全国の読書会情報はコチラ

【発売が待ち遠しい?!】2019年6月&7月に発売の注目作品まとめ

みなさんこんにちは。

令和となってから1ヶ月が経ち、もうすぐ梅雨の季節ですね。

これからの季節は、外に出るのが嫌な日も増えてくるのではないでしょうか。

雨でお外に出たくない日は無理に出かけず、自宅でゆっくり読書の時間を取ってみませんか?

今回は、これから発売(6月と7月)される注目作品をいくつかピックアップしてご紹介したいと思います!

6月発売の予約注目作品

まずは6月に発売される作品の中から注目の4つほど紹介します。

宮下奈都『静かな雨』

2016年『羊と鋼の森』で本屋大賞を受賞した作家のデビュー作が待望の文庫化!

著者が人の可能性(可能性がなくなっていく)について書いた作品。

決して明るくないけれども、暗くもない宮下奈都さんの優しくて静かな物語。

『羊と鋼の森』を読んだ方は読むべき一冊。これから梅雨のシーズンにかけて読むのが良さそうです☆

発売日:2019/6/6

会社が潰れた日、パチンコ屋の裏の駐車場で、やたらと美味しいたいやき屋を見つけた行助。そこは、こよみさんという、まっすぐな目をした可愛い女の子が一人で経営するたいやき屋だった。行助は新たに大学の研究室の助手の働き口を見つけ、そのたいやき屋に通ううちにこよみさんと親しくなり、デートを繰り返すようになる。

だがある朝、こよみさんは交通事故の巻き添えで、意識不明になってしまう。家族のいないこよみさんのために、行助は毎日病院に通う。三月と三日経った日、奇跡的に意識を取り戻したこよみさんだが、事故の後遺症の高次脳機能障害で、短期間しか新しい記憶を留めておけないようになっていた。

二人は一緒に住むようになるが、こよみさんは、その日の出来事を覚えていられない。だが、脳に記憶が刻まれなくなっても、日々が何も残していかないわけではない。忘れても忘れても、二人の中には何かが育ち、ふたつの世界は少しずつ重なっていく。それで、ふたりは十分だったーー。

 

◯著者の言葉
「静かな雨」は、人の可能性について書きたかったのだと思う。少なくとも自分ではそのつもりだった。でも、どうだろう。可能性の話というよりは、可能性をなくしていく話だったかもしれない。人はどんなふうに生きることができるか。その選択肢をなくした先にたどり着く場所について。
(中略)
とりわけ、『羊と鋼の森』にはまっすぐにつながっていた。まったく違う物語なのに、根っこがしっかりとつながっていた。
読み返して一番感情を揺さぶられたのは、作者本人だったと思う。
(月刊文藝春秋1月号より)

 

林真理子『ペット・ショップ・ストーリー』

最近は、NHKの大河ドラマ「西郷どん」の原作を手掛けたり、有識者として、新元号「令和」制定に関わられた林真理子さんの新刊です。

発売日:2019/6/6

女が本当に怖くなる11の物語を集めました。

理由あって、都会から実家に戻り、年老いた母とペットのマルチーズと暮らしている「私」は、時々立ち寄るペットショップの女主人・中山圭子からいろいろな近所の噂話を聞かされる。圭子は、犬や猫をあやしながら、さり気なく飼い主から話を聞き出すのが得意で、彼女のもたらす情報が、「私」のどす黒い過去を甦らせる――。

解説は、「東京タラレバ娘」「偽装不倫」で人気の漫画家・東村アキコさん。「主人公の身の上話を聞きながらワイドショーを見ている感じ。不倫の漫画を描くのにとても参考になりました」と言わしめるほど粒ぞろいの短篇集です。

アンソロジー『短篇ベストコレクション 現代の小説2019』

2018年に刊行された短編小説の中から厳選されたアンソロジー本。

いろんな作家さん(総勢18名)の文章に触れることで、好きな作家さんが見つかるかもしれません。

発売日:2019/6/11

歌は世につれ世は歌につれとはよく言われるが、それは小説も同じこと。
とりわけエンターテインメント小説は世相を強く反映するもの。
はたして平成最後の短篇ベストコレクションである本書からはなにが見えてくるだろう。
小説への新しい兆しだろうか?
それとも終末の予感?

大ベテランから気鋭までの作品群の世界に浸りながら、
平成のエンターテインメント文学は世を映す鏡だったろうかと黙考するのも一興。
読後感たっぷりのアンソロジー。

【収録作家】
青崎有吾 朝井リョウ 朝倉かすみ 朝倉宏景 小川哲 呉勝浩 小池真理子 小島環 佐藤究 嶋津輝 清水杜氏彦 高橋文樹 長岡弘樹 帚木蓬生 平山夢明 藤田宜永 皆川博子 米澤穂信

アンソロジー 『行きたくない』

人気作家6名が「行きたくない」をテーマに書き下ろしたアンソロジー本。

誰だって一度は経験したことがある気持ちなのではないでしょうか。

仕事や学校に行きたくない、デートに行きたくない気分のとき、少しずつ読んでみるのも面白そうですね。

発売日:2019/6/14

どうしても行きたくないときだって、ある。

「ひとりで行きなよ」「いやなの、ねぇ条介お願い、ついてきて」
高校生の僕は幼馴染のアンから、恋人と別れるところを見ていてほしいと頼まれる。
バイトを休んで渋々ながら彼女についていった僕が目にしたのは–。(『ポケット』加藤シゲアキ)
朝起きてぼうっと生きていたらいつの間にか時間が過ぎ去っている。仕事から帰宅すると、毎日違う知らない友達が家にいる。
そんなある日、一人の友達だけが何度も家に来ることに気がついて――。(『コンピレーション』住野よる)

誰に何を言われようと行きたくない場所もあれば、なんとなく気持ちがのらない朝だってある。
ふとしたきっかけでサボってしまうかもしれないし、人生を変えるような決意で回れ右をすることもあるかもしれない。
ひとはいつでも「行きたくない」気持ちを抱えている。
僕たちのそんな所在なさをそっと掬い上げる、刹那のきらめきを切り取った物語。

【収録作家】加藤シゲアキ 阿川せんり 渡辺優 小嶋陽太郎 奥田亜希子 住野よる

7月発売の注目作品

続いて、7月に発売される作品の中から選んだ注目の4作品を紹介しますね。

ポイズンちゃん『この世界で1人くらいは、私の生きる価値を認めてくれるはずだから』

Twitterで人気のポイズンちゃんの初書籍!

普段、中々言葉に出せない世の女性の気持ちを代弁してくれる一冊。

女子のみなさんは、是非とも手にとってみてください。

発売日:2019/7/4

女子のネガティブな感情を全部吐き出す! 読めば心が楽になる

絶世のブスだし、何の取り柄もないけど、そんな自分に固執してしまう―。
「人と比べたらキリが無い」とか、「誰もアンタのことなんか見てない」とか言われるけど、そうやって自分の辛さを否定しなくても良い。
女の子は誰だって「一番かわいい」って言われたい。褒められたいし、愛されたいんだよ。

●1回の「ブス」は100回の「かわいい」を持ってしても取り消せない
●かわいくなりたいと死ぬほど願ってるのに顔面も体型も私について来ない
●休みの日に1人で友達のキラキラしたインスタ見て勝手に死んでる
●ブスだからネガティブになるのにネガティブなブスほど嫌われるものってないから世の中クソ
●ブスにも平等に優しい男、だいたい美人な彼女がいる
●彼氏がいなけりゃ楽だろうけど、ふとした瞬間に手を繋ぐ相手がほしくなるんだよ

恋や生き方にまつわる女子の苦悩を、毒気を含みながらもさらけ出す、共感度大の一冊。

東野圭吾『希望の糸』

みんな大好き東野圭吾の最新刊!

多作で有名な著者が「令和」最初に書き下ろした作品には、どんな希望の糸が紡がれているのでしょうか。

発売日:2019/7/5

東野圭吾「令和」初の新作書き下ろし長編ミステリー!

彼は再生を願い、彼女は未来を信じた–

閑静な住宅街で小さな喫茶店を営む女性が殺された。
捜査線上に浮上した常連客だったひとりの男性。
災害で二人の子供を失った彼は、深い悩みを抱えていた。
容疑者たちの複雑な運命に、若き刑事が挑む。

新海誠『小説 天気の子』

『君の名は。』が大ヒットし、世間にその名を轟かせた新海誠さんの新作。

2019年7月19日公開の映画「天気の子」の原作小説。

新海誠作品は装丁がとても美しく、それを見ただけで欲しくなってしまいそうです。

映画と原作を比較してみるのも面白いと思います。

発売日:2019/7/18

天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄される少年と少女が自らの生き方を「選択」する物語

芦田愛菜『まなの本棚』

子どもの頃から読書家で有名な芦田愛菜さんの読書に関する本。

秘密の100冊が載っているので、これを読めば、子供や自分自身が面白いと夢中になる本も見つかるかもしれません。

発売日:2019/7/18

「本の出逢いは人との出逢いと同じ」
年間180冊も読み、本について語り出したら止まらない芦田愛菜が本当は教えたくない“秘密の約100冊”をご紹介。
世代を超えて全ての人が手に取ってみたくなる考える力をつけたい親御さんと子供たちにも必読の書です。

Q 本の魅力にとりつかれた初めての1冊は?
Q 一体、いつ読んでいるの?
Q どんなジャンルの本を読むの?
Q 本を好きになるにはどうしたらいい?
Q 好きな登場人物は?

まとめ

いかがでしたか?

発売の待ち遠しい作品はありましたでしょうか。

発売日前に予約をすることもできます(店頭やアマゾンなどでの予約も可)ので、気になる作品は予約をして初版本をゲットしてみてるのも良いと思います。

今回紹介したのは、6月と7月に発売される作品のほんの一部です。

毎週のように新しく発売された本が店頭に並んでいます。ちょっとした空き時間に「どんな本があるかな~?」と覗きに行ってみると、思わぬ出会いがあるかも・・・?!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

梅雨シーズンに読みたくなる本を探してみてください!

雨が印象に残る小説まとめ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です