全国の読書会情報はコチラ

世界一わかりやすい古典の指南書!阿刀田高の古典ものシリーズ

神話・聖書

おすすめの理由

古典の原本を持っていなくても、知らなくても、読み物として面白い。

モーセの十戒でおなじみのモーセ、アダムとイヴの肋骨、ダビデの血など、名前だけは知っているけれど、詳しくは知らない知識を噛み砕いて教えてくれる。

外国作家

おすすめの理由

全部で三冊あるダンテの「神曲」が、この一冊でまるわかりだ。

登場人物に対して丁寧に解説を行っているので、誰でも読みやすく、初めて文学に触れる人でも分かりやすい。

日本の古典

おすすめの理由

「古事記」「日本書紀」などが面白い読み物として気軽に読める。角川ソフィア文庫を断念した人におすすめ。

ヤマトタケル、クマソタケル、ワニザメになったトヨタマビメの話など、ぱらぱらとページを繰っているだけでも新しい発見がある。

また、ここでは触れていないが、源氏物語なども現代風に分かりやすく意訳されているので、私たちでもすんなりと読める。

この記事を読んだあなたにおすすめ!

『人間失格』太宰治【映画化決定!日本文学史上最高のベストセラー】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です