本×音楽記事はこちら!

『マスカレード・ホテル』東野圭吾【映画化で話題!今度の主人公はホテルマン!?】

こんにちは。ReaJoyライターのまなです。

私が今回取り上げさせていただくのは、現在映画上映中のこちらの作品

『マスカレード・ホテル』

です。

マスカレードシリーズは現在『マスカレード・ホテル』『マスカレード・イブ』『マスカレード・ナイト』の三作品が出ている、長編ミステリです。

ガリレオシリーズや加賀恭一郎シリーズに続く東野圭吾ワールドの新ヒーロー・新田浩介。

そしてその新田と、作中でいいコンビを成立させている山岸尚美が中心になって話が進んで行きます。

あらすじ

東京都内で三つの不可解な連続殺人が起きる所から事件は始まる。

事件現場にはいずれも数字が並んだメッセージが残されているが、そこ以外に三つの事件の関連性が見つけられず操作は難航する。

唯一そのメッセージでわかることは、次の殺人が起きる場所だけ。

四つ目の舞台は「ホテル・コルテシア東京」だった。

警察は犯行を未然に防ぐため、そこにホテルマンに化けた何人かの捜査員を送り込んで潜入捜査を進めることにした。

フロント担当に配属された操作一課の新田浩介は、教育役の山岸尚美と行動を共にすることになる。

時にはぶつかり合いながらも、協力し合う新田と尚美。

そしてホテルには次々と不審な客が現れ始める。

注意
以下、ネタバレ注意です。

マスカレード・ホテルの感想(ネタバレ)

主な登場人物

新田浩介…ホテルマンに変装した捜査一課の警部補。若手のやり手。

山岸尚美…新田の教育係を任せられた優秀なフロントクラーク。

稲垣…新田の上司で、捜査一課の係長。

尾崎…捜査一課の管理官。

本宮…捜査一課で新田の先輩。客に扮装して捜査をしている。

関根…ベルボーイに変装した捜査一課の人間。

能瀬…品川警察署刑事。新田と組んで捜査していたことがある。

藤木…ホテルの総支配人で、尚美がホテルで働こうと決意するきっかけとなった人物。

田倉…宿泊部の部長で、尚美の直属の上司。

久我…フロントオフィスマネージャー。

杉下…ベルキャプテン。

仁科理絵…ブライダル課で、尚美の友人とも言える関係

次々と現れる奇妙な客

片桐瑶子…視覚障がい者の振りをして、山岸尚美に近付く。

安野絵里子…ホテルに泊まる際偽名とでたらめな住所を記入し、「この男を自分に近づけるな」と写真を突きつける。

栗原健二…異様なまでに新田を目の敵にしてクレームと個人攻撃を繰り返す。その様子にはただならぬものがある。

高山佳子…今度式を上げる予定なのだがストーカーに狙われているらしい。

見所は新田と尚美のコンビ

私は実は普段ミステリーを読まないので、私にしては珍しい読書体験でした。

次から次へと現れる怪しい客がどの人も怪しく見えて、ページを捲るたびに「何が起こるんだろう?」とドキドキしっぱなしでした。

犯人も最後までわからなくて、尚美が長倉の手によってピンチに陥った時は手に汗を握る展開。

そして、この本の見所はやはり新田と尚美のコンビだと思うのですが、時にはぶつかりながらも協力し合い、最後にはヒーローのように尚美を助けにくる新田はすごくかっこいいです。

そして、能勢が最後に二人に与えた乾杯の時間はロマンティックで素敵な締めくくり方です。

ハラハラドキドキもありつつ、キャラクターの魅力がぎゅっと凝縮されたようなこの一冊は、ミステリーを普段読まない私にとっても特別な一冊となりました。

映画化で話題

この作品は1月18日から映画が上映中です。

ぜひ映画の方も併せてご覧ください。

新田浩介:木村拓哉
山岸尚美:長澤まさみ
能勢:小日向文世
稲垣:渡部篤郎
本宮:梶原善
関根:泉澤祐希
久我:東根作寿英
尾崎:篠井英介
田倉:鶴見辰吾
藤木:石橋凌

まとめ

この作品はミステリでありつつも、ホテルマンとしてのプロ意識が見え隠れするお仕事小説でもあると私は思っています。

山岸尚美の「お客様第一」の精神は見ていて気持ちがよく、かっこいいと思いました。

ホテルで起きる謎の行く末は、ぜひ実際に読んで楽しんでください。

 

主題歌:東方神起/Share the World

曲の雰囲気と歌詞の雰囲気から、私はこの曲が合ってるんじゃないかと思いました。

東方神起 「Share the World」

この記事を読んだあなたにおすすめ!

東野圭吾『白夜行』東野圭吾代表作品の一つ!長編名作ミステリーをご堪能ください。

『白夜行』東野圭吾【あなたは、なぜ産んだのですか?】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です