呪術廻戦 ネタバレ最新話110話感想【鬼に金棒、特級呪具を手にした甚爾】

呪術廻戦 ネタバレ最新話110話感想【鬼に金棒、特級呪具を手にした甚爾】

前回109話では、陀艮(だごん)の領域に伏黒が脱出用の穴を開けた。

今回はその穴から侵入してきた伏黒父と陀艮の戦闘が見どころだ。

『呪術廻戦』最新話110話「渋谷事変㉘」のネタバレありの感想お楽しみあれ!

108話 109話 110話 111話 112話
呪術廻戦ファンのあなたへ

『呪術廻戦』の最新刊12巻はもう読みましたか?

見どころは次の3つです!

  • 伊地知がやられて怒り心頭の七海が1級術師の実力を見せつける!
  • 特定疾病呪霊 疱瘡神の術式の前に冥冥大ピンチ!?
  • 脹相、弟の敵・虎杖と激闘開始!

集中して漫画を楽しむには単行本がうってつけです。

『呪術廻戦12巻』は通常460円。

でも、「U-NEXT」なら、無料トライアル登録時にもらえる600ポイントを使って1冊無料で読むことができます!

「登録が面倒」と思うかもしれませんが、実際に登録にかかった時間はたったの2分でした。

本屋さんに行ったりネットショップで買うよりずっと早く読めますよね?

キャンペーンは今月までの「期間限定」かもしれないので、ぜひこのチャンスを活かして『呪術廻戦12巻』を1冊通して楽しんでください!

呪術廻戦を無料で♪いつでも解約可!

U-NEXTで今すぐ読む

『呪術廻戦』最新話110話の感想・あらすじ(ネタバレ)

鬼に金棒、特級呪具を手にした甚爾

伏黒甚爾(ふしぐろ とうじ)推参!!

一体こいつは誰なんだ??

真希たちが全員驚いているのもつかの間、甚爾が彼女の呪具をガッと掴む!

速!!?今空中にいたろ!!

目にも留まらぬ速さを見せつける甚爾。

そして、赤子の手をひねるがごとく真希から力づくで游雲を奪ってみせるのだ!

恐るべき甚爾の馬鹿力!

純粋な力勝負で負けたことにかなり衝撃を受けている様子の真希だった。

その表情は悔しさというよりも、自分と同じ分野の圧倒的な強者に出会って鳥肌が立っているそれだった。

 

特級呪具を手に入れたら、真希たちには目もくれず、陀艮に真っ直ぐ向かっていく甚爾。

そばを通り過ぎるとき、やっと謎の男の存在が伏黒甚爾だということに気づいた直毘人(なおびと)。

顔面を眺めるもそこからはどす黒い殺意のみがドバっと溢れたように感じられゾクッと寒気がしてしまうほどだ。

良くか悪くか、様々なイレギュラーが重なったことで、彼の魂を復活させた降霊術の暴走が起きていた。

今の彼は、

器が壊れるまで本能のまま戦い続ける

殺戮人形と化した!!

そして、彼の本能は強者の魂に吸い寄せられる。

この領域内でいま最も強い、陀艮の眼前へと迫った甚爾。

呪力がない彼を軽く見た陀艮は油断して一匹だけ魚を放つ。

しかし次の瞬間、放った式神もろとも重い一撃をドパァンとくらい吐血する陀艮!!

甚爾の攻撃が速すぎて避けるアクションすらとれないで殴られたのだった!!

止まらない、加速し続ける甚爾のスピード

甚爾のあまりのパワーとスピードに驚愕した陀艮は小手調べしてる場合じゃない、と気付き次から次へとお魚の群れを放つ!

しかし、甚爾は楽しそうな表情でグチャグチャと武器を振り回し一網打尽にしてしまう!

止まらない、止められない、甚爾のスピードはどんどん加速していく!

硬度も攻撃力も今までの式神とは違うぞ!!

と、2体の超巨大生物を繰り出す陀艮!

それも難なく破壊してみせる甚爾!

この男、どうやったら止まってくれるんだ?

 

游雲は使い手の実力が高ければ高いほどその威力が増す呪具だ。

自分が使っていても陀艮に傷1つつけられなかった事実を甚爾の戦闘を見ながら噛みしめる真希。

その瞳は真剣そのものだ。

自分がこれから高みを目指す上で参考にすべきものを一瞬たりとも見逃さず目に焼き付けておきたい、そんな思いが真希の目から感じられた。

この戦いを機に、彼女には大成長を遂げて欲しい!

直毘人、甚爾へのナイスサポート!

游雲同士を耳が塞ぎたくなるほどの激しさでぶつけ合い、先端を尖らせた甚爾。

トドメの準備をしているのだろうか。

一方、陀艮は体の至る所から血を出しかなりダメージを負っている様子だ。

甚爾が乱入してくるまでは悠々自適に余裕ぶっていたが、今ではこんなに弱気になっている。

負けるのか?

私が……?呪力のない人間に!?

勝つか負けるのかの戦いにおいて、この精神状態になってしまってはもはや勝ち目はない。

だが陀艮はまだ諦めていなかった。

伏黒の領域展開がそろそろ限界と感じて、時間稼ぎをしようと空へ飛んで逃げようとするのだ!

忘れかけていたがここは陀艮の領域展開内なのだ、必中効果さえ使えるようになれば勝てると高をくくっているのだ。

しかし考えなしに飛んだのはミステイクである。

陀艮の思考を完全に先読みした直毘人が待っていた!!

滞空できるんだもんなぁ

もう一度言おうか?

直毘人が陀艮をピタッと足止めしているところへすかさず向かってくる甚爾!

研いで鋭くした游雲を陀艮の頭にドシュっと突き刺す!!

さあて、これで第4の特級呪霊撃破となるのか!

 

次回の呪術廻戦もますます目が離せない!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

108話 109話 110話 111話 112話