全国の読書会情報はコチラ

おすすめ作家【一気読みしたい!少し切なくて心温まる現代作家(中級編)】

おすすめ作家

辻村深月

おすすめの理由

痛みを抱えた子供視点と、全てを見通す大人視点という二つの視点を操る作家。

青春ものも読みやすいが、大人の女性向けの小説も評価が高い。

作品の後半、怒涛の勢いで伏線を回収する姿勢にページを繰る手が止まらなくなる。

重松清

おすすめの理由

親子の葛藤を優しい視点で描く。青春もの、家族ものの評価が高い。

「理想の父親」象ではなく、あくまでも等身大の、不器用な父親を丁寧に描写する。

学校ものはとくに「いじめ」にスポットライトを当てている。「ナイフ」「十字架」など名作多数。

中脇初枝

おすすめの理由

差別や貧困などの社会問題を丁寧に描く。自然と人間を優しく見つめ直す作品が多い。

特に子供の虐待がテーマの「きみはいい子」は映画化もされ、女性からの評価が高い。

上橋菜穂子

おすすめの理由

「守り人」シリーズなど、数多くのシリーズものを手掛け、質が非常に高い。

その性質により上下巻にまたがっている作品がほとんどだが、行き着く暇もなく読み進めることが出来る。

原田マハ

おすすめの理由

アートとミステリをからめた小説もあるが、ここで紹介するのは、自然と人間にスポットライトを当てた作品だ。

自身の体験も入っている「旅屋おかえり」は、主人公のおかえりの明るい雰囲気もあって読みやすい。

沖縄を舞台にした「カフーを待ちわびて」も良い。

人の強さ、優しさに満ちた作品を数多く刊行している。また、自伝小説も素晴らしい。

乙一

おすすめの理由

「切なさの名手」ということだけあって、予測不可能な結末と、胸を締め付けられるような切なさに満ちた作品が多い。

「GOTH」のようにダークファンタジー、もしくは怪談のような作品もあるので、読むときは注意が必要。

乙一(別名義)

おすすめの理由

乙一作品で、ダークな作品に当たるのが怖い…という方は、別名義の作品から入るのがおすすめ。

それほどダークではなく、切なくも爽やかな青春ものが多いので、怖がらずに読むことが出来る。

宮本輝

おすすめの理由

「友情」「家族」「死」をテーマとした作品が多い。

文体が美しく、方言も入っているので、新鮮な感覚で読み進めることが出来るだろう。

炎の美しさや、川(河)をモチーフにした作品は評価が高く、映画化もされている。

田辺聖子

おすすめの理由

古典文学を読むなら、彼女が意訳した作品から入るといい。

気取りがない文体で、ユーモラスに古典の登場人物を描いているので、気後れせずに読み進められ

須賀しのぶ

おすすめの理由

読みごたえがある小説が多いが、なにしろはずれが無い。

歴史もの・野球ものを多く手掛けている。

全作読破と言わずとも、一冊は読んでおきたい。

この記事を読んだあなたにおすすめ!

小・中・高校生向け/春に読みたい最初のヤングアダルト文学まとめ【本を読んでほしいお子様へのプレゼントにも!】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です