ヒロアカ ネタバレ最新話289話感想【トガの目にも涙!?意外な戦いの結末とは?】

ヒロアカ ネタバレ最新話289話感想【トガの目にも涙!?意外な戦いの結末とは?】

前回288話では、時速100kmで街を破壊しながら進むギガントマキアの様子が描かれた。

ヒーロー達は被害を最小限に抑えるため、市民の命を守ることを最優先し、ヒーローとしての誇りを胸に全力を尽くしている。

ギガントマキアの背中には超常解放戦線の幹部達が乗っており、その中にはトガヒミコの姿もあった。

お茶子に話を聞いてみたい、そう言っていたトガの目に、住民の避難に精を出すお茶子の姿が飛び込んでくる。

老婆の姿に化けたトガは、お茶子を誰も居ない民家へ誘い出し攻撃を仕掛ける!

好きな人に近付きたいトガと、好きな人に追い付きたいお茶子。

ベクトルは違うが、近い共通点を持つ2人の戦いが幕を開ける!

デク達の安否と死柄木のダメージは?

お茶子VSトガはどんな展開になっていく?

『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』最新話289話のネタバレありの感想とあらすじをお送りする。

287話 288話 289話 290話 291話
ヒロアカファンのあなたへ

『僕のヒーローアカデミア』の最新刊28巻はもう読みましたか?

見どころは次の3つです!

  • 死柄木の復活は阻止できたのか!?ミルコとマイク決死の一撃!
  • 常闇によるホークス救出劇と死柄木の悪魔のような一撃!
  • 死柄木の狙いはワン・フォー・オールただ1つ!

集中して漫画を楽しむには単行本がうってつけです。

『僕のヒーローアカデミア 28巻』は通常460円。

でも、「U-NEXT」なら無料トライアル登録時にもらえる600ポイントを使って1冊無料で読むことができます!

「登録が面倒」と思うかもしれませんが、実際に登録にかかった時間はたったの2分でした。

本屋さんに行ったりネットショップで買うよりずっと早く読めますよね?

キャンペーンは今月までの「期間限定」かもしれないので、ぜひこのチャンスを活かして『僕のヒーローアカデミア28巻』を1冊通して楽しんでください!

ヒロアカを無料で♪いつでも解約可!

U-NEXTで今すぐ読む

大人気の『僕のヒーローアカデミア』アニメ版はもう観ましたか?

U-NEXTなら、漫画に加えてなんとアニメも見放題なんです!

トライアル期間中『僕のヒーローアカデミア』1〜88話がすべて無料で観ることができます。

見始めたら止まらないぐらい面白いので、ぜひ一度は観てもらいたいです!

他にも18万本以上のアニメ・映画・ドラマが見放題で楽しめるので、お家で充実した時間を過ごしたければ必見。

2分程度の登録で漫画もアニメも無料で楽しめます!

解約はいつでもできるので安心です。

ヒロアカを無料で♪いつでも解約可!

U-NEXTで今すぐ観る

『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』最新話289話の感想・あらすじ(ネタバレ)

死柄木は未だ臨戦態勢!迎え撃てるのか?

轟が爆豪、エンデヴァー、デクを抱えて地上へ戻ってくる。

すぐに息があるかを確認したところ3名とも重症ではあるものの無事のようだ。

とは言え、デクはワン・フォー・オールの負荷がかかり過ぎた事と、死柄木から受けたダメージで満身創痍、爆豪とエンデヴァーは、死柄木から致命傷を受け、立ち上がる事は難しそうだ。

爆豪は、デクを護って死んでしまうのかと思ったけれど、なんとか息があるようでホッとした…。

やっと、本物のヒーローとしてのスタートラインに立った彼の活躍を個人的にはまだまだ見てみたいと思う。

一方死柄木は、大ダメージを受けてはいるものの、身体から無数の黒触手を伸ばして臨戦態勢を取っており、今にも攻撃を仕掛けてきそうな状態で独り言をつぶやいている。

…弔っダメだよ…退かナ––––あんた…の…言っ言いっ〜…なり…には……

どうやら死柄木の脳内には今もオール・フォー・ワンの声が聞こえており、精神の狭間で戦っているようだ。

波動、飯田現着!相手も瀕死、畳み掛けろ!

そこへ波動、飯田が駆けつける。

大型敵がここに向かってる!!向こうで能無と戦ってるヒーローにも伝えてある!!…全くどおりで帰ってこないわけだよ!!

飯田は、クラスメイトが3人帰ってきていない事を心配し、波動について来たようだ。

2人は、凄惨な現場の状況から事態の悪さを察知する。

デクはボロボロになっているが、自分がまだ死柄木を引き付けなければならないと感じているようだ。

僕は……死柄木と…いなきゃ…!!死柄木はまだ…僕を狙ってる…!かっちゃんと…エンデヴァーを…!!

自分も命の危機に晒されているようなこの状況で、まだ周囲のために動ける事が、デクのヒーローとしての強みだと改めて思う。

死柄木との戦闘を序盤から見ていた轟は、死柄木の再生能力が弱まっている事に感づき、畳み掛けるなら今だと波動に対して伝える。

一方の死柄木は、波動や飯田の到着に対して、苛立ちを見せている。

蛆…が無限に…湧く––––…

トガの目にも涙!?意外な戦いの結末とは?

場面は変わり、お茶子VSトガの戦闘。

前話でマウントを取られていたお茶子だったが、持ち前の近接戦闘で切り抜ける。

そのまま会話をしながら互いに攻撃を繰り出していく。

お茶子ちゃん私ね 大好きな人のことを考えるとその人そのものになりたくなるの その人の血が全部欲しくてたまらなくなるの

この前ね 私の普通をカァイソウって言って殺そうとしてきた嫌―な人がいたんだよ

だからお茶子ちゃんの血と個性で高いとこから落としたの

トガのこの言葉にお茶子は怒りを露わにする。

私は…人を落として幸せを感じたりしない 何が…さっきから何が言いたいの!!

お茶子にしてみれば、自身の個性を勝手に使われて、誰かを殺されたことも、そんなトガが自分と似ていると言っていることも気持ち悪くて仕方がないのだろう。

畳み掛けるようにトガはお茶子に問いかける。

一緒だねぇお茶子ちゃん お茶子ちゃんの好きな人って出久くんだよねぇ

しかしお茶子は、新技「ゼロ・サテライツ」を繰り出しながら答える。

それは…それはしまっとくんだ

トガヒミコ…好きに生きて人を脅かすなら……その責任は受け入れなきゃいけない

そう核心を突くお茶子の言葉に対し、トガは涙を見せながら「そうだね」と答え、その場を去って行った…。

自分の気持ちを隠そうとせず、逆にそれが行き過ぎて敵と化してしまったトガと、相手を強く想うからこそ自分の気持ちに蓋をし、少しでも高みを目指そうとするお茶子。

似て非なる2人の戦闘は、奇しくも決着が着かぬまま終わった。

お茶子は、トガが見せた涙に疑念を抱きつつ、彼女のことを少し心配しているような顔をしていた。

最悪の展開!戦いはフィナーレ目前!

そしてついに、最悪の瞬間が訪れる。

ギガントマキア&超常解放戦線のメンバーが死柄木の元へ辿り着き、合流を果たしてしまう!

ヒーロー側は負傷者多数、戦闘可能な者も少なく、戦力は圧倒的不利。

この状況で、ヒーロー達は一体どう戦うのか?

また、荼毘とエンデヴァー、そして轟、この3人の邂逅から目を離してはいけない。

荼毘は謎に包まれたキャラクターではあるが、炎系の個性を保有しており、明らかにエンデヴァー、轟に対して何らかの関わりがある事が過去のエピソードでも示唆されている。

役者は揃った!戦いはいよいよ最終局面へ動き出す!

 

いよいよクライマックス!

最高の盛り上がりを見せる『僕のヒーローアカデミア』を読みたい方は週刊少年ジャンプを購入して欲しい!

では次回の『僕のヒーローアカデミア』ネタバレ最新話感想記事もお楽しみに!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

287話 288話 289話 290話 291話