ヒロアカ ネタバレ最新話290話感想【荼毘の秘密が明らかに!俺の名前は轟燈矢!】

ヒロアカ ネタバレ最新話290話感想【荼毘の秘密が明らかに!俺の名前は轟燈矢!】

前回289話では、満身創痍ながらもヒーローへの憎悪で臨戦態勢の死柄木に対し、飯田と波動が現着し向かい合っていた。

デク、エンデヴァー、爆豪は息はあるが戦う事は不可能に近い瀕死の状態。

ヒーローも敵もギリギリの中で、戦いは続く。

お茶子とトガの戦いは、決着が着かないままお預けになる。

自分の気持ちを隠そうとせず、逆にそれが行き過ぎて敵と化してしまったトガと、相手を強く想うからこそ自分の気持ちに蓋をし、少しでも高みを目指そうとするお茶子。

2人は近いようで遠い存在だと改めて思う。

去り際、お茶子に対してトガは涙を見せており、お茶子もそれが頭から離れない。

そしてついに、恐れていた最悪の瞬間が訪れる。

ギガントマキア&超常解放戦線のメンバーが死柄木の元へ辿り着き、合流を果たしてしまう!

ヒーロー側は負傷者多数、戦闘可能な者も少なく、戦力は圧倒的不利。

この状況で、ヒーロー達は一体どう戦うのか?

『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』最新話290話のネタバレありの感想とあらすじをお送りする。

288話 289話 290話 291話 292話
ヒロアカファンのあなたへ

『僕のヒーローアカデミア』の最新刊28巻はもう読みましたか?

見どころは次の3つです!

  • 死柄木の復活は阻止できたのか!?ミルコとマイク決死の一撃!
  • 常闇によるホークス救出劇と死柄木の悪魔のような一撃!
  • 死柄木の狙いはワン・フォー・オールただ1つ!

集中して漫画を楽しむには単行本がうってつけです。

『僕のヒーローアカデミア 28巻』は通常460円。

でも、「U-NEXT」なら無料トライアル登録時にもらえる600ポイントを使って1冊無料で読むことができます!

「登録が面倒」と思うかもしれませんが、実際に登録にかかった時間はたったの2分でした。

本屋さんに行ったりネットショップで買うよりずっと早く読めますよね?

キャンペーンは今月までの「期間限定」かもしれないので、ぜひこのチャンスを活かして『僕のヒーローアカデミア28巻』を1冊通して楽しんでください!

ヒロアカを無料で♪いつでも解約可!

U-NEXTで今すぐ読む

大人気の『僕のヒーローアカデミア』アニメ版はもう観ましたか?

U-NEXTなら、漫画に加えてなんとアニメも見放題なんです!

トライアル期間中『僕のヒーローアカデミア』1〜88話がすべて無料で観ることができます。

見始めたら止まらないぐらい面白いので、ぜひ一度は観てもらいたいです!

他にも18万本以上のアニメ・映画・ドラマが見放題で楽しめるので、お家で充実した時間を過ごしたければ必見。

2分程度の登録で漫画もアニメも無料で楽しめます!

解約はいつでもできるので安心です。

ヒロアカを無料で♪いつでも解約可!

U-NEXTで今すぐ観る

『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』最新話290話の感想・あらすじ(ネタバレ)

とある病院の様子が描かれる

物語の始まりはどこかの病院から。

医師達がバタバタと病院内を走っている。

315号室のテレビ早く消してきて!!退院に向けて訓練していたのに…!!こんな時になんてこと!!

病室内で、1人TVを見つめていたのは、エンデヴァーの妻であり、轟の母親である「冷」。

そのテレビの中に、映し出される1人の男、それは、敵連合の荼毘の姿だった————。

どこかの部屋のような所で、ソファーに座り込んでうつむく荼毘。

彼の心中とは…?

目を覚ました爆豪!まだ戦う意思を見せるが厳しい現状

場面は切り替わり、ギガントマキアが街を破壊し、死柄木のもとへ辿り着いたシーンへ。

ギガントマキアの到着と同時に、オール・フォー・ワンの心の声が。

いいタイミングだマキア 緑谷出久(ワン・フォー・オール)の乱打 エンデヴァーの灼熱で弔の身体は何時崩れてもおかしくない 鋲突を脊髄から発動したのも反射追尾にし心体への負荷を軽減する為…それ程までにこの身体は予断を許さない状況

やはり死柄木の身体はすでに限界に来ており、こうして立っているだけでも奇跡的な状態のようだ。

オール・フォー・ワンは、戦闘の継続というよりも、いかに死柄木をこの戦闘から退避させるかを考えているようで、ギガントマキアに死柄木を連れて逃走させようとしている。

合流されては分が悪いと判断し、死柄木に対して渾身の一撃を放とうとする轟と波動。

あの巨人と死柄木を同時に相手するのは無理だ!手負いの死柄木を先に倒す!!

2人の攻撃に、大きなダメージを負う死柄木だったが、ダウンさせるまでには至らなかった。

その時、爆豪が飯田の腕の中で目を覚まし、重症ながらもまだ戦おうとする気概を見せつけるが、爆豪は内臓をやられているようですぐに動けるような状態ではない。

あまりの戦力差に、ヒーロー側には勝ち目がないようにさえ見えてしまう。

それだけにギガントマキアが連合を引き連れた状態で合流したことは影響が大きかった。

No.1ヒーローの責任と荼毘の告白

戦力差をエンデヴァーは痛感しているようで、思考を巡らせている。

倒さなくては…どういう個性だ!?探って穿つんだ 肺が片方潰れてる…!呼吸すら激痛のこの体でどこまでやれるか————いや!!やらねば!!

エンデヴァーがここまで責任感を持っているのは、あの№1ヒーロー発表の際の「俺を見ていてくれ」という言葉が影響しているようだ。

俺はこの国のトップヒーローだろうが!!!

そう強く自分に言い聞かせ、奮い立とうとするエンデヴァー。

そんな時、超常解放戦線の幹部である荼毘、がギガントマキアの背中から話しかけてくる。

その様子を見たエンデヴァーは「荼毘」と彼の名を口にする。

手にはペットボトルを持っており、その水を自分の頭にバシャバシャとかける荼毘。

すると、彼の黒い髪の下から、白髪が現れる!黒染めをしていただけで、実は白髪だった様子。

そして、そのまま衝撃の事実をその口から告げる。

酷えなァ…そんな名前で呼ばないでよ… 燈矢って立派な名前があるんだから 顔はこんななっちまったが…身内なら気付いてくれると思ったんだけどなぁ

これには衝撃を受けた。

そう、彼こそ、轟家の長男であり、名前だけが今まで登場していた人物。

「轟燈矢」その人だった。

確かに、そう思わせる描写はこれまでも多々見受けられた。

エンデヴァーを彷彿させるような、青い炎と火力。

轟に対して関係を感じさせるような態度を取り、エンデヴァーに対しても含みがあるような言動をこれまでも取っていた。

語られる荼毘の過去!憎しみを力に変えて

そして、場面は冒頭のテレビのシーンへと戻る。

テレビの中で語り始める、荼毘、いや轟燈矢。

僕轟燈矢はエンデヴァー家の長男として生まれました 今まで30人以上の罪なき人々を殺しました 僕が何故このような醜穢な所業に至ったか皆に知ってもらいたい

そう話し始め、エンデヴァーの過去の罪を語る。

オールマイトへの強い劣等感から強さを求め、そのために妻を娶り、子供を作ったこと。

しかし長男である燈矢は、失敗作として捨てられ、忘れられたこと。

テレビで流れている映像は、事前に録画しておいた物で、それがリアルタイムで全国に放映されているようだ。

確かに、エンデヴァーは轟に対しても、非常に厳しい向き合い方をしていたし、そのせいで妻である冷は気を病んでしまい、入院するまでになってしまっている。

しかし、「子を捨てる」となるとその重みは今までの物とワケが違う。

ヒーローとして、いや、1人の親としてやってはいけないラインを越えてしまっている。

そして、テレビ放送と時を同じくして、エンデヴァーの前で、彼は語り続ける。

どうしたらおまえが苦しむか人生を踏み躙れるか あの日以来ずうううううううっと考えた!

燈矢は自分の存在価値が見出だせず、毎日のように辛い思いをしていたようだ。

九州のハイエンド襲撃も、彼が仕組んだことで、ホークスを使ってエンデヴァーをおびき寄せ、死なない程度の戦いをさせた。

それは、№1ヒーローの重さをその身に感じさせながら、エンデヴァーに№1としての賞賛を浴びさせるため。

そしてエンデヴァーは結果として家族達と向き合い、少しずつ未来に目を向け始めていた。

轟家は過去を乗り越え、前に進めるはずだった…。

だが、轟燈矢が現れた。

そして、彼は自分自身を指しながらトドメの一言を父であるエンデヴァーに放つ。

知らねェようだから教えてやるよ!!!過去は消えない

そう言い放ち、地獄で一緒に踊ろうとエンデヴァーに伝える。

悪夢は止まらない、それどころか加速する一方だ…。

№1ヒーローの過去の失敗は世間全体に知らしめられ、エンデヴァーは身体だけでなく、心まで限界だろう。

ここから、一体誰が敵と戦うのか、ヒーローは未来を守ることができるのか。

この記事を読んだあなたにおすすめ!

288話 289話 290話 291話 292話