全国の読書会情報はコチラ

おすすめ作家【一生に一度は味わってみたい海外作家(中級編)】

おすすめ作家(その6)【一生に一度は味わってみたい海外作家(中級編)】

ヘルマン・ヘッセ

おすすめの理由

思春期特有のもどかしさ、悲痛な胸の叫びが丁寧に描かれている。

「車輪の下」「少年の日の思い出」でやるせなくなった方は、「デミアン」を読んでみよう。

ゲーテ

おすすめの理由

「若きウェルテルの悩み」「ファウスト(上)」が読みやすい。

情緒的な表現に目をつぶれば、普遍的な少年の心情を語っているに過ぎないので、共感しながら読めることだろう。

ニーチェ

おすすめの理由

「ニーチェの言葉」は、初心者に最適だ。

名言集なので感想文を書くための本ではないが、一冊ポケットに忍ばせておいても負担にはならないだろう。

辛い時や、元気が欲しい時に読み返せば、おのずと勇気が湧いてくる。

サリンジャー

おすすめの理由

「ライ麦畑でつかまえて」、「ナイン・ストーリーズ」に収録されている「バナナフィッシュにうってつけの日」は最低限読んでおきたい。余力があれば「フラニーとゾーイー」もいいだろう。

シェイクスピア

おすすめの理由

舞台やドラマの原作として、たびたび取り上げられるシェイクスピア。

あらすじをざっと確認しておくだけでも、そうでないときとの情報量の違いに驚くことだろう。

スティーブンソン

おすすめの理由

代表作は少ないが、「宝島」「ジキル博士とハイド氏」といった、名前だけなら誰でも知っている名作を残している。

比較的時間が取りやすい今の時期に読んでおいた方が、作品を何倍も楽しめる。

この記事を読んだあなたにおすすめ!

ボカロの歌詞と音楽が頭の中で鳴り出すティーンズ向け小説10選【動画あり】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です