ヒロアカ ネタバレ300話感想【修羅場!冷の登場でエンデヴァーと家族はどうなる?】

前回299話では、ホークスの過去が明らかになった。

犯罪者の父親と、精神崩壊した母親の下で苦しい暮らしを強いられていたホークスだったが、そんなドン底から彼を救い出したのは、エンデヴァーだった。

エンデヴァーへの思いが明らかとなり、彼を救うために動くと言ったホークスだが、一方でエンデヴァーは無事なのか…?

身体的ダメージよりも精神的ダメージの方が気になるところだが、立ち直ることはできるのだろうか?

『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』300話のネタバレありの感想とあらすじをお送りする。

ヒロアカファンのあなたへ

『僕のヒーローアカデミア』の最新刊29巻はもう読みましたか?

見どころは次の3つです!

  • 奮い立て若きヒーロー!雄英生徒達の作戦開始!
  • イレイザーヘッドに個性消失弾が!
  • デク、新個性発動!7代目の「浮遊」で死柄木を迎えうつ!

集中して漫画を楽しむには単行本がうってつけです。

『僕のヒーローアカデミア 29巻』は通常460円。

でも、「U-NEXT」なら無料トライアル登録時にもらえる600ポイントを使って1冊無料で読むことができます!

「登録が面倒」と思うかもしれませんが、実際に登録にかかった時間はたったの2分でした。

本屋さんに行ったりネットショップで買うよりずっと早く読めますよね?

キャンペーンは今月までの「期間限定」かもしれないので、ぜひこのチャンスを活かして『僕のヒーローアカデミア29巻』を1冊通して楽しんでください!

ヒロアカを無料で♪いつでも解約可!

U-NEXTで今すぐ読む

大人気の『僕のヒーローアカデミア』アニメ版はもう観ましたか?

U-NEXTなら、漫画に加えてなんとアニメも見放題なんです!

トライアル期間中『僕のヒーローアカデミア』1〜88話がすべて無料で観ることができます。

見始めたら止まらないぐらい面白いので、ぜひ一度は観てもらいたいです!

他にも18万本以上のアニメ・映画・ドラマが見放題で楽しめるので、お家で充実した時間を過ごしたければ必見。

2分程度の登録で漫画もアニメも無料で楽しめます!

解約はいつでもできるので安心です。

ヒロアカを無料で♪いつでも解約可!

U-NEXTで今すぐ観る

『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』300話の感想・あらすじ(ネタバレ)

囚人の脱獄、脳無の存在が人々を不安のどん底へ叩きつけた

−−−都市部はパニックに陥っていた

死柄木との戦いによる被害状況も明らかにならないまま、オール・フォー・ワンの脱獄時に、起きてしまった凶悪な敵たちの脱獄、加えて明らかとなった「脳無」という存在。

脳無の目撃情報が噂レベルで不安を煽っており、かろうじてヒーローへの信頼を拠り所にしていた国民の心。

ただでさえ、限界に近かったフラストレーションが決壊した。

そういえば、前話でも敵を撃退したジーニストに対して、訝しげな表情を見せている市民がいたが、そうして追い込まれていた人々の心が、遂に爆発する。

市民の決起!しかし状況は悪化する一方

舞台はとある街、紫安刑務所から脱獄した敵、サイダーハウスが飲食店へ強盗に入ったところへ駆けつけたのは一般市民。

しかし、その手に握られていたのは「サポートアイテム」だった。

本来、サポートアイテムはヒーローの活動補助の為に使用されるべき物だが、なぜか一般市民がそれを手にしている。

街は俺たちが守る!!

そう言いながらサイダーハウスへ飛びかかる複数の市民たち。

彼らがサポートアイテムを保有していた理由は、298話のリ・デストロのこのセリフ。

種は 既に蒔かれているのだ−−−−…

市民に向け、デトラネット社のサポートアイテムが既に市場に出回っており、自衛を考える市民は思いがけず、力を得てしまった。

が、しかし…。

対敵戦闘訓練を受けていない一般市民の武装戦闘は周辺一帯を巻き込み大きな被害を生んでいた。

ヒーローとは一体?今迫られる真価

有名なヒーローも次々に引退を表明していく。

その中には、ヒーロービルボードチャートで第9位にランクインしている「具足ヒーロー・ヨロイムシャ」の姿も。

それ以外にも、多くのヒーローが引退を表明し、奇しくも今、ヒーローの意味が問われている。

人々はその責任の全てを、たった一人の男へ向けていた。

No.1ヒーロー、エンデヴァーである。

なんとか一命をとりとめたエンデヴァーは、ぼーっと窓の外を見ている。

付き添っていた医師は、「自分は応援している」と彼に伝えたが、エンデヴァーの耳には届いていない様子。

エンデヴァーと冷、禁断の邂逅

彼は、まだ霞みがかっている頭で、燈矢のことを考えていた。

そして、これまで自分がしてきたことが返ってきただけだと考え、涙を流す。

俺は生き延びても…エンデヴァーは死んだ 大量殺人者(むすこ)と戦えない

そう独り言を呟き、目に涙をためるエンデヴァーの病室へタイミング悪く轟(焦凍)が病室の扉を開ける。

涙ぐむ父の姿を見た轟は、思わず扉を閉めてしまう。

そんな息子に対して、先ほどとは打って変わり

ショートォオオオ!!!

と大声で呼び止めるエンデヴァー。

また扉が開き、そこにいたのは焦凍、冬美、夏雄。

298話で、焦凍の見舞いに来ていた描写があったから、そのままエンデヴァーの容体を見に来たのかもしれない。

すまん…本当に…すまない すまん……っ 遅すぎたんだ…後悔が…罪悪感が…今になって…!心がもう

そう言いかけたところで、「心が何?」そう言いながら病室へ入って来たのは、エンデヴァーの妻「冷」。

病院で療養していたはずの妻がここにいることを信じられないという顔で見つめるエンデヴァー。

後悔も罪悪感も 皆あなたよりうんと抱えてる 話をしに来たの轟家(うち)のこと 燈矢のこと

冷の手には、エンデヴァーが冷の見舞いに持っていったと思われる花が握られている。

妻であり、兄弟の母である冷の登場がエンデヴァーに、そして轟家にどのような変化をもたらすのだろう。

【考察】これからの超常社会はどう変わる?

300話で浮き彫りとなった、現時点の社会の闇。

ヒーローへの信頼が失墜し、慣れない中で自衛しようとする市民たち。

だが正直、仕方がないと言えるだろう。

仮に、今私たちが生きている社会で、警察や自衛隊への信頼が失墜したら、同じような行動を取る国民は少なくないはずだ。

これからの超常社会がどのように姿を変えていくのか、それを考察してみたい。

1.ヒーローの数が激減する

これは言わずもがな考えられる展開だろう。

実際に今話でも、引退するヒーローの姿が多く描かれていた。

これまで、ヒーローは憧れられる職業だったはずが今回の事件を機に、一転した。

非難を浴び、白い目で見られることも増えているはずだ。

こうなってくると、ヒーロー殺しステインの言っていた、「本物のヒーロー」以外の偽物たちは事務所を畳んでいくだろう。

2.敵の数が増える

ヒーローの数が減る=「秩序の崩壊」を意味している。

そうなれば、これまで水面下に潜んでいた悪意を持った奴らが動き出すのは時間の問題だ。

ただでさえ壊れかけている今の社会が、さらに混沌とする可能性は高い。

3.独立事務所が無くなり、ヒーロー組織が立ち上がる

これは予想でしかないが、今ある独立事務所(エンデヴァーやジーニストも保有している)は、全て解体となるのではないだろうか。

代わりに、ヒーロー組織ができ、そこに各ヒーローが所属する形となるかもしれない。

(イメージはワンパンマンの「ヒーロー協会」や、ワールドトリガーの「ボーダー」)

4.対敵用、ヒーローロボなどが開発される

300話で描かれた、市民の自衛による被害拡大。

これを防ぐには、戦闘に慣れた人物が、適切な対応を敵に対して即座に行うことが必要。

しかし、前述したようにヒーローの人数は激減するはず。

そう考えると可能性として考えられるのは、敵サイドの「脳無」のような戦闘人形を作ることだが、ヒーロー側がそれをしたら漫画的にアウト。

とすれば考えられるのは、雄英の試験などで登場した対戦闘用ロボットの開発だろう。

サポートアイテムは有能なものばかりだし、製造する技術はあると考えることができる。

そのうち、小物の敵に対してはヒーローロボ(仮称)が戦うようになる未来がくるかもしれない。

この記事を読んだあなたにおすすめ!

298話 299話 300話 301話 302話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です