【金持ちは本当に幸せか!?】川村元気さんが書く『億男』【佐藤健さん、高橋一生さん主演で映画化】

はじめに

お金

この言葉を聞いた時に、あなたの頭の中にどんなイメージが浮かぶだろうか?ちょっと想像してみてほしい。一万円札を連想したかもしれない。優雅な生活を想像した人もいるだろうし、逆に貧しい暮らしを強いられ、働き続ける情景を思い浮かべた人もいたことだろう。では、ある日突然、一生働かなくても、生きていけるだけのお金が自分のものになったとしたら?人間はどうなってしまうのだろうか??そして貴方もまた、どのように変わるのだろうか。

あらすじ

 本作の主人公である一男(かずお)もまさにそのような境遇に直面した。彼は弟の残した借金返済のために妻子と別居し昼夜を問わず働く日々を送っていた。ある日彼はひょんなことから、譲られた福引券を引くことになった。景品は宝くじで、照合したところそのうちの一枚が3億円の当選券であった。

 一夜にして億万長者となった一男はこの事を誰に打ち明けるべきか分からず、悩んだ末に大学時代の親友だった九十九(つくも)に相談をする。彼は大学を卒業した後にベンチャー事業を起こし、億万長者へと変身を遂げていた。三億円を持って九十九の元を訪れた一男は、しばし彼との再開を懐かしんだ後、豪勢な食事を出前し酒を買い、有名歌手やモデルを家に呼び大騒ぎをする。翌朝、酒に潰れた一男が目を覚ますと、、、

三億円が消えていた。九十九と共に。

 消えた三億円と九十九を探し出すために、一男はかつての彼の同僚である専業主婦の十和子、経営者の百瀬、宗教まがいのマネーセミナーを主宰する千住との接触を図る。彼らもまた、九十九との関わりの中で巨万の富を得ていた。今はそれぞれの生活を営む元同僚達との対話を通して、九十九と同僚たちに起きた出来事、富を得た人間のみが抱える苦悩や葛藤を一男は知る。「そしてお金とは何か」、「真の幸福とは何か」という根源的な問いと向き合っていくことになる。

感想

(以下、ネタバレ注意)

 お金はとても身近な存在だ。食事をするにしても、何処かへ行くにしても、サービスを受けるにせよ我々は必ず何か対価として支払うものが必要だ。そして大抵それはお金であったりする。さらに裁判やトラブルもお金を払えば解決できるケースさえある。少なくとも我々は日常生活でお金を目にしない日はない。

 ところが多くの人が持つお金についての知識は意外なほど少ない。何故あの紙幣で多くのモノやサービスを享受できるのか。そもそも紙幣自体に込められた意味は何なのだろうか。お金の大きさはどのくらいなのか。お金のはどのような歴史を持っているのか。全てに答えられる人はそう多くないと思う。同じように九十九からお金のサイズを聞かれ答えに詰まった一男に、九十九はこんな言葉を投げた。

”つまるところ、君はお金が好きじゃないんだ。だって自分の体重や今日の夕飯は気にしているのに、毎日触れているお金の大きさや重さを測ろうともしていない。本当に興味があれば、お金の全てを知ろうとするはずなんだ。”

 我々がお金のことを詳しく知ろうとしないのはあまりにもお金が身近な存在になりすぎているからだ。多かれ少なかれ、殆どの人がお金を所持しているし、当たり前になっている。当たり前を知ろうとする人は誰もいない。

それでもなお富を望む人が後を絶たない。しかし望む人に対して知ろうとする人の割合は圧倒的に少ない。だから多くの人がお金で身を滅ぼしてしまう。そんな話を見たり聞いたりする周囲の人々はお金を恐ろしいものだと思い、ますます知ることをやめてしまう。こうした負のスパイラルが生まれ、お金に対して悪いイメージが先行するのではないだろうか。

 日本では人前でお金の話をする事を避ける人が多い。これはお金に対する恐怖の表れだと思う。

 作中の人々は普通のサラリーマンが一生かかっても稼ぐことができないほどのお金を手に入れた。また我々が現実にいる世界にも億万長者は大勢いる。アメリカのボストンコンサルティンググループの発表によると世界の富の約半分は世界人口の僅か1%が保有しているとのことだ。

 登場人物たちも現実の大金持ちたちも傍目から見れば、全てを手に入れたように見えるかもしれない。だが彼らは本当に全てを手に入れたのだろうか。全てを手に入れることができるということは、手に入らないものを全て失ったことと同義だと思う。

 彼らは、自らが手に入れた富以上に多くのものを失った気がしてならない。前述の通り一男は作中で何人かの億万長者と出会う。しかし私は彼らから虚無を感じずにはいられなかった

お金」 

 この我々の最も身近に存在し、時に人を幸せにし、時に狂わせる怪物を題材にしたこの「億男」は、お金と、そして人生における幸福について読者に問いかけてくる。答えはそれぞれ異なるものだと思う。あなたはどのような答えを登場人物の姿から見つけ出すのだろうか。

 仮想通貨が普及し、既存の社会や貨幣経済の在り方そのものが大きく変わりつつある今、お金と幸せについて考えることは我々にとって必要な営みなのかもしれない。


更に2018年の10月19日には佐藤健さん高橋一生さん主演で映画化もされる。他の俳優陣もとても豪華だ。主題歌はBUMP OF CHICKENが歌う。豪華だ、豪華すぎる。まさに億万長者の映画に相応しい人達が集結した。大好きな二人の俳優が出演すると聞いて私もとても楽しみにしている。原作を既に読了した人も、映画から観る人も楽しめること間違い無い。興味のある人は是非劇場へ!!

著者紹介

川村元気 (かわむら・げんき

1979年横浜生まれ。上智大学新聞学科卒。

「電車男」「告白」「悪人」「モテキ」「おおかみこどもの雨と雪」「君の名は。」「怒り」などの映画を製作。

2011年、優れた映画製作者に贈られる「藤本賞」を史上最年少で受賞。2012年『世界から本が消えたなら』で作家デビュー。140万部の大ベストセラーとなり、映画化もされる。他著に『四月になれば彼女は』、対話集『仕事。』『理系に学ぶ。』など

最後まで読んでいただき大変嬉しく思います。こちらもよろしくお願いいたします。

◯本の主題歌の図書館「Book Ground Music」

 

◯本の主題歌を決める読書会「BGMeeting」