チェンソーマン ネタバレ最終回97話感想【愛の物語『チェンソーマン』第一部、堂々完結!】

前回96話では、デンジ一世一代の奇策が炸裂し、ついにマキマさんに勝利した。

そして大好きな人を殺すため、デンジはマキマさんを食べるという奇想天外なアイディアを実行に移す!

とんでもない展開で突っ走ってきた『チェンソーマン』も今回でついに最終回。

戦いと裏切りの果てにデンジがたどり着く結末とは!?

『チェンソーマン』最終回97話のネタバレありの感想とあらすじをお送りする。

ごちそうさま、マキマさん。支配の悪魔を殺せた理由は、愛

ハンバーグ、トンカツ、ナゲット、肉寿司、ステーキ、闇鍋にジュース…

最終回記念のカラー見開きで紹介されるマキマさん肉料理の数々。

もちろんすべてデンジの手作りだ。

材料はともかく、最強のパンを作っていたあの頃とは見違えたな、デンジ。

場面は変わってとある公園。

そこにはたくさんの犬を引き連れるデンジと、ベンチでくつろいでいる岸辺隊長の姿が。

ワンちゃんたちはどうやらマキマさんが自宅で飼っていたあの子たちのようだ。

で、その飼い主はというと…?

デンジ「全部食いました」

マキマさん、完食!

デンジの胃袋からもトイレからもマキマさんが復活することはなく、完全な殺害に成功したようだ。

あんなに美しく、恐ろしく、凄まじいラスボスで、まぎれもなくヒロインだったマキマさんが死んだ。

本当に最終回なんだな…と思わせる展開だ。

それにしても疑問は残る。

日本国民という残機をもっていたマキマさんになぜ攻撃が通じたのか?

いや、そもそもなぜあの墓地で、あらゆる出来事を把握できるマキマさんへの不意打ちが成功したのか?

岸辺隊長もそれが気になるようで、デンジに疑問を投げかける。

デンジは質問に、そもそも攻撃じゃない、と返した。

「愛ですよ 愛」

マキマさんとひとつになりたい、大好きな人の罪を一緒に背負いたい。

そんなデンジの心の底からの願いが、支配の悪魔と総理大臣の契約の穴をついたのかもしれない、と岸辺隊長は推測。

2つ目の質問…なぜ不意打ちが成功したかについてもデンジは語る。

「俺はね 賭けたんですよ

マキマさんが俺じゃなくてず~っとチェンソーマンしか見てない事に…」

物語の最初から最後までチェンソーマンだけを求めていたマキマさん。

彼女が見ていたのはチェンソーマンだけで、その他大勢は顔すら覚えていなかった。

そして”その他大勢”には自分も入っている…デンジはその可能性を信じたのだ。

なんて残酷な話なのだろう。

デンジはマキマさんが大好きなのに、マキマさんはデンジを最初から見てすらいなかった。

だからこそ、デンジはマキマさんに打ち克てた。

2人の戦いは、勝因も敗因も”愛”だったのだ。

支配の悪魔が復活!?名前はナユタ、好物は食パン

デンジと岸辺隊長の話にひと区切りついたその時、デンジの目の前に子どもが現れる。

子どもは犬を撫でており、デンジは極秘の話を聞かれてたまるかと追い払おうとする。

そのデンジの指に、子どもがガブリと噛みついた!?

「え!?この噛む力は…!?

マキマさん!?」

今さっき完全に殺したって話をしたばかりなのに!?

しかしよく見ると子どもの顔立ち、とくに目つきは本当にマキマさんそっくりではないか。

どういうことだとデンジが動揺していると、岸辺隊長が種明かし。

「そいつは中国で発見されたのを俺が盗んできた

もうマキマではない 支配の悪魔だ」

悪魔は死ぬと地獄でよみがえり、地獄で死ぬと現世にやってくる。

そのルールは支配の悪魔も例外ではなかったようだ。

彼女(?)には記憶も何も残っていないとはいえ、このまま放置してしまえば第二のマキマさんが生まれかねない。

だがそこは岸辺隊長、しっかり考えがあるようだ。

「だからデンジ君

コイツおまえに任せるわ」

まさかの丸投げである。

ムリだと拒否するデンジだが、どうやら支配の悪魔の方はデンジを気にいったらしい。

犬にまたがり、絶対に動かないぞといわんばかりの態度をとる。

たまらずデンジが名前を聞くと、ナユタ、と答える支配の悪魔。

とうとうため息をつくデンジ。

どうやら観念したらしい。

その姿はなんとなく、いつかのデンジを押しつけられた、あの先輩のようにも見えた。

「ナユタ 何か食いてえモンあっか?」

肉以外で、とデンジ。

食パン、と返すナユタ。

安上がりな悪魔に苦笑しながら、デンジは公園を後にする。

たくさんの犬と、背中におぶった新しい家族といっしょに。

マキマさんの本当の夢。デンジとポチタ、最後の語らい

デンジは夢を見ていた。

デンジは子どもに戻っていて、となりにはポチタがいる。

夢のなかのデンジはポチタを力いっぱい抱きしめていた。

ポチタ「デンジ…私の夢はね

誰かに抱きしめてもらう事だったんだ」

悪魔に恐れられる悪魔・チェンソーマンにとってあまりにも難しい願い。

そんなポチタの夢を叶えてくれたのがデンジだった。

ポチタは大好きな友達に、支配の悪魔の夢も叶えてほしい、と最後のお願いをする。

「支配の悪魔はね

ずっと他者との対等な関係を築きたかったんだ」

恐怖による上下関係ですべてを支配していたマキマさん。

だけどそれは裏を返せば、恐怖でしか他者とつながれないという事実に他ならない。

マキマさんは…支配の悪魔は恐怖ではなく、愛でつながる他人を求めていた。

家族のような関係を欲していた。

チェンソーマンに向けていた狂信的な愛情も、対等以上の存在に対するあこがれだったのかもしれない。

96話でポチタをうれしそうに歓迎していたマキマさんの笑顔。

あれはまぎれもない本心で、心の叫びだったのだ。

なら、ナユタがマキマさんにならないためにはどうすればいいのか。

デンジがそう聞くと、ポチタは満面の笑みを返す。

いちばんの友達に向ける、愛にあふれた笑顔。

「たくさん抱きしめてあげて」

現実のデンジは眠っている。

よだれを垂らしながら、幸せそうに眠るナユタを抱きしめながら。

チェンソーマンは終わらない。物語は第二部へ!

「またチェンソーマンが悪魔を倒したの!?」

ビルよりも巨大な恐ろしい悪魔。

壊れゆく街。

逃げまどう人々。

「趣味で悪魔を殺してるらしいよ」

そんな地獄のような事態のなかで、不敵な笑みを浮かべる男がいた。

「ねえ聞いた聞いた?」

男の胸には奇妙な飾りがついている。

まるで、チェーンソーを動かすためのスターターのような。

はたして彼の正体は?

「チェンソーマン 今は高校生だって噂だよ!」

もちろんデンジだ!

学ランを着たデンジがスターターをふかし、おなじみの駆動音が鳴り響く!

そして…!

第一部 公安編 完

終わったー!

でも終わらなかったー!

以上で『チェンソーマン』はひとまず完結だ。

ふり返ってみれば、デンジも、ポチタも、マキマさんも、みんなが愛を求めてさまよい、戦い、そしてなにかを得た…そんな物語だったように思える。

もちろん解釈は読者1人1人に委ねられるものだし、なにより『チェンソーマン』はまだまだ終わらない。

デンジが紡ぐ愛の物語は、まだまだ続くのだから。

 

圧巻の最終回を迎えた『チェンソーマン』。

今週の週刊少年ジャンプは『チェンソーマン』第二部&アニメ化も告知され、ファンにとっては永久保存しておきたいほどの1冊となっている。

気になる人はぜひ実際に本を買ってほしい。

あらためて、藤本タツキ先生お疲れ様でした!

ジャンプ+で連載予定の第二部、楽しみにしています!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

95話 96話 97話

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。