ヒロアカ ネタバレ307話感想【血狂いマスキュラー再登場!デクは奴を倒せるか!?】

前回306話では、物語が終章へ突入したことが分かった。

エンデヴァーが記者会見を開きケジメをつけ、これからのヒーロー社会がどう変わっていくのかが誰にも分からなくなった。

そして、デクはついにクラスメイトに自分の秘密を打ち明け、雄英高校ヒーロー科を去るという決断をした。

デクは今どこにいるのか?

ヒーロー社会はどう変わっていくのか?

混沌渦巻く中、物語は一気にクライマックスへと動き始める。

『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』307話のネタバレありの感想とあらすじをお送りする。

変わり果てた街に残る住人達

始まりは、荒れ果てた街から始まる。

ヒーローの信頼は失墜し、誰もいなくなった空虚な街に生活感は存在しない。

ボロボロの車が放置され、道路もガタガタ、建物の老朽化も進んでいるように見える。

あの“ダツゴク”が昨日南区に現れた 各自至急対象区域をあたられたし…

ダツゴクというのはおそらく、オール・フォー・ワンの脱獄時に一緒に外へ解き放たれた凶悪な敵のことでほぼ間違い無いだろう。

少なからず、デクやオールマイトとゆかりのある敵の可能性も考えられる。

居残りの誘導!手早く解決しよう!

そう言いながら現れたのは傑物学園ヒーロー科3年「真堂」(ヒーロー名:グラント)と、同じく傑物学園ヒーロー科3年「中瓶」(ヒーロー名:タートルネック)。

この2人は12巻で登場していたヒーローの卵だ!

2人は「居残り」と呼ばれる住人達を避難させるため、交渉に来たのだった。

※前話で描かれたが、今は各地方のヒーロー科を有する高校が指定避難所として解放されており、原則はそこでの生活を推奨されている。

彼らはそもそも、「ヒーローを信じていない」

避難を拒否している住民達はヒーローに失望した、頑固者ばかりの様子。

今度は子ども寄越してきたか 無駄だ帰んな

頑なに避難を拒否する住人達に真堂は「ここは危険で備蓄も長く保たない」と伝え、傑物学園へ避難してくださいと訴えるが…。

人が集まった所でまた敵が襲来してきた時 あんたらどうにかできんのかい?

どうやらこの場所で暮らしている人達は「自衛派」のようで、自分達の街は、そして命も自分達で守ると決めているようだ。

一人一人がサポートアイテムを装備しており、これまでも敵を撃退した実績も持っているよう。

しかし、その辺のチンピラのような敵は撃退できたとしても、「ダツゴク」や「脳無」の戦闘力は桁違いだ。

オールマイトやエンデヴァーですら苦戦を強いられるレベルの敵なのだ。

真堂は丁寧にその事実を話し、ダツゴクや脳無と戦えばプロヒーローでも死にかねないことを伝えている。

しかしここに居る人は誰1人としてヒーローを信じてはいない…。

言ったろ ヒーローよりも自分を信じる

彼らはヒーローを信じ、そして裏切られた。

だからこそ、もう二度とヒーローを信用することはないと強く話す。

マスキュラー参戦!振動vs筋肉増強!

粘り強く交渉したが、結果として交渉は決裂し、真堂と中瓶は帰路に着いた。

俺が少し“揺らし”ちまえばあんなビル一瞬で瓦解しちまうんだぞ!!あ〜強制連行していいなら引きずってやるのに

そういう真堂の顔は爆豪のそれに近いように見える…こっちが本性なのかな?(笑)

そんな2人に、一本の電話が。

2人とも逃げろ!!出た!!

増援が間に合わないくらい近くに、例の“ダツゴク”が現れた様子。

遠くの方から急スピードでビルを破壊しながら進んでくる敵の姿!

よう!遊ぼうぜ!!

全身に筋肉繊維を身にまとい、狂ったような笑みを浮かべ叫ぶ、大きな体に片目の男。

敵の正体はかつて林間学校でデクが倒した「血狂いマスキュラー」だった!

2人か? 足りねえなあ 仲間はいるのか?

相手の危険度を察知した真堂はすぐに戦闘態勢に入り、中瓶に応援要請と住人の避難を指示し、自分はマスキュラーと対峙する。

真堂「ブッ倒す」

マスキュラー「いいねぇ シャバは」

振動の個性vs筋肉増強!一体勝つのは…?

重圧も未来も全てを背負い、デク登場!

またその様子を見ていた避難中の住民達も戦おうとするが、中瓶がこれを阻止。

待って!!“血狂い”です 戦っちゃダメ逃げて!!

だが、住人達は聞く耳を持とうとしない。

これ以上街を荒らされてたまるか…!と走り出す。

「ドオン」と近くで爆音が上がり、ビルの壁に押さえつけられる真堂。

マスキュラーの圧倒的なパワーに歯が立たない様子。

おいおい…話になんねぇ…

相変わらずのふざけた力押しで、そのまま骨をへし折ろうと力を入れる。

真堂も負けじと振動の個性をフルに使い反撃を試みるが…

無駄だ 1万2千層の筋繊維装甲さ どんな力でも俺本体に届くことはない

このまま潰されてしまうのか、真堂!

最大威力を出したらしばらく動けなくなる…けど!!! 人にはやらなきゃいけない時がある

不屈の心こそ、これからのヒーローが持つべき素養なのだと言いながら、最大威力の振動を喰らわせる!

震伝動地 脳みそシェイクになっちまえ!

全てを込めた大技がマスキュラーに直撃!

しかし…。

なら装甲を増やすまでだよな

大技も通じず、なす術なく潰される真堂。

坊主を助けるぞ!!

住人達も躍起になり、その様子を見て実に楽しそうに笑うマスキュラー。

血祭りだ

このままでは住人達の命は間違いなく奪われてしまう…。

誰か、誰か他にヒーローはいないのか!

この凶悪な敵に立ち向かえる、強さと勇気を備えたヒーローは…。

SMASH

絶体絶命の窮地に、あの効果音と共にアイツがやってきた。

マスキュラーをいとも簡単に吹き飛ばすパワー、そしていつの間にか真堂を救出しているスピード。

マスキュラー…道理で“危機感知”(4th)が止まないわけだ

ボロボロになった真堂を抱き抱え、そこに佇むヒーロー「デク」!

その声はぁああ…

マスキュラーもデクのことを覚えているようだ!

何の因果か、再び戦うことになったデクとマスキュラー。

以前の戦いでは、終始マスキュラーがデクを圧倒したが、最後はワン・フォー・オールの全開をこえた超パワーでデクが勝利した。

この戦闘が、今のデクの強さを測る物差しになることは間違いない!

次週が待ちきれない!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

305話 306話 307話 308話 309話

書き手にコメントを届ける

あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。