全国の読書会情報はコチラ

おすすめ作家【みんなに伝えたい、描写が美しい文豪(中級編)】

おすすめ作家(その4)【みんなに伝えたい、描写が美しい文豪(中級編)】

遠藤周作

おすすめの理由

キリスト教に馴染みがない人でも、歴史が分かる。

「海と毒薬」「沈黙」は人間の負の部分にスポットライトを当てているため、読みづらい。

「私にとって神とは」などは作者がキリストやマリアについて詳しく語っているので、読み応えのあるエッセイとして楽しめる。

三島由紀夫

おすすめの理由

「美」に対する恍惚とした執着心と、描写の丁寧さが魅力。

「仮面の告白」は純粋なミステリとしても面白い。

また、スポーツの紀行文を多数残しており、エッセイストとしても活躍している。

吉野源三郎

おすすめの理由

「君たちはどう生きるか」が大ヒットし、手軽に入手できる。

「真の人間とは、どういうものであるのか」を子どもでも分かるように説明しており、その内容は大人でも刺さるほど洗練されている。

中勘助

おすすめの理由

幼少期を語る半自伝的小説「銀の匙」が、読みやすい。

作者が子どものころに大切にしていたビー玉や、花の美しい描写、繊細な心の動きをぜひ堪能してほしい。

宮沢賢治

おすすめの理由

人間の業と愛をテーマにした作品が多い。

鉱石や動物の知識、法華経やキリスト教などを交えた未完の小説は、今なお人々を魅了している。

「銀河鉄道999」の元ネタとなった「銀河鉄道の夜」は、プラネタリウム化、映画化もされるなど、人気が非常に高い。

この記事を読んだあなたにおすすめ!

読書初心者におすすめの読みやすい小説まとめ【読書好き70人がおすすめする!】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です