ヒロアカ ネタバレ317話感想【デク第二の刺客即撃破!単独行動開始】

前回316話では、ついに宿敵オール・フォー・ワンの根城を抑えたデク達。

チームを組んでその洋館へ向かったが、結果は空振り。

もぬけの殻となった洋館で、オール・フォー・ワンからのビデオメッセージを聞いたデク。

そしてメッセージが終わると共に、大爆発が起こった…デク達は果たして無事なのか?

『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』317話のネタバレありの感想とあらすじをお送りする。

今後の作戦を練るヒーローチーム

オール・フォー・ワンの策略により大爆発に襲われたデク達だったが、間一髪で脱出していた。

間一髪 爆破からは逃れたが連合の痕跡は吹き飛んだ

あの洋館には、オール・フォー・ワンがアジトにしているだけあって、もしかすると大切な情報が残っているかもしれなかった。

しかし、洋館ごと爆破されてしまったのでは、痕跡もクソもないだろう…。

作戦会議をするヒーロー達は、「レディ・ナガンから更に情報を搾り取れないか?」と考えるもホークスがそれを否定。

無理っすね セントラル病院をして 「何故これで死んでいないのか」と言わしめる程の重体です

その返答を受け、エッジショットがエンデヴァーに対して聞く。

エンデヴァー そろそろ賭けに出る時じゃないか?

エッジショットの言う「賭け」とは、今ここに居る一部のヒーローだけではなく、現在活動が可能な全ての残存ヒーローに対して「ワン・フォー・オール(デク)」の秘密を共有する。

そうすることで包括的に巨大捜査網を敷くというものだった。

引退表明するヒーロー続々…圧倒的な人手不足

レディ・ナガンの一件も考えれば、今後敵(オール・フォー・ワン)の捜索をする負荷が、よりデクに集中するだろう。

ヒーロー達はそれを懸念している。

警察も眼前の取り締まりに手一杯…目撃情報も依然ゼロ頼みの綱が疲弊し切る前にサポート体制を…

そんな意見を聞いて、エンデヴァーが切り出す。

一昨日 デステゴロが退職したろう

※デステゴロは、ヒロアカ連載初期から描かれていたヒーローの一人で、Mtレディが「先輩」と呼んでいたヒーローのこと。

エンデヴァーの発言を受けて、Mtレディの脳裏にヒーローコスチュームを脱ぎ、引退する際のデステゴロの言葉が蘇る。

ああわーってる 応援も届いてるさ でもな 1の罵声が 10の声援の勝るんだ…こんなの初めてだ

デステゴロは、死柄木との戦いにおいて、超常解放戦線のスパイヒーロー共を率先し縛り上げた気骨のあるヒーローだったはずだ。

続けてベストジーニストも口を開く。

明日誰の糸が切れても不思議じゃない 現に今もコスチュームを脱ぐ者は後を絶たない

今ヒーロー達は、逆境に立たされている。

そんな時代だからこそ、エンデヴァーはOFA(ワン・フォー・オール)の実態が世に暴かれ、「負の連鎖」がデクに集約されてしまうことを恐れているのだ。

現に、マスコミは引退したヒーロー達から情報を得て、少しずつデクに近づいているのだとか。

ここで、Mtレディがもう一度話し始める。

AFO(オール・フォー・ワン)は公表しないのかしら緑谷くんの事… OFA(ワン・フォー・オール)の事…真ッ先にやりそうだけど

確かに、彼の性格を考えれば全てを公表し、混乱を起こす方がやりやすいはずだ。

それをしないということはつまり、オール・フォー・ワンもまた、世にワン・フォー・オールが知れ渡るのを避けたいと思っているのだ。

警察もヒーローも…足りない

そうエンデヴァーはつぶやいた。

師との決別!デク単独行動開始!

その時、エンデヴァーの携帯電話が鳴る。

轟焦凍からの「オイ 電話出ろ」というLINEと、着信履歴が残されていた。

そういえばエンデヴァーと荼毘の問題は解決していないが、今どういう状況になっているのだろう…

轟は、デクとエンデヴァーが行動を共にしていることを知っているのだろうか?

続けて、ホークスの携帯電話が鳴り響く。

電話の相手はオールマイト。

緑谷君第二の刺客と接触…!!後(のち)即 勝利…!!

おいおいマジか、デク強いな(笑)!

ナガンほどではないにしても、相手はオール・フォー・ワンが差し向けてきている刺客なわけで、それなりの手練れではあるはずなのに。

情報は持ってませんでした また爆発するかもしれません 気をつけて

そう言いながら、その場を後にしようとするデク。

待ちなさい!!

心配からか、オールマイトが声をかける。

ご飯食べてないだろ…!!

しかし、デクは耳を貸そうとはしない。

オールマイトはもちろん、自分以外の人間を巻き込むことを必要以上に恐れているデク。

その脳裏には、オール・フォー・ワンから言われた「次は君だ」という言葉と、「このままいけば 言い表せようもない程…凄惨な死を迎える」とオールマイトの死を予言したナイトアイの言葉がフラッシュバックしていた。

僕はもう!反動なしでオールマイト(100%)と同等の動きもできます!だから だから心配しないで

離れていく自分の教え子の背中を見つめながら、オールマイトは考えていた。

でも私は知ってる!君にしか背負えないモノその大きさ…!!「頑張るな」「休んでいい」君に言ってあげなきゃ

自分自身がワン・フォー・オールの継承者だったからこそ、そしてデクのことを誰よりも近くで見てきたからこそ、放っておくわけにはいかないのだろう。

しかし、そんな思いは届くことなくデクは行ってしまい、その場に項垂れるオールマイト…。

そんな様子を影から見ている一人の男。

その正体は、かつてのヒーロー殺し「ステイン」だった。

血塗れのその姿はヒーローとは程遠く––––

時は少し流れ–––。

街に流れるこんな「噂話」があった。

音もなく現れるんだって

色んな”個性”を持ってるって聞いたよ

それって… AFO(オール・フォー・ワン)の能力じゃないの…?

でも助けてくれるらしいよ

間違いなく、デクのことだ。

彼は今も一人で戦い続けているのだろう。

噂じゃ傷だらけの上に血と泥で とてもヒーローには見えないんだって

そんな噂と共に描かれたデクの姿は、確かにヒーローとは程遠く、見ようによっては敵と間違われるくらいにボロボロだった。

彼はこれから、一体どうなってしまうのだろう…。

ヒロアカ317話考察【限界のデクを救うのは誰なのか?】

317話であまりにもボロボロの様子が描かれたデク。

明らかに闇堕ち寸前のような状態だが、もう一度笑顔を取り戻せるのだろうか?

救けるという強い信念が、逆にデクを追い込んでしまっているのだろうが、今のデクは彼自身が思い描いたはずのヒーロー像とはかけ離れていると感じる。

ここまで来てしまうと、一人で乗り越えるのは困難だろう。

では、誰が彼を救ってくれるのか?

<予想>

  • 本命:ステイン
  • 対抗:オールマイト
  • 穴 :かっちゃん
  • 大穴:お茶子

といったところか…。

317話で、デクとオールマイトの決別をステインが見ていたことを考えれば、まぁステインがデクと対峙するというのが妥当な線だろう。

かっちゃんとお茶子は、最近登場していないから活躍を見たいと思って候補に挙げてみた。

次にデクが笑顔を取り戻す時、「緑谷出久 ライジング」というタイトルが付くと予言しておこう!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

315話 316話 317話 318話 319話

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。