あなたがしてくれなくても ネタバレ最新話46話感想【陽一の決断、動き出す楓】

あなたがしてくれなくても ネタバレ最新話46話感想【陽一の決断、動き出す楓】

前回45話では、喫煙室で見た三島が元気がないことに気づいた陽一が仕事帰りに声をかけ、そのまま2人は飲みに行くことに。

ピッチの早い三島に「何かあったのか?」と問う陽一に、三島は2年前不倫した相手の奥さんから内容証明を送られたこと、電話がきたことを話す。

奥さんには旦那から連絡がきたこと、会っていないことを話すも接触したことが許せないと言われ…。

2度死ぬのは耐えられません

三島は相手のこの言葉で、自分の勝手な行いが人を苦しめていたことに初めて気づいたという。

その後、1人で帰れないほどに酔っぱらう三島を陽一は家まで送り、そのまま帰ろうとする陽一に後ろから三島が抱きしめ”好き”だと告白する…

このあと2人はどうなるのか…?

『あなたがしてくれなくても』最新話46話のネタバレありの感想とあらすじをお送りする。

44話 45話 46話 47話 48話

『あなたがしてくれなくても』最新話46話の感想・あらすじ(ネタバレ)

自分の思いを再確認する陽一

三島に後ろから抱きしめられ一瞬同様する陽一。

少し戸惑いつつも、三島の肩を持って引き離す。

すいません。三島さんの気持ちには応えられないっす

まっすぐと三島の目を見つめながらこう続ける。

俺…妻がいないとダメなんです…

あれだけケンカしたりお互い落としどころを探りあったりしたのに「冷静に話し合うこと」によってみちとの関係を再確認できたようだ。

そのアドバイスは三島がしたのだからちょっと心苦しい…。

そんな陽一の素直な気持ちに三島は涙を流しながら、どうしても言わずにはいれなかったと詫びた。

三島は他人に興味のない陽一から心配して誘ってくれたからちょっと期待したのかもしれない。

そんな姿に陽一は申し訳なさそうに佇むも、みちの待っている自宅に帰っていいからと半ば強引に三島に促される。

きっと本当は行かせたくない気持ちもあったのだろうに、これ以上ほかの人を不幸にしたくないという思いもあるのか、三島の決断は切ないと思った。

今まで色々なごたごたを抱えてきたみちとの関係に苦しみつつも、それでもみちと一緒にいたいという気持ちに気づいた陽一。

そんな陽一の思いをわかってか、三島は陽一が去ったあと自分は選ばれない立場にあることを自覚してか1人さみしく泣くのであった。

でもその顔はどことなくすがすがしく、三島自身も少し心境の変化があったのだろうか。

 

陽一が帰宅すると既にみちはベッドで熟睡していた。

その寝顔を見て陽一は、

絶対にみちを離したくない…!

と改めて強く思うのだった。

いやいや、もっと早くにそう思ってほしかった…という読者の声も聞こえてきそうだが。

ちょっと2人の関係が良い方向に行きそうでこれからが気になるところだ。

新名の言葉で眠れなかった楓

新名家では楓は一睡もできずに朝を迎えていた。

新名に「精神的な支えという特別な存在がいた」ことを打ち明けられたからだ。

楓がベッドから出てリビングに行くと、新名はすでに会社に行ったようで1人の空間だった。

色々なことがこみあげてきて勝手に涙が止まらない。

まだ自分の中で昨日の出来事を処理できるはずもなく、ただただ1人ぽつんと佇む楓がとても孤独に感じる。

楓もまた、今更自分のしてきたことで新名の心が離れていったことに苦しんでいた。

新名から体の関係はないものの裏切ったことには変わりないと伝えられたことでかなりショックだったよう。

確かに楓からすれば「自分が行為をさせなかったことで外で発散したかっただけ」という事実のほうがまだ割り切れたのかも。

精神的なつながりが大きいほうが心が離れていっているようで辛い…!

本当にみんな気づくのが遅すぎるー!

といいたいところだが、新名の本心が伝わったのも、みちとの出来事があったおかげだから仕方がないのか…。

 

ふと、リビングで携帯がなっていることに気づいた楓。

なんと新名が携帯を忘れて出社していたのであった。

なんでこの日に限って忘れるのか…と突っ込みたくなるが、最近の新名は取引先との約束も忘れるほど悩んでいるため仕方がない。

楓は新名の携帯を手に取りロックを解除しようとパスコードを入れるが、何度も間違えたため「1分後にやりなおしてください」と出た表示を見てはっと我に返る。

前に川原に携帯だけは見ないほうがいいと言われたのを思い出したのか。

それでも今まで絶対的に自分のことを好きだと思っていた相手の裏切りが発覚した今、携帯を見たい気持ちはわかる

とにかくちょっと普通ではない楓が暴走しないか心配である。

みちと楓の初対面!

一方会社ではみちが新たに日商簿記をとるために学校にいこうかな、と華と雑談している。

そんなみちに華は、

なんか変わりましたね!イイ女になってます!

と褒める。

確かに何でも前向きに、変化することを恐れなくなったみちは同性からみてもキラキラしていてかっこいい存在になっている。

そんな自分の変化にみち自身も気分が明るくなり、さっそうとヒールの音を響かせながら廊下を歩いていると、1人の女性に話しかけられる。

それは、なんと新名の携帯を届けにきた楓だった。

相手が新名の妻だとわかった途端、さっきまでのキラキラも消え気分が重たくなるみち。

少し前まで心の支えになってくれていた特別な人の妻を目の前に、内心穏やかではないようだ。

 

まさか社内で初対面とは…こちらもドキドキが止まらない展開になった『あなたがしてくれなくても』46話。

2人が一緒にいるところを新名はどんな気持ちで対応するのか。

みちが新名の特別な人とは知らずに一緒にいる楓。

新名の奥さんだと気付いて案内しているみち。

その2人と今から対面する新名。

それぞれの気持ちが交錯しそうな次回も気になる…!

では次回47話もお楽しみに!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

44話 45話 46話 47話 48話