東川篤哉おすすめ小説10選【クスっと笑えるユーモア本格ミステリー】

『魔法使いは完全犯罪の夢を見るか?』

魔法使いマリィシリーズの第1作目。

ミステリーと魔法使い。

全く交わることのなさそうな、異色のコラボが楽しめる。

この作品に、名探偵はいない。

いるのは、「天然、変態、だけど真面目な刑事」「竹箒を持ち三つ編みを揺らす、魔法使いらしい魔法使い」「簡単な難事件を任される、微妙なお年頃の美人刑事」である。

ミステリー作品に美人刑事が出てくると、頭の切れる冷静なキャラクターを思い起こす読者もいるだろうが、その先入観は見事に打ち砕かれる。

 

この作品は、犯人目線と刑事視点の両方から楽しめるのが特徴だ。

犯人もトリックも動機も、読者は知っている状態で物語が進んでいく。

魔法と事件がどう関わるのか。

どうやって刑事と魔法使いが犯人にアプローチしていくか。

ぜひ手にとって確かめて欲しい。

試し読みする

『魔法使いは完全犯罪の夢を見るか?』の基本情報
出版社 文藝春秋
出版日 2015/04/10
ジャンル ミステリー
ページ数 322ページ
シリーズ 魔法使いマリィシリーズ現在4巻
発行形態 文庫、電子書籍

『ライオンの棲む街〜平塚おんな探偵の事件簿1〜』

平塚おんな探偵の事件簿シリーズの第1作目。

その名の通り、舞台は神奈川県平塚市で、実在のローカル地名のオンパレード。

平塚に住んだ経験のある人は、実際の場所を思い出してニヤニヤしてしまいそうである。

 

平塚では、街の真ん中にライオンが棲んでいるのか?

もちろん、棲んでいるのは猫科の猛獣のライオンではない。

いるのはライオンのような破天荒な女探偵・エルザである。

東京で夢破れて地元に戻ってきたワトソン役・天然ボケ炸裂美伽との迷探偵コンビは流石だ。

東川作品らしいボケ炸裂と、語り手のツッコミのおかげで笑いが込み上げてくる。

推理小説」というよりも、「探偵アクション小説」と呼ぶのが相応しい作品である。

キャラクターの個性が全面に押し出されている。

1話完結型の短編連作なので、気軽に読める作品だ。

試し読みする

『ライオンの棲む街〜平塚おんな探偵の事件簿1〜』の基本情報
出版社 祥伝社
出版日 2016/09/14
ジャンル ミステリー
ページ数 362ページ
シリーズ 平塚おんな探偵の事件簿シリーズ現在3巻
発行形態 文庫、電子書籍

『探偵少女アリサの事件簿 溝ノ口より愛をこめて』

探偵少女アリサの事件簿シリーズの第1作目。

2017年にドラマ化されているので、映像作品を先に見た人もいるだろう。

 

今まで世に出てきた探偵のイメージは見事に覆される。

なにせ、今回の探偵は小学生の少女なのだ。

国内の怪しげな事件ばかり扱う父と世界中を飛び回っている母という探偵両親の元に生まれたアリサ。

もう、探偵以外になりようのない環境に育っている。

不思議の国のアリスを思わせるファッションセンスをイメージしながら読むのも、彼女の魅力を加速させる。

相棒は、オイルサーディンの大量の誤発注のせいで都心のスーパーをクビになり、泣く泣くなんでも屋を始めた31歳独身の橘良太。

泣き虫ながら犯人にドロップキックをお見舞いするようなアリサと、憎めない性格のヘタレワトソン・橘良太の凸凹コンビが織り成すユーモアミステリー

東川作品らしく随所に小ネタが散りばめられているので、探しながら読んでも楽しめるのではないだろうか。

試し読みする

『探偵少女アリサの事件簿 溝ノ口より愛をこめて』の基本情報
出版社 幻冬舎
出版日 2016/10/07
ジャンル ミステリー
ページ数 332ページ
シリーズ 探偵少女アリサの事件簿シリーズ現在2巻
発行形態 単行本、文庫、電子書籍

『かがやき荘西荻窪探偵局』

西荻窪のシェアハウスで共同生活を送る、お金のないアラサートリオ、葵、美緒、礼菜。

滞納中の家賃の支払いの代わりに探偵として謎解きをする。

上から目線の探偵役、方言破天荒キャラ、コスプレ敬語キャラと、3人のキャラが立っていて個性的。

読み進めるほどキャラの良さが伝わってくる、噛めば噛むほど味が出るスルメかさきイカのようなトリオである

トリックや事件もさることながら、ストーリーそのものを楽しめるユーモアミステリーとなっている。

西荻窪在住者や、アラサー年代の女性には特におすすめしたい作品である。

試し読みする

『かがやき荘西荻窪探偵局』の基本情報
出版社 新潮社
出版日 2019/04/26
ジャンル ミステリー
ページ数 414ページ
発行形態 文庫、電子書籍

『谷根千ミステリ散歩 中途半端な逆さま問題』

読後には居酒屋でビールやハイボールを片手に鰯料理「鰯のなめろう」と「鰯のつみれ」を食べたくなる、そんな作品である。

 

場所は谷根千。

谷中商店街の路地裏を舞台に繰り広げられる事件たち。

自意識過剰気味な女子大生と、怪しい開運グッズを販売するお店の店長がタッグを組んで事件を解決していく。

お店の紹介の仕方がユニークで、笑いを抑えられなくなる。

名探偵こそ出てこないが、自己肯定感の高い迷探偵、兼、女子大生と、散歩をしながら情報を集めて答えを導く閃きの天才ならば出てくる。

2人が手を組んで、どのように事件を解決していくのか。

どうして鰯料理を食べたくなるのか。

ご自身の目で確かめてみてほしい。

試し読みする

『谷根千ミステリ散歩 中途半端な逆さま問題』の基本情報
出版社 KADOKAWA
出版日 2020/10/17
ジャンル ミステリー
ページ数 280ページ
発行形態 単行本、電子書籍、オーディオブック

次のページ

おわりに

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。