ハイキュー!! ネタバレ最新話395話感想【牛島、幸運は全部生かす!強さのために止めない進化】

ハイキュー!! ネタバレ最新話395話感想【牛島、幸運は全部生かす!強さのために止めない進化】

前話394話では、佐久早の強さの秘密が明らかになった。

最後までやり切る完璧主義や、恵まれた体格、手首の柔らかさに、牛島という最高のライバルの存在。

決して傲ることなく、自分の「運の良さ」を最大限生かすために努力を続ける姿勢こそが彼の強者たる所以だ!

今回の注目選手は、牛島若利(うしじま わかとし)。

元々「高校三大エース」の1人として君臨し、烏野高校を最も苦しめた存在と言っても過言ではないほどの強さだったが、これ以上の進化はありえるのか?

『ハイキュー!!』最新話395話のネタバレあり感想、あらすじをお送りする。

393話 394話 395話 396話 397話

『ハイキュー!!』最新話395話の感想・あらすじ(ネタバレ)

天童覚、牛島に「もっと強くなれ!」と励ます

高校最強のスパイカーと言われた男の前に立ちはだかるのは、「世界の壁」だ。

日本惜敗、期待の’若き主砲’振るわず

ネットニュースの見出しにもどかしい文字が踊る。

それを見るは牛島の親友、天童覚(てんどう さとり)。

稀代の「ゲスブロッカー」である。

赤毛が逆立つめちゃくちゃファンキーな髪型も今では坊主。

一体何をやらかしてしまったのだろうか。

友達として励ますために、牛島に電話をかける。

本人曰く、今はフォームの改善中で少し迷いもあることが、プレーの不調の原因らしい。

あと、もう1つ。

天童「珍しいね。何か凹んでるの?」

牛島「昨日…子供が「バレーつまらない」と言っているのを聞いた

どうやらサインを求めたきた女性がいて、その子供に「バレーが好きか」と尋ねたところ

んー、好きじゃない!テレビでやっててもみない!

と、尖に尖った返答が来て、牛島がプレー中はありえないほどのショッキングな表情を見せる。

そりゃあ、キツい。

天童は思いっきり笑ってから、「それはまだ牛島が弱いからで、もっと強くなればいい」と諭し、こう続ける。

強ければいいんだよ。強さが全てだよ。

体の大きい外国のチームをバッタバッタと倒すんだよ。

みんなスターが見たいんだから

マイク付きイヤフォン越しで話ながら、両手を広げ、恍惚の表情で天を仰ぐ姿に通行人はドン引きである。

しかし、親友の言葉に牛島はしっかりと励まされる。

俺に不可能な事じゃなくてよかった

これを言えるのが、「ワカトシ」という男である。

「モンスター級にでかい相手を倒してスターになれ」という指令に「あ、それならできるのでよかったです」と安心する人間がこの世界に何人いることだろう。

岩ちゃん登場!アメリカで牛島に「めっちゃ強くなれ!」と要求

牛島の父、空井崇(うつい たかし)はアメリカにいた(婿養子だったため苗字が違う)。

元プロプレーヤーであり、現在はバレーチームの一流トレーナーだ。

外国人選手を倒すため、父が所属するチームの見学に牛島も渡米する。

そこで会ったのは、かつて大王様・及川徹(おいかわ とおる)と双璧をなした岩泉一(いわいずみ はじめ)だった。

彼はトレーナーを目指し、同じく空井に会うため渡米。

とんでもない偶然のおかげで、岩泉はスムーズに空井から話を聞くことができた。

その後、2人は公園で話す。

岩泉は、外国人選手に苦戦するも健闘はしている牛島に、さらなる発破をかけた。

「ウシワカ」が「まあまあの選手」なんてのはメチャクチャ嫌だぜ。

ずっと負けてきた身としてはよ

天童と同じようなことを言う。

「お前は圧倒的に強くなれ」と。

今回の話のタイトルは「幸運な我ら・2」で、佐久早に続き牛島の幸運がテーマにもなる。

幸運の1つ、「自分にもっと強くなれ」と言ってくれる友達がいること。

そして、岩泉は小柄ながら大きな相手と戦うために参考にしていた動画を牛島に見せる。

どうやら何か得るものがあったようだ。

…俺はやはり運が良い

牛島の幸運2つ目、「偶然出会ったかつてのライバルから鋭いアドバイスをもらえたこと」。

牛島、幸運は全部生かす!強さのために止めない進化

牛島が強者であるために大切にしていることは何か?

すでに強い者が、より強くなるために必要なことは何か?

現在の試合、今まさにスパイクを打たんとする牛島の心の内。

何度でも強さ(それ)をすてよう

守り続けるだけではもっと強い者には勝てない。

新しい武器を手に入れるためには、最大の武器であるスパイクのフォームすら変えてしまう。

それが牛島である。

左腕から放たれた強烈なスパイクは、一流のレシーバーである佐久早の腕すらも弾いた。

かつて牛島のフォームは、空中で腕を引いてタメを作ってから振る「ボウアンドアロー(弓矢)アームスイング」だったが、現在は、飛ぶ瞬間には腕を回し始め、円を描くようにそのまま撃ち抜く「サーキュラー(循環)アームスイング」に改良されている。

止まる瞬間がないからパワーがさらにボールに乗り、しかもコースが読みづらい。

それに、「左の回転」がついてくる。

さあ、万全の体制で放たれた牛島のスパイクを誰が止められるのだろうか?

烏野OB・東峰旭(あずまねあさひ)は評する。

完成しない最強…か

 

アメリカで父と食事をした時の牛島のお礼が、彼の強さを象徴している。

…俺は恵まれている。

もし恵まれていなくても頑張るのは同じだったと思う。

でも、俺の左手(ギフト)を守ってくれてありがとう。

お父さん

牛島が小さい時、母方の祖母から利き手を矯正されかけた時、それを守ったのは父だった。

幸運の3つ目、左利きであること。

大きく成功した人に「あなたが成功した要因はなんですか」と尋ねると、「僕が成功しているのは、運が良かったら。周りの人に恵まれたから」と答えることが極めて多いらしい。

牛島も例に漏れない。

努力するのは当たり前。

自分が恵まれたことには感謝する。

恵まれたことの責任を担って、観ている人に楽しんでもらうため限界なく強くなる。

次世代スターの思考回路が、今明らかになった。

 

続々と選手たちの進化が描かれる『ハイキュー!!』。

また本誌を読んでいない方は、今すぐ本屋・コンビニへGO!

次回の最新話感想記事もお楽しみに!!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

ハイキュー!! 人生の役に立つ名言・名セリフ10選
393話 394話 395話 396話 397話