呪術廻戦 ネタバレ最新話109話感想【まさかの来訪、伏黒父見参!】

呪術廻戦 ネタバレ最新話109話感想【まさかの来訪、伏黒父見参!】

前回108話では、陀艮(だごん)の猛攻に直毘人と七海が生死不明になった。

残された真希は絶体絶命のピンチに陥ったがタイミングよく伏黒が領域展開を発動し登場。

彼は特級呪具「游雲」を真希に届ける。

今回は伏黒を加えた4人と陀艮の死闘が見どころだ。

『呪術廻戦』最新話109話「渋谷事変㉗」のネタバレありの感想お楽しみあれ!

107話 108話 109話 110話 111話
「呪術廻戦が好き!」という方に朗報です。
今なら電子書籍サービス「U-NEXT」で『呪術廻戦』最新11巻を無料で読むことができます。

単行本は通常460円ですが、U-NEXTなら無料トライアル登録時にでもらえる600ポイントで、1冊無料で読むことができます!

しかも、今すぐ自宅で。

電子書籍で漫画を読んだことがない方も、試しに使ってみて損することはないと思うので、この機会にぜひチェックしてみてください!

無料キャンペーンは今月までかもしれません。

呪術廻戦を無料で♪

U-NEXTで今すぐ読む

『呪術廻戦』最新話109話の感想・あらすじ(ネタバレ)

伏黒の領域展開で陀艮の必中効果を無効化!

突如現れた伏黒に驚き攻撃を仕掛けようとする陀艮だったが、真希がすかさず妨害する。

彼女の一振りを腕で受け止めた陀艮はあまりの威力に耐えきれず吹き飛ばされる。

やはり特級呪具の威力は桁違いのようだ。

武器1つでここまで変わるものなのか!

陀艮は伏黒が領域内に侵入してきてからの違和感に気づく。

この領域内での必中効果が消えている

そう、伏黒が発動している領域展開によって陀艮の領域展開の効力が相殺されているのだ。

絶望的な状況に少し光が指した。

生意気な後輩、伏黒恵は先輩方の死地を救うヒーローになりえるのか。

七海、直毘人健在!

領域展開の最大のメリットが必中効果だ。

それを使えないとなれば陀艮にとって非常に痛い。

それまでは自分の庭で敵を一方的になぶり殺そうと余裕だったのに、伏黒という予期せぬ来客の登場で事態は一変した。

あいつをまず消さなくては。

そう考えた陀艮は伏黒へ術式で生成したお魚の群れを放つ!

領域展開発動で精一杯のように見える伏黒にその攻撃を防ぐことは果たしてできるのか。

食われる、そう思った瞬間だった。

七海が颯爽と現れ伏黒に飛びかかった巨大魚を一刀両断してみせる!!

顔半分が血まみれでひどいことになっている七海。

それでも、

君は私が守ります

領域に集中して下さい

この死地を切り抜ける鍵は伏黒だということを瞬時に判断し死守する決意が感じられる。

七海が無事、陀艮の術式解放に耐えたということは、、、

もちろん、直毘人も健在だった!!

おそらく劇中で最も強いおじいちゃんである直毘人の左拳が陀艮に迫る。

それはなんなくかわされてしまうが、逆サイドから真希が襲いかかる。

2人同時に相手するため両サイドに巨大魚を繰り出す陀艮。

直毘人はなんなくそれを破壊してみせたが、、、

なんと、彼の右腕はごっそり無くなっていた!!

先の1分間に渡る陀艮の術式解放に耐えるため右腕が代償となってしまったのだ。。

両腕でも強いが片腕になってもやっぱりちゃんと強い直毘人じいさん。

両腕のときよりもむしろ迫力が増しているように見える。

きっと爆発的なアドレナリンでハイになっているのだろう。

追い詰められたおじいちゃんほど手強いものはない。

まさかの来訪、伏黒父見参!

七海にこの死地を抜ける作戦を打ち明ける伏黒。

それは、

この結界にわずかでも穴を空ける!!

というものだ。

いま陀艮は伏黒が必中効果を抑えるためだけに領域展開の押し合いをしていると考えている。

しかし、伏黒の考えは違ったのだ。

敵の領域展開内で耐え忍んでいても消耗戦で自分らに勝ち目はない。

ならばどうするか。

一刻も早くこの領域外へ脱出するほかない。

人一人通れるくらいの穴をほんの数秒もたせることはできる

脱出ホールを生成し、現実世界へ舞い戻ろうという作戦だ。

必中効果が怖いだけだ、それがなければ絶対に勝てる。

そういう自信が感じられる。

伏黒の作戦を聞いて自分のすべきことを一瞬で理解した七海は陀艮と交戦中の2人にこう司令を出す。

集合!!

たった2文字、これだけで伝わるのだろうか。

もちろん伝わる、直毘人も真希もこれまでのたくさんの経験を積んできたし、何より七海への厚い信頼がある。

七海の司令の意図を瞬時に理解した2人は伏黒の元へ急ぐ。

伏黒が満を持して最初で最後かもしれない、脱出口を足元へ作る!

これで領域外へ行ける。

そうなればもうこっちのものだ。

誰もがそう思っただろう。

しかし、戦いの神はさらなる試練を彼らに与えた。

伏黒がこじ開けた穴からニョキッと何者かが両手を広げて入ってきたのだ。

一体誰なんだ??

突如現れたそいつはなんと、伏黒の父、伏黒甚爾(ふしぐろ とうじ)だった!

とんだ番狂わせだ!!

vs 陀艮戦混沌極まれり。

 

次回の呪術廻戦もますます目が離せない!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

107話 108話 109話 110話 111話