全国の読書会情報はコチラ

文豪好きにはたまらない!古典を読むための手引書・切り口が違う本など

文豪関連

おすすめの理由

文豪を読むための手引きとして。なるべく解説が詳しいものを選んでみた。

切り口が斬新で、読んでいるとこちらの心をわくわくさせてくれる。

夏目漱石

おすすめの理由

誰もが知っている夏目漱石。有名すぎるがゆえに、手に取っていない方も多いのでは?

人気作家が綴るエッセイから、夏目漱石の指南書まで、幅広く揃えてみたつもりだ。

太宰治

おすすめの理由

こちらも有名な作家、太宰治。「人間失格」「斜陽」など、重苦しい作品ばかりのように見えるが、実際はそうでもない。

「待つ」「トカトントン」などの読みやすい短編や、「走れメロス」といった明るい結末の作品もある。

様々な作家が独自で選んだ「太宰治」をご堪能あれ。

芥川龍之介

おすすめの理由

太宰や夏目漱石などと並んで有名な芥川龍之介。

古典や仏教に影響を受けた作品が多く、深い味わいがある。

様々な切り口から描かれた「芥川」の真髄に触れてみよう。

この記事を読んだあなたにおすすめ!

小川洋子おすすめ小説10選【日常に秘めた幻想と残酷の物語の紡ぎ手】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です