全国の読書会情報はコチラ

おすすめ作家【とっておきの詩人の一行に、触れてみませんか?】

おすすめ作家(その7)【とっておきの詩人の一行に、触れてみませんか?】

谷川俊太郎

おすすめの理由

大人から子供まで、だれでも楽しめる作品が魅力。

「二十億光年の孤独」など、教科書に採用されている作品も多く、親しみやすい。

困ったときに読み返せば、勇気づけられることだろう。

八木重吉

おすすめの理由

ひらがなを多用した、読みやすい文体がとっつきやすい。

自分のことやキリストのこと、妹のことを丁寧に綴った詩の評価が高い。

また、短いが、簡単な英訳で刊行されているものもあるので、気になる方は挑戦してみよう。

笹井宏之

おすすめの理由

「えーえんとくちから」が安価で入手できる上、読みやすいので初心者におすすめだ。

中原中也

おすすめの理由

テンポが良く、擬音を多用した詩がとてもユニークだ。

「在りし日の歌」や「骨」、「夏と私」、宮沢賢治の考察なども収録されている。

「汚れつちまつた悲しみに……」など、教科書で内容を初めて知った人も多いことだろう。

茨木のり子

おすすめの理由

「自分の感受性ぐらい」など、大人でも刺さる強烈な言葉が数多く収録されている。

辛辣だが愛のある言葉の数々に、背筋を正されるような気持ちになることだろう。

この記事を読んだあなたにおすすめ!

人生を変えた本10冊【読書大好きライターが選んだ!】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です