ヒロアカ ネタバレ294話感想【Mr.コンプレスは、伝説の敵、張間歐児の子孫!】

前回293話では、ベストジーニスト、復活したミリオに加え、爆豪までもが再度戦いに参加したことで、流れは徐々にヒーローサイドに傾いていった。

轟VS燈矢の戦いはデクが横槍を入れたことで轟は危機を回避する。

最後のシーンではギガントマキアが、雄英生徒たちが飲ませた麻酔の効果によって戦闘不能に陥った!

いよいよ戦闘は佳境に突入し、ヒーローたちは勝利を手に入れることができるのか?

『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』294話のネタバレありの感想とあらすじをお送りする。

勝利目前!あと一息だ、ヒーローたち!

冒頭、ここまで死力を尽くし倒れていったヒーローたちの安否が描かれる。

そこには相澤、ミルコ、ホークスの姿も。

彼らは自分の命を懸けて、味方であるヒーローたちを、そして市民の安全を守った。

そして今、倒れていった無数のヒーローたちが紡いできた細い糸は、着実に紡がれ、太い太い縄となった、ベストジーニストはそう振り返る。

この場で麻酔の効果が表れたこと…!きっと偶然ではないハズだ…多くの者が少しずつ強大な此奴を削り効果が表れる程に弱らせたのだと私は信じる…!

そう振り返るベストジーニスト自身も能力を酷使したことで、鼻から血を流している。

これだけ多くの繊維を、決して弱くはない複数の敵を押さえつけるパワーで発揮し続けているのだから、当然だと言えるだろう。

しかし、彼の目の前にはあと一息で捕縛できそうな解放戦線の幹部たち。

そして、麻酔の影響が今になって発揮され、動くことのできないギガントマキア。

ヒーローたちが死に物狂いで戦った結果、確実に勝利は近づいて来ている。

あと一息!!

踏ん張れヒーローたち、このまま押し切ってくれ!

雄英生徒VSハイエンド脳無は激戦が続く!

一方、ハイエンド脳無と激しい戦闘を繰り広げるミリオ、波動、飯田、爆豪。

ミリオは、ハイエンドの持つポテンシャルを見て、動きは単純だが、スピードと強靭さが半端ではないことを攻防の中で察知していた。

おそらく一体一体が九州の脳無に匹敵する程の強さ ショッカーに与えられていいスペックじゃないんだよね!!

確かに、ショッカーがこのレベルであれば、世の中の仮面ライダーは大変だろう。

飯田は、脳無の激しい攻撃を凌ぎながらも、ケガをしている爆豪を気にかけ声をかける。

大・爆・殺・神ダイナマイトは下がるんだ!受け身もとれない体では相手にならん!

とんでもなく長く言いにくいはずなのに、ご丁寧にヒーロー名を呼ぶあたりが飯田らしい。

爆豪はそんな発言に対して反論しようにも、返す言葉さえ出せない極限状態。

全員がギリギリの状態で戦い、ベストジーニストが戦闘に集中できる環境を作り出すために必死になっていた。

命を懸ける!Mr.コンプレスの秘策発動

そして、ベストジーニストが動く!

巨人に割いていたリソースをようやく敵連合に回せる!!

その時、縛られているMr.コンプレスは考えていた。

自分の能力は、触れないと発動できず、今の状態ではガチガチに拘束されていて個性を発動することすらできない。

つまり、自分の身体を少し触れられるだけのスペースしか無い現状では、腕を伸ばして死柄木とスピナーに触れることは難しい。

こんな窮地でただてめェのケツをまさぐるしかできねぇとは

そして、さらに思考を巡らせ、自分の仲間のことを考える。

荼毘もトガちゃんも俺も夢半ばなんだよ

しかし、ベストジーニストの操るワイヤーが、敵連合を締め落とすべくさらに強く縛られる。

このままでは、ここで一網打尽にされてしまうと悟ったMr.コンプレスは、一世一代の博打に打って出る。

ス…ヒナ(スピナー)…俺…敵連っ…合好きだったぜ 死柄木(ボス)が…鍵だ…5秒…稼…ぐ!死柄木(ボス)を…目覚め…させろ

そう言いながら、自らの腰あたりに触れ、身体を抉り取る。

拘束を解いた瞬間、スピナー、死柄木をかつて爆豪を誘拐した時のように圧縮し玉の状態にする。

命張ンのがてめェらだけだと思うなよ さァやってやるぜ 最高のエンターテイメント!!

Mr.コンプレスの決死の行動に動揺しつつも、追撃の手を緩めないベストジーニストは相手の着ている衣服を利用して拘束しようと試みる。

しかし、Mr.コンプレスはこの攻撃にも冷静に対処していく。

自分の衣服に触れながら、締め付けられた箇所を圧縮で解くことで拘束を逃れ続ける。

Mr.コンプレスは伝説の敵「張間歐児」の子孫!

彼の正体が、このタイミングで明かされる。

彼は、伝説と称された敵(ヴィラン)、張間歐児の孫の孫だった。

張間歐児とは、『稀代の盗人』と称される敵(ヴィラン)。

その有名さは、悪の支配者『オール・フォー・ワン』、異能解放軍の設立者であり初代指導者でもある『デストロ』らと比べられる程の超大物敵(ヴィラン)だ。

これまでは、彼の名前と姿だけは作中でも明らかになっていたが、今回、その詳細が明かされていく。

張間歐児は、盗人でありながらも、義賊だった。

ヒーローアカデミアで義賊といえば、『現代の義賊』と称し、犯罪行為を繰り返す「ジェントル・クリミナル」が思い出されるが、「商品偽装を行っていたコンビニに鉄槌を下す」など、程度の低いものが多かった。

張間がやっていたことは、私腹を肥やす偽ヒーローだけを対象に盗みを行い、盗んだ金品を市井にばら撒き「世直し」を訴え続けるというもの。

Mr.コンプレスも、張間のことを親族から聞かされており、自分に正義の血が流れていることを思い出す。

圧紘ウチの家系はな!不正を暴かんとする正義の血が流れているんだ

そして、Mr.コンプレスは今、仲間の窮地を救い死柄木へ全てを託そうとしている。

張間よ あんたの成せなかった“世直し”は俺のボスに任せるよ 解放戦線…敵連合の死柄木が俺のかわりに世界を変える

そしてそのままスピナーと死柄木の圧縮を解除し、見事に2人は彼の手によってベストジーニストの拘束から脱出に成功する。

Mr.コンプレス一世一代−−−−−!!脱出ショウの開演だ!!

今週はここまで!

これまで目立った活躍のなかったMr.コンプレスがまさかの張間の子孫だったとは!

来週、いよいよ死柄木が目覚めて再び暴れ出すのだろうか!?

この記事を読んだあなたにおすすめ!

292話 293話 294話 295話 296話

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。