ハイキュー!! ネタバレ最新話393話感想【星海、190センチの「新米チビ」たちに空中戦を指南】

ハイキュー!! ネタバレ最新話393話感想【星海、190センチの「新米チビ」たちに空中戦を指南】

前話392話では、木兎光太郎の「エースとしての進化」が描かれた!

例えミスったとしてもポジティブシンキングを発動できるぐらいにメンタルが強化。

どんな状況でも必ずボールを打ち切る技術と気概を兼ね備え、その背中で味方を(敵すらも)鼓舞する「ただのエース」になった。

今回の注目選手は、「小さな巨人」の異名を引き継ぐ空中の覇者・星海光来

すでに完璧に思えたオールランダーだったが、プロとして活躍する彼はどのレベルにまで達しているのか?

『ハイキュー!!』最新話393話のネタバレあり感想、あらすじをお送りする。

391話 392話 393話 394話 395話
ハイキュー!!ファンのあなたへ

『ハイキュー!!』の最新刊45巻はもう読みましたか?

見どころは次の3つです!

  • 天童覚、牛島に「もっと強くなれ!」と励ます!
  • vs牛島スパイクに日向は「奇跡のAパス」!
  • 東京オリンピックで「変人コンビ」復活!!

集中して漫画を楽しむには単行本がうってつけです。

『ハイキュー!!45巻』は通常460円。

でも、「U-NEXT」なら、無料トライアル登録時にもらえる600ポイントを使って1冊無料で読むことができます!

「登録が面倒」と思うかもしれませんが、実際に登録にかかった時間はたったの2分でした。

本屋さんに行ったりネットショップで買うよりずっと早く読めますよね?

キャンペーンは今月までの「期間限定」かもしれないので、ぜひこのチャンスを活かして『ハイキュー!!45巻』を1冊通して楽しんでください!

ハイキュー!!を無料で♪いつでも解約可!

U-NEXTで今すぐ読む

大人気の『ハイキュー!!』のアニメはもう観ましたか?

U-NEXTなら、漫画に加えてなんとアニメも見放題なんです!

トライアル期間中、『ハイキュー!!』1〜73話(「TO THE TOP」編)がすべて無料で観ることができます。

見始めたら止まらないぐらい面白いので、ぜひ一度は観てもらいたいです!

他にも18万本以上のアニメ・映画・ドラマが見放題で楽しめるので、お家で充実した時間を過ごしたければ必見。

2分程度の登録で漫画もアニメも無料で楽しめます!

解約はいつでもできるので安心です。

ハイキュー!!を無料で♪いつでも解約可!

U-NEXTで今すぐ観る

『ハイキュー!!』最新話393話の感想・あらすじ(ネタバレ)

いつも普通に強い星海光来

星海と鴎台でチームメイトだった昼神幸郎は、獣医学部に入学。

かつて

ミスったって死なない

と自分に言い聞かせることで、冷静なプレーを心がけていた彼は

これからはミスったら誰かが死ぬかもしれない

舞台に踏み出した。

星海・昼神と、烏野高校を春高で沈めた鴎台の主力2人の夕陽を見る背中は印象的だ。

 

試合では、今まさに宮侑が「三刀流サーブ」を放とうとしている。

助走距離は4歩分。

ジャンプフローターが来ることが予想されるが、意表を突いて勢いのあるドライブサーブの可能性もあり直前まで読めない。

そんな化け物サーブ、「自分なら絶対受けたくない。どうか他の人へ」と思ってしまいそうなものだが、そんな柔なメンタルのプレーヤーはこの舞台には立てない。

俺に来い

星海は全神経を研ぎ澄ませ、宮のサーブに集中。

本当に自分に飛んできたサーブを完璧にレシーブ。

これには宮もブチ切れる。

ハァーーッッ

そりゃそうだろう。

誰もが翻弄される絶対的に自信があるサーブを、パーフェクトに勢いを殺しセッターの元に返されてしまうのだから。

定期試験で「今回めっちゃ勉強したし、ほとんど全ての問題も解けて絶好調だわ!今回はあいつに勝ったはず」と思ったら、隣の席のやつがすんなりクラス1位で「よし!いつも通り。これからも頑張ろう」と淡々と過ごしているようなものだ。

「いつも普通に強い」というのが、宮によるかつての鴎台への評価だったことを思い出す。

とどまるところを知らない空中戦の駆け引き!

万全の体制でスパイクを撃ち込まれ、レシーブが崩れるも、木兎はなんの迷いもなく打ち切ろうとしている。

これがエースの安心感でもあるのだろう。

しかし、目の前にはブロック3枚。

どうする?

ブロックアウト

日向は直感で理解する。

しかし、それは敵も同じ。

ブロッカーの昼神福郎(昼神・兄)は、ブロックを引っ込めることによってブロックアウトを避けて木兎のスパイクはアウト。

…よく空中で咄嗟にそんな事できるよね…

と山口。

かつて月島が星海のブロックアウト狙いを避けたことが思い出される。

あの時は何度も星海に「触らされて」、ポイントは「目線」にあることに月島が気づき、対策を打つことができた。

それと同様、一流のブロッカーは「ブロックアウト狙い対策」すらも身につけているのだ!

なんという高度が駆け引き…。

しかも、これを地に足ついていない空中で行うのだから驚きだ。

 

星海にボールが上がった。

…俺がミスって誰かが死ぬことは無いから幸郎よりはマシだな。

せいぜい好きな事でメシが食えなくなるだけだ

それは脱力のための保険なのか、それとも…

コレを決められなければ明日、俺の居場所は無い。

コレを決められない俺に、明日の居場所は要らない

自らを追い込む決意なのか。

スパイクを打つ体勢に入る。

ブロックアウトを警戒した日向は、早速貪欲な吸収力を見せ、昼神同様ブロックを下げる。

しかし、星海はまっすぐ相手コートへスパイクを叩き込んだ!

ブロックアウトに気付かれた事に気付いて、強打に…戻した

どうやら空中での駆け引きのレベルは止まるところを知らないらしい。

星海、190センチの「新米チビ」たちに空中戦を指南

春高で星海にインタビューをしたスポーツライター柄長二三(えなが ふみ)は言う。

あれから6年、(中略)私は、彼が小さいから注目する。

不利(ハンデ)を乗り越えるどころの騒ぎじゃないわよ。

「小さい事」こそ星海(かれ)の’翼’はじゃないの

プロのスポーツライターにここまで言わしめた星海。

小さいことは、リベロやセッターでもない限り圧倒的に「不利な要因」のはず。

しかし、彼の場合は短躯であるが故に、長い対空時間や空中での駆け引き能力を高めることができた。

「不利の要因」どころか「有利の要因」に昇華してしまっている。

小さな巨人は巨人たちに背中で語る。

空中戦は、こうやるんだぜ。

190センチの’新米チビ’諸君

日本という国において、確かに木兎、佐久早、宮、影山、牛島などの190センチプレーヤーは長駆である。

しかし、世界に出てみればどうだ。

200センチ越えは当たり前の中で、彼らはいずれ「チビ」になる。

その時見習うべきこそ、星海や日向のような「小さなことを不能の要因にしない」選手なのだ。

 

今回も非常に熱い展開だった『ハイキュー!!』。

次回の感想もどうぞお楽しみに!!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

391話 392話 393話 394話 395話