ヒロアカ ネタバレ最新話287話感想【初代登場で戦いは終盤戦!デクを窮地から救えるか!?】

ヒロアカ ネタバレ最新話287話感想【初代登場で戦いは終盤戦!デクを窮地から救えるか!?】

前回286話では、デクが満身創痍の身体に鞭を打ち、ワン・フォー・オールを最大出力で発揮しながら死柄木に突っ込んだ。

デクの怒りの形相はヒーローというよりも敵(ヴィラン)のようで、禍々しく恐ろしささえ感じさせられた。

一方、ギガントマキアは大阪の街を破壊しながら進んでいた。

現場近くに集まったヒーロー達と雄英高校の生徒は、その脅威から一般市民を護るため、住民の避難、救助および敵の進行阻止に全力を注ぐ。

そしてデクVS死柄木は新たな展開へ突入する。

死柄木の顔にヒビが入り、そこからオール・フォー・ワンが顔を覗かせ、精神世界へ入ったデクたち。

そこに現れたのは7代目ワン・フォー・オール「志村菜奈」だった。

7代目との邂逅がデクにどのような影響を及ぼすのか?

『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』最新話287話のネタバレありの感想とあらすじをお送りする。

285話 286話 287話 288話 289話
ヒロアカファンのあなたへ

『僕のヒーローアカデミア』の最新刊28巻はもう読みましたか?

見どころは次の3つです!

  • 死柄木の復活は阻止できたのか!?ミルコとマイク決死の一撃!
  • 常闇によるホークス救出劇と死柄木の悪魔のような一撃!
  • 死柄木の狙いはワン・フォー・オールただ1つ!

集中して漫画を楽しむには単行本がうってつけです。

『僕のヒーローアカデミア 28巻』は通常460円。

でも、「U-NEXT」なら無料トライアル登録時にもらえる600ポイントを使って1冊無料で読むことができます!

「登録が面倒」と思うかもしれませんが、実際に登録にかかった時間はたったの2分でした。

本屋さんに行ったりネットショップで買うよりずっと早く読めますよね?

キャンペーンは今月までの「期間限定」かもしれないので、ぜひこのチャンスを活かして『僕のヒーローアカデミア28巻』を1冊通して楽しんでください!

ヒロアカを無料で♪いつでも解約可!

U-NEXTで今すぐ読む

大人気の『僕のヒーローアカデミア』アニメ版はもう観ましたか?

U-NEXTなら、漫画に加えてなんとアニメも見放題なんです!

トライアル期間中『僕のヒーローアカデミア』1〜88話がすべて無料で観ることができます。

見始めたら止まらないぐらい面白いので、ぜひ一度は観てもらいたいです!

他にも18万本以上のアニメ・映画・ドラマが見放題で楽しめるので、お家で充実した時間を過ごしたければ必見。

2分程度の登録で漫画もアニメも無料で楽しめます!

解約はいつでもできるので安心です。

ヒロアカを無料で♪いつでも解約可!

U-NEXTで今すぐ観る

『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』最新話287話の感想・あらすじ(ネタバレ)

7代目とオール・フォー・ワン、因縁の邂逅!

精神世界に巻き込まれ、困惑しながらも状況を整理するデクは、この世界がワン・フォー・オールの中であること、自分の前に現れたのが7代目の継承者、志村菜奈であることを察知した。

死して再び会うとはな

オール・フォー・ワンにそう言った7代目に対し、

凄いぜ死人だ!君の祖母にして無能で哀れな志村菜奈がそこにいる!

と死柄木にも伝えるような形で答えるオール・フォー・ワン。

2人は生前に戦闘した経験もあり顔見知りでもあるが、まさか死んでから再び合間見えるとは思ってもみなかっただろう。

さらに7代目にとってみれば、自身を殺した相手との再会である。

ここで簡単に、オール・フォー・ワンの持つ個性について思い出しておこう。

彼の個性は、「他者の個性」を奪い自分のものにし、また他者に「持っている個性を与えることができる」能力。

つまり分かりやすく言えば、自分が欲しいと思った個性を半強制的に奪い取り、複数の個性をストックすることができる、そして好きなように個性を与えることもできるという、いわばチート能力だと言えるだろう。

そんな彼が唯一思い通りにできなかったのが自身の弟であり、その弟が生み出した個性「ワン・フォー・オール」だった。

表向きには、死柄木弔に全てを継承し自身は表舞台から去ったということになっているが、彼ほど「力」に対して貪欲な人間が、そうあっさりと諦めるだろうか…。

個人的にはどうしてもそう思えない。

大ピンチ!ワン・フォー・オールが奪われる!?

7代目を愚弄しながら、話を続けるオール・フォー・ワンは次のように続ける。

臓器移植などを行った肉体に記憶が宿っているといったオカルト話が実際に報告されているように、個性にも記憶が宿っている。

実際に、オール・フォー・ワンも自分が奪い取った個性も持ち主が夢に出てきて罵倒されたような経験を持っているらしく、これは個性に直接的に干渉が可能なオール・フォー・ワンの力が、個性の持つ「意識」に触れたことが理由らしい

彼の弟が生み出したワン・フォー・オールも個性に直接干渉する力を持っているため、歴代継承者の記憶や意識が実際に次世代へと引き継がれていた事が判明した。

ここまでの話で、志村菜奈が現れた理由が分かったところで祖母への挨拶は大丈夫かと死柄木に確認するオール・フォー・ワン。

……ワケはともかくだ。安心しろよおばあちゃん、あんたもしっかり憎んでる

そう返答し、ワン・フォー・オールを奪い取ろうと世界を侵食し始める死柄木の力。

その憎しみの力は強大で、本来所有者の意思でしか動かせないワン・フォー・オールの原則を無視して影響を及ぼしており、絶体絶命かと思われた。

初代登場!デクにはこの力を託す価値があると宣言

そこに現れたのは初代ワン・フォー・オール(オール・フォー・ワンの弟)。

死柄木とオール・フォー・ワンの力に侵食されそうになっているこの世界を保つため、デクに加勢しにきたようだ。

そんな弟に向かって、オール・フォー・ワンは力をデクに譲渡したことが間違いだったと言い放つ。

こんなにも素晴らしい力を持て余して!!友だちも先生も守れないどころか守られてた!!挙句師と同じく怒りに身を任せ!結果!!今動くことすら叶わず地に伏せ目玉をギョロギョロさせるだけの––––出来損ないに渡ってしまった事が間違いだって

叫ぶ兄に向かって初代は冷静に、しかし真っ向からその言葉を否定する。

他人を「救う」ことを最優先とするデクにこそワン・フォー・オールは相応しい。

時に自分の身を焦がすほどの、常軌を逸した「救ける思い」を持つデクに自分たち(歴代継承者たち)はついていくと言い切る。

ここで精神世界でのやり取りは終わり、現実世界へ戻ってきたデクたち。

なんとかワン・フォー・オールの力は奪われなかった様子だが、デクも死柄木ももうボロボロで戦闘ができる状況ではなさそうだ。

デクに想いを寄せる2人の少女。トガとお茶子の再会くるか!?

その頃、街を破壊しながら真っ直ぐに主人の元を目指すギガントマキア。

荼毘は「偽りのヒーロー社会」を崩壊させる準備をすると言い放っている。

ギガントマキアの背中で余裕の表情を浮かべている死柄木の仲間だが、その中で唯一トガだけが考え事をしている。

何を以て線を引くのでしょう?人を助ける人がヒーローなら仁くんは人じゃなかったのかな…私の事も殺すんでしょうか

トガの中では、トゥワイスがホークスによって殺された事がどうしても納得ができておらず、ヒーローの存在や定義自体に理解を示す事ができていないようだ。

その答えをデクやお茶子に確認したいと言っている。

最後のシーンでは、トガと顔とお茶子の顔が並べて描かれるため、おそらく遠くないうちに

2人は接触するのだろう。

傷だらけのデクを心配しつつも、傷だらけになっても努力を続ける彼に好意を寄せるお茶子と、ボロボロになりながら戦うデクに一目惚れのような感情を抱くトガ。

「緑谷出久」という共通の人に惹かれる2人の接触がストーリーにどのような影響をもたらすのか、非常に楽しみだ!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

285話 286話 287話 288話 289話