あなたがしてくれなくても ネタバレ51話感想【ふさぎ込む楓を救った、同僚川原の正論。逃げるな楓!】

前回50話では、陽一とギクシャクしたままのみちは、後輩の華に浮気について相談した。

浮気をカミングアウトすることで自分はスッキリするが相手は傷つく、という話を聞いて陽一に言わなくてよかったと再認識したのだった。

一方の椎名と楓は相変わらず気まずいまま。

お互い歩み寄ろうと他愛のない会話をしたのだが、そこで新たな事件が起こった。

新名の会社に訪ねたときの話で、楓が口にしたのはみちの名前。

その名を聞いて明らかに動揺した新名を、楓が見逃すはずがなかった。

思わぬ形で浮気相手を特定してしまった楓。

また一波乱ありそうだ。

『あなたがしてくれなくても』51話のネタバレありの感想とあらすじをお送りする。

あの人のどこに負けたの…?楓の苦悩

ボーっと気の抜けた表情の楓。

以前、新名から不倫のことを聞かされたときのことを思い返していた。

誰と……?いつから……?今も……?

本当は聞きたいことがたくさんあったのに、聞く勇気がなかったのだ。

昨夜の会話で明らかに動揺する新名をみて、浮気相手は自分を案内してくれた人だと確信するも普通の人すぎて印象に残っていない。

そんな普通の人に最愛の人の心が奪われたのが、さらに楓の心を疲弊させるのだった。

にーいな!

そんな楓を見かねた同僚の川原が話しかける。

川原「今日ご飯行かない?美味しい店見つけたんだ!」

楓「……うーーん」

考え込む楓をみてそっと小声で話し始める。

何かあった?ゆっくり話さない…?どこでもいつでも付き合うからさ!

やさしい声掛けに、楓は思わず泣きそうになるのだった。…

考えるのをやめた陽一

結局昨日みちと顔合わせないようにしちまった でも今日は帰んないとなあ…

陽一はみちのラインを既読スルーしたまま、家にも帰らなかったのだ。

やめて!!

フラッシュバックのように、みちに拒否された光景が頭に浮かぶ。

ハァ…

頭を抱え込む陽一。

拒否られた……ってことは みちの気持ちが俺から離れていってるってこと?

いや すでに離れてる……?

考えすぎてマイナスなイメージしか浮かばない。

これ考え始めるとヤバいやつだ…あぁ…もう 考えたくねえ…

陽一は考えるのをやめた。

陽一も楓と同じく相手の気持ちを聞くのが怖いのかもしれない。

「何もしないで終わってもいいってこと?」楓の心を動かす川原の言葉

ええ!?誠君が?本当に!?

事情を聞いた川原は驚きを隠せない。

楓と川原は会社の外のベンチに座って話し込んでいた。

私離婚は考えてないの でも今自信がなくて

楓は新名の気持ちが自分にない気がして、今も続いているのか確かめるのが怖いのだ。

誠を繋ぎとめられなかったらどうしよう

弱気モードの楓は今にも泣きだしそうな表情で俯いて両手で顔を隠すのだった。

何言ってんのよ 大丈夫よ!遊びよ よくある話よ!

傷心の楓を慰めようと、肩にポンと手を置く川原。

…私もそう思ってた

楓は暗い表情で、事態は軽くないことを話す。

本気かもしれない…

不倫相手が新名の精神的な支えになっていたことをカミングアウトされたときから、モヤモヤが晴れないのだ。

楓は明らかに自信を無くしていた。

じゃあこのまま何もしないで終わってもいいってこと?

楓しっかりしな!今のままでいいわけないでしょ!?

弱気な楓に川原は真剣に問いただす。

ちゃんと確かめないと本気かどうかわかんないじゃん

逃げるなんて楓らしくないよ!

まさに正論。

その言葉を聞いてふと顔を上げる楓だった。

塞ぎこんでいた楓の心を動かした、川原の言葉。

楓は新名に気になることを聞くことができるのか…?

帰ってきた陽一。まるで何事もなかったみたい

今から帰る

みちのスマホにようやく陽一からのラインが届いた。

ホッとしたと同時に、どんなふうに接すればいいか悩むみち。

やっぱりもう一度ちゃんと謝ったほうがいいかな…?

拒否したことはもちろん、新名との関係の罪悪感でいっぱい。

陽一とは対照的に、どう接するのかを必死に考え続けるのであった。

リビングでボーっと考え込みながら、陽一の帰りを待つ。

ガチャ

ほどなくして、ドアの開く音が聞こえる。

ただいま~

陽一が帰ってきたのである。

みち「おっおかえり」

陽一「腹減った~メシある?」

ぎこちなく迎えるみちに対し、陽一はいたって普通だ。

ご ごめん、まだ用意してなくて…

みちは陽一にどう謝るか悩み過ぎて、ご飯のことなどすっかり忘れていた。

じゃあピザ取ろうぜ ピザ食いたい

みち シーフード好きだよな Mにしてサイド適当に頼むぞ

びっくりするほど何事もなく接する陽一。

…うん

何事もなかったかのような雰囲気だ。

そのままスマホでピザを注文する陽一を横目に、みちは正直ホッとしていた。

陽ちゃん なかったことにしてる…?そういうスルースキル昔から上手だもんな…

さっきまでの思い詰めた表情から一転、安堵の表情に変わっていた。

陽ちゃんのそういうところ はじめて良かったって思えた

ああ…本当に全部なかったことにならないかな…

漠然と、新名とのことも白紙に戻したい…と考えるみちであった。

考察と感想①対照的なみちと陽一

お互いギクシャクした関係は嫌だと思いつつ、2人の行動は対照的だ。

みちはどうすれば普通に戻れるのか、自分ができることを必死に考える。

陽一はいつもの如く、考えるのをやめて何事もなかったかのように振る舞う。

どちらもゴールは同じ、「普通に戻ること」。

これまでずっとテーマだったレス問題も、そんな対照的な2人の考え方でよりこじれてしまっていた。

今回みちはスルーしてくれて安堵しているが、どこかで陽一が一歩踏み込めるように変わらないといけないのかもしれない。

考察と感想②楓は動くのか!?

珍しく弱気モードの楓。

よっぽど新名の浮気相手に出くわしたことがショックだったのだろう。

楓の性格上すぐにみちと接触すると思っていたが、それができないほどダメージを受けていたのは意外だった。

今回、川原のおかげで自分らしさを取り戻せそうな楓。

みちに会うかは別として、まず新名から事情を聞くのだろう。

 

2組の夫婦、それぞれが元の状態に戻れる日がくるのか…!?

今後の展開からも目が離せない…!

次回52話もお楽しみに!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

49話 50話 51話 52話 53話

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。