呪術廻戦 ネタバレ最新話112話感想【宿儺、漏瑚に渋谷大量虐殺のチャンスを与える】

呪術廻戦 ネタバレ最新話112話感想【宿儺、漏瑚に渋谷大量虐殺のチャンスを与える】

前回111話では、陀艮(だごん)の死に際に駆けつけた漏瑚によって直毘人らが一瞬で打ち負かされた。

その後、意識がない虎杖の元へ到着した漏瑚は懐から宿儺の指10本を取り出し悪神復活を行おうとする。

今回は目覚めた宿儺の圧巻の戦闘が見どころとなる。。

『呪術廻戦』最新話112話「渋谷事変㉚」のネタバレありの感想お楽しみあれ!

110話 111話 112話 113話 114話
「呪術廻戦が好き!」という方に朗報です。
今なら電子書籍サービス「U-NEXT」で『呪術廻戦』最新11巻を無料で読むことができます。

単行本は通常460円ですが、U-NEXTなら無料トライアル登録時にでもらえる600ポイントで、1冊無料で読むことができます!

しかも、今すぐ自宅で。

電子書籍で漫画を読んだことがない方も、試しに使ってみて損することはないと思うので、この機会にぜひチェックしてみてください!

無料キャンペーンは今月までかもしれません。

呪術廻戦を無料で♪

U-NEXTで今すぐ読む

『呪術廻戦』最新話112話の感想・あらすじ(ネタバレ)

「どけ」目覚めの一言で漏瑚を震え上がらせる宿儺

さっそく、手持ちの宿儺の指10本を虎杖に飲み込ませた漏瑚!

これで虎杖が取り込んだ指の数は計15本となった。

これまで一度に5本以上飲み込むことはなかったため、一体どうなってしまうのか。。

と、ここで火炎攻撃で抹殺したはずの美々子&菜々子ペアがムクッと復活!

どうやら発動していた術式で漏瑚の攻撃をかろうじて防いだようだ。

どういった術式なのかは明かされない、真相は作者のみぞ知る。

宿儺に集中したい漏瑚は彼女らを今度こそ消そうと左手を向けるも、、、

手間をかけさせるな

ついに目覚めた宿儺により肘から下を切断されてしまう!!

突然の出来事にさすがの漏瑚も目を丸くして驚く。

続けて宿儺は殺意むき出しでこう言う。

1秒やる

どけ

怖い怖い!!宿儺、めちゃくちゃ恐ろしい!

絶対的強者のたった2文字がこんなにも寒気がするとは!

もちろん、「どかなきゃ瞬殺される」と悟った漏瑚はサササッと距離を取る。

かつて現代最強の術師・五条悟と一戦交えた漏瑚は宿儺の強さをこう評する。

五条悟とは異質の強さ!!

圧倒的邪悪!!

額にじっとり冷や汗をかいていることからも彼の恐怖がビシビシ伝わってくる。

漏瑚よりも遥かに格下の美々子&菜々子ペアの心の声はもっと生々しい。

息していいんだよね!?

殺されないよね!?

無意識で呼吸を止めてしまうほど、「機嫌を少しでも損ねたら即死刑!」と感じる宿儺の強さはやはり悪の王にふさわしいそれである。

宿儺の飛ぶ斬撃が漏瑚の頭をかすめる!

前髪を触りながら一呼吸分、漏瑚らを眺めた宿儺はあることに気づき、また腹を立てる。

頭が高いな

そう、下々民は王の前で頭を垂れるべきなのである!

宿儺の言葉に体が勝手に反応してザッ!と地面に伏せる美々子・菜々子ペア。

一方漏瑚は、片膝の態勢へ。

それが甘かった。

言葉と同時に宿儺が放った斬撃が漏瑚の頭のてっぺんを綺麗にスライス!

頭を斬られたことでドプドプ流血する漏瑚は恐怖でその場に固まってしまう。

もし、あとコンマ数秒反応が遅れていたら、直毘人らをいとも簡単に片付けた強キャラであるはずの漏瑚がたった1撃でお陀仏するところだったことに鳥肌が止まらなくなる1シーンだった。

菜々子「夏油様を解放して下さい」

察しがいい宿儺は美々子・菜々子ペアに話すことを許可する。

俺に何か話があるのだろう

指一本分くらいは聞いてやる

言ってみろ

かつて心の底から好いていた主・夏油傑。

彼は乙骨憂太との戦いで息も絶え絶えになっていたところを五条悟にトドメを刺されあの世へ旅立った。

それからというもの、自分の大好きだった夏油を殺した五条悟は彼女らにとって最も憎むべき存在だった。

それでもどこかで彼女らは、それはそれで良かったんだ、と納得していた。

だって五条悟は夏油様のたった一人の親友だから

親友に殺されるなら本望だろう。

しかしそんな大事な夏油の体をいま乗っ取って、好き勝手暴れている男がいる。

そいつは死んでも絶対に許さない。

だから彼女らは宿儺に思いのたけを告げる。

そいつを殺して下さい

夏油様を解放して下さい

恐怖からではなく、本当に主を思う気持ちから出る土下座だった。

さて、この切なる願い、果たして宿儺は聞き入れるのか!

 

面を上げろ

そう言いながら笑みを浮かべる宿儺。

やった!彼女らの真剣な思いが伝わったんだ!

そう思った矢先だった。

えぁ?

美々子が死んだ。

一瞬で、見る影もないくらいグシャグシャに切り刻まされたのだ!

美々子の首が飛び散るこの1コマ、あまりにもグロテスクで正直少し胃の中のものが出てきそうになったほどだ。

指を1本差し出しくらいで自分に指図してきたことが宿儺の機嫌を損ねた結果だった。

お陀仏、美々子。

唯一無二の相棒を無残に殺され正気を保っていられなくなった菜々子は

すくっなああ゛

死ね!!

と、宿儺に反撃を試みるも

キンッ

これまた即死。

顔面の真ん中から切断され、最後は跡形もなく消されてしまうのであった。

お陀仏、菜々子。

宿儺、漏瑚に渋谷大量虐殺のチャンスを与える

雑魚2人を片付けた宿儺が次に迫るのは漏瑚だ。

何の用だ

そう聞かれた漏瑚は、宿儺完全復活に対する助言を授ける。

虎杖悠仁が戻る前に奴との間に”縛り”を作れ!!

肉体の主導権を永劫得るための”縛り”を!!

こう自信満々に言い放つ漏瑚だったが、、、

宿儺からは意外な返答が返ってくる!

必要ない

必要ないってどういうこと!?

虎杖の自我が戻ってきたら、自身はまた殻にこもらなければならなくなるというに。

どうやら彼には彼なりの策があるらしい!

しかし、なんとかして自分を復活させようと躍起になっている漏瑚のことを鑑みて、宿儺はこんなボーナスステージを用意する。

俺に一撃でも入れられたら呪霊の下についてやる

おっとっと!

これはあれだ、万に1つも可能性はないと分かっていながら挑戦させる強者の娯楽だ笑

やはり王は戯れがお好きなようだ。

それで気になる褒美はというと、

渋谷の人間を皆殺しにしてやろう

一人を除いてな

皆殺し宣言来ました!!

もちろん、男 漏瑚は受けて立つ。

……二言はないな

ついさっきまでダラダラと冷や汗を流していた男とは思えないほどシュッと覚悟を決めた表情をしていて驚いた。

宿儺 vs 漏瑚が開戦!!

「一人を除いて」の一人とは一体誰なのかにも注目したい!

全く勝ち筋が見えない漏瑚だが、何か秘策があるのかも非常に楽しみだ!

 

アニメ放送に向けて、ますます盛り上がりを見せる呪術廻戦。

来週も目が離せない!!!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

 

110話 111話 112話 113話 114話