ハイキュー!! ネタバレ最新話392話感想【木兎が掲げる「エースの心得3箇条」とは?】

ハイキュー!! ネタバレ最新話392話感想【木兎が掲げる「エースの心得3箇条」とは?】

前話391話では、セッター宮侑の「三刀流サーブ」がさらなる勢いで炸裂!

もちろん、「10本指で支えるセッティング」にあらわれる一流セッターとしての献身的な姿勢は健在。

「思い出なんかいらん」だけでなく、「今までの全ては今の身体や技術となり、その上で失敗を恐れずガンガン新しいチャレンジをしていく」、という精神面での成長も見られた。

プロ編に突入して、かつてのスーパー高校プレイヤーたちの進化が次々と明らかになっている。

今回の注目選手は、エース・木兎光太郎

かつては才能、努力の塊である一方、ムラのあるプレーが欠点でもあった彼は今、どのような境地に達しているのか。

『ハイキュー!!』最新話392話のネタバレあり感想、あらすじをお送りする。

390話 391話 392話 393話 394話
ハイキュー!!ファンのあなたへ

『ハイキュー!!』の最新刊45巻はもう読みましたか?

見どころは次の3つです!

  • 天童覚、牛島に「もっと強くなれ!」と励ます!
  • vs牛島スパイクに日向は「奇跡のAパス」!
  • 東京オリンピックで「変人コンビ」復活!!

集中して漫画を楽しむには単行本がうってつけです。

『ハイキュー!!45巻』は通常460円。

でも、「U-NEXT」なら、無料トライアル登録時にもらえる600ポイントを使って1冊無料で読むことができます!

「登録が面倒」と思うかもしれませんが、実際に登録にかかった時間はたったの2分でした。

本屋さんに行ったりネットショップで買うよりずっと早く読めますよね?

キャンペーンは今月までの「期間限定」かもしれないので、ぜひこのチャンスを活かして『ハイキュー!!45巻』を1冊通して楽しんでください!

ハイキュー!!を無料で♪いつでも解約可!

U-NEXTで今すぐ読む

大人気の『ハイキュー!!』のアニメはもう観ましたか?

U-NEXTなら、漫画に加えてなんとアニメも見放題なんです!

トライアル期間中、『ハイキュー!!』1〜73話(「TO THE TOP」編)がすべて無料で観ることができます。

見始めたら止まらないぐらい面白いので、ぜひ一度は観てもらいたいです!

他にも18万本以上のアニメ・映画・ドラマが見放題で楽しめるので、お家で充実した時間を過ごしたければ必見。

2分程度の登録で漫画もアニメも無料で楽しめます!

解約はいつでもできるので安心です。

ハイキュー!!を無料で♪いつでも解約可!

U-NEXTで今すぐ観る

『ハイキュー!!』最新話392話の感想・あらすじ(ネタバレ)

木兎と宮の刺激的な挨拶とは?

痺れるのが、プロになって同じチームになった木兎と宮の会話だ。

あ! ツムツム、今日からよろしくな!!

と木兎が気さくに挨拶するも(初対面で「ツムツム」って呼べるか普通…)、宮は挑戦的に言う。

…初めにコレだけ言わしてくれ。

俺のセットで決められへん時、「調子が悪い」って言い訳はせんといてな???

おおおおお。

これは怖い。

「おれのセッティングは全力を尽くすし、打ちやすいことは保証されている。だから、決められない原因はセッティングでなくスパイカーの実力不足にあることをしっかり認識して欲しい」ということだ!

圧倒的自信で味方すらも脅迫する感じは、ある意味影山の王様ぶりにも近いものを感じる。

影響を受けたのだろうか。

いや、元々のS気質か。

しかし、木兎は全く怯まずキリッとした顔で言う。

ふっふっふ!当然だ!

俺は、ただのエースだからな

そう、彼は「ムラのあるエース」から「ただのエース」になったのだ。

一体どういうことか。

木兎、いつも元気にスーパープレイ!

試合に戻る。

木(ぼ)っくん!

と宮が上げたボールは、ストレートきわきわも狙える絶妙な場所に上がる。

しかし、ブロックは三枚。

クロスに打つかと思いきや、なんとラインに乗るストレートを放つ!

強烈ストレートッ

今日は一段とストレートにキレが

ジャッジは「アウト」。

ボールがアンテナに触れていたようだ。

しかし、一流のプレーヤーたちは、そのプレーの凄さをわかっていた。

牛島&影山「今、ストレートは完全に閉じていたはず」

確かに今のプレーはミスだったが、それでも周りは鼓舞され、相手はビビる。

それだけ「入ったらヤバイ」プレーだったのだ。

 

うーん、今日はストレート絶好調だったのになー

絶好調だからブロックがストレート側の警戒イカツイのか!

木兎はこのように判断する。

普通ならば、「絶好調なのに止められた。もしかしたら、絶好調では無いかもしれない」と考える。

そうはならないポジティブシンキングが彼の強みだ。

ということで、ストレートではなく、今度はクロスに打ち込む木兎。

烏野・田中もびっくりの超鋭角スパイクだ!

ヘイヘイヘェーイ!!!!

とウサイン・ボルトを彷彿とさせる決めポーズをとる。

これには観客席から笑い声。

’時々元気’じゃなく’いつも元気’なのが重要ですよね

と実況席。

常に元気ハツラツなプレーで周りを沸かせてくれる。

もしチームが不調でも、その元気が味方の士気を高め好調に導く。

「いつも元気」という大黒柱感は安心感と、「おれももっと良いプレーをしてやろう」という刺激を与えてくれる。

それこそが「普通のエース」だ。

木兎がかざす「エースの心得3箇条」とは?

時は春高に戻る。

日向が準々決勝で発熱し、惜しくも鴎台に敗退したあの大会で、木兎率いる梟谷学園は決勝進出を果たしていた。

木兎は最後、ブロックに決められたボールについて悔やむ。

どんなボールも打ち切るのが普通のエースなのに…!

セッター赤葦は、「自分を責めるな」と言うことができなかった。

そういう、どうしようもなかったかもしれないボールを「自分の責任」として背負うのがエースという存在だからだ。

3年ウイングスパイカーの木葉は木兎に声をかける。

お前と同じチームじゃなきゃセンターコート(この景色)は見られなかった。(中略)

めちぇめちゃめっちゃ応援してっからな、ただのエース!!

 

現在の試合、木兎は奇想天外な攻撃を見せる。

レシーブが乱れたところでなんとか日向が木兎にボールを上げた。

しかし、状態は不完全。

3枚のブロックが目の前に立ちはだかり、どのように打っても捕まってしまう。

そこで木兎が仕掛けた技が「落ちながら背面ショット」。

ブロックとのタイミングをずらしつつ、勢いのあるボールが相手コートに沈んだ。

なんだ、そのトリッキーな攻撃は…。

今まで誰もそんな技は見せてこなかったし、バレーボールには本当に多彩な攻撃パターンがあるのだと思い知らされる。

木兎が掲げるエースの心得は次の3つだ

一つ、背中で味方を鼓舞するべし

一つ、どんな壁でも打ち砕くべし

一つ、全てのボールを打ち切るべし

厳しい状況であれば、守りに入り、弱気な球を打ってしまいがちだろう。

しかし、エースならば攻める。

身体を上手く使い、頭を賢く捻って、今ある選択肢の中での「最高の一撃」を送り込む。

木兎は自分が常にエースであるためにずっと努力し、メンタルや技を鍛えてきたのだ!

かつての仲間たちにプレーで物語る。

梟谷(みんな)!!!!

普通になった俺を見てくれ!!!!

普通を目指して木兎がたどり着いた境地は、全然普通じゃないレベルだった!!

 

激アツな展開が続く『ハイキュー!!』。

次週の感想記事も乞うご期待!!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

390話 391話 392話 393話 394話