬シェアウォーターのイメージモデルに決まったわ。

今回あなたのマネージメントを任された星アリサよ。

改めてよろしく。

まさかの星アリサがマネージャーである。

この展開は誰も予想できなかったはずだ…。

あんなに「この子は危険だから役者にしてはいけない」と言っていた人なのに。

おそらく夜凪の活躍を見て「この子なら大丈夫」と思ったのと、黒山が裏で何か計画しているに違いない。

あなたには国民的スターになって貰うわ。

CMに取材…今日からしばらく忙しくなる。

『羅刹女』が終わっても休む暇はどうやらなさそうだ。

これが人気女優。

スターズの事務所に連れてこられて、通された部屋にいたのは、星アキラと8歳の子役鳴乃皐月(めいの さつき)だった。

星アキラ「やぁ、久しぶり」

星アリサの話によると、夜凪は「女優としての基本」を叩き込む必要があるらしくそれを教えてくれるのが、星アキラ…ではなく、鳴乃皐月ということらしい!

一体どのような「指導」が始まるのだろうか。

まとめ

今週の『アクタージュ』も、奥が深く目を話せない展開だ!

ポイントは次の3つ。

  • 千世子と王賀美が、黒山の演出家としての力を認め、自分から彼の映画に出演することを依頼する。

黒山の映画プロジェクトが動き出す予感。

  • 花子が自身の中にある「怒り」から解放され、芸術家としての活動をやめると黒山に告げる。

自分の作り出した作品に彼女は救われたことになる。

  • 夜凪景、星アリサのバックアップによりスターの道を進み始める。

指導がかりはなんと8歳の子役鳴乃皐月!

 

来週の『アクタージュ』のネタバレあり感想もお楽しみに!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

アクタージュ 64人が選ぶ名言・名シーンランキング!【ファンの熱いコメント集】 アクタージュ【危険なほど演技に没入する女子高生の成長物語】
106話 107話 108話 109話 110話