呪術廻戦 ネタバレ最新話114話感想【絶対に副都心線B5Fには行きたくない日下部】

呪術廻戦 ネタバレ最新話114話感想【絶対に副都心線B5Fには行きたくない日下部】

前回113話では、伏黒恵、甚爾の親子対決が勃発。

渾身の作戦も失敗に終わりもはや打つ手なしとなった恵だったが、突如正気を取り戻した甚爾が自害するという結末に落ち着いた。

今回は夏油傑の遺志を継ぐ者たちと日下部・パンダの遭遇が見どころとなる。

『呪術廻戦』最新話114話「渋谷事変㉜」のネタバレありの感想をお送りする。

112話 113話 114話 115話 116話
呪術廻戦ファンのあなたへ

『呪術廻戦』の最新刊13巻はもう読みましたか?

見どころは次の3つです!

  • 特級呪霊 陀艮、領域展開発動!直毘人、絶体絶命のピンチ!
  • 漏瑚馳せ参じ、格の違いを見せつける!
  • 「どけ」目覚めの一言で漏瑚を震え上がらせる宿儺!

集中して漫画を楽しむには単行本がうってつけです。

『呪術廻戦13巻』は通常460円。

でも、「U-NEXT」なら、無料トライアル登録時にもらえる600ポイントを使って1冊無料で読むことができます!

「登録が面倒」と思うかもしれませんが、実際に登録にかかった時間はたったの2分でした。

本屋さんに行ったりネットショップで買うよりずっと早く読めますよね?

キャンペーンは今月までの「期間限定」かもしれないので、ぜひこのチャンスを活かして『呪術廻戦13巻』を1冊通して楽しんでください!

呪術廻戦を無料で♪いつでも解約可!

U-NEXTで今すぐ読む

『呪術廻戦』最新話114話の感想・あらすじ(ネタバレ)

伏黒恵、背後から斬りつけられ気絶

絶体絶命のピンチが甚爾の意外な自害によって去って一安心の恵。

肉を切らせて骨を断つ作戦で負った傷がズキッと痛む。

治療のため、首都高速3号渋谷線渋谷料金所で待機する家入硝子のもとへ向かおうとその場を後にするも、突然何者かによって背後から斬りつけられてしまう。

こーいうのが向いてんのよ!!

七海にボコボコにされていた好戦的な彼の仕業である。

満身創痍の上、さらに血を流した恵はその場に倒れ込む。

絶対に副都心線B5Fには行きたくない日下部

一方そのころ、渋谷ストリーム前ではパンダと日下部がうろうろしていた。

五条悟が封印されている副都心線のB5Fに今すぐ行きたいパンダと、絶対そこには行きたくない日下部。

このままダラダラと時間を潰していたい

何故なら死にたくないから!!

日下部は分かっているのだ、最強の術師・五条悟を封印せしめた連中に自分が敵いっこないことを。

だから適当な言い訳をつけて時間稼ぎをしているのだ。

パンダには渋谷の土地勘がない。

それも日下部にとっては好都合だった。

なぜならパンダの目的地・副都心線B5Fは渋谷ストリームから一瞬で行ける距離にあるから。

土地勘がないパンダはそれを知らない。

だから日下部も道に迷っているふりをして道草を食っているのだ。

しかし暇つぶしの時間は唐突に終わりを告げる。

高専の術士だな

投降しろ

出来れば術士は殺したくない

夏油傑一派の男女ペア(名前は不明)が登場。

敵が現れても日下部の時間稼ぎをしたいスタイルは変わらない。

話を聞かせてくれ

長〜いやつを

しかし敵は日下部の期待を遥かに下回る長さの言葉で終わらせる。

私達は夏油様の遺志を継ぐ者

日下部どんまい!

偽物に協力するか否かで口論になる夏油一派

ここで夏油傑一派の回想シーンへ移る。

偽物の夏油傑に協力するか否かで言い争いになっていた。

偽物の夏油様の作戦が成功し五条悟が封印されれば呪霊が大暴れし始め、力のない非術師は虐殺される。

非術師がいない術師だけの世界、それが夏油傑の生前目指していた世界だ。

遺志を継ぐことを第一に考えている大人な男女ペアは夏油様の肉体がどう扱われていようと関係ないと言う。

一方、夏油の体を取り戻したい、美々子・菜々子ペアはこの話が納得できないでイライラしていた。

そこへこの一言。

いい加減大人になりなさい 菜々子

ブチッ。

堪忍袋の緒が切れた菜々子はかつての仲間に攻撃を繰り出そうと動く。

一触即発。

しかし、上半身の裸の戦士・ラルゥが一喝して場を収める。

えぇいっっ!!!!

双方収めなさい

傑ちゃんが一番望んでいないのは私達が傷つけ合うことよ

最も大人だったのはラルゥであったのだ。

夏油の体を取り戻したい思うのも、夏油の遺志を継いで新しい世界を作りたいと思うのもどちらも決して間違いではない。

自分が信じた道を好きなように歩めばそれでいいじゃないか。

ラルゥのそのメッセージでなんとか事なきを得る。

しかし、美々子・菜々子なき今、ラルゥの最後のこの言葉がもう実現できないと思うと悲しい。

私達は家族

いつかまたどこかで一緒にご飯を食べるのよ

宿儺、漏瑚を圧倒する!

時間稼ぎには失敗した日下部だったが、相手のレベルを推し量り戦うことを決意する。

このレベルのが仕切ってる集団だろ?

旨すぎる

時間いっぱい適当にいなして

特級呪霊の相手はせずのらりくらりといこう

愛刀の鞘を左でがっしり掴み、シン・陰流 居合「夕月」の準備をして相手の出方を伺う日下部。

交戦の意思を示した日下部に投降をすすめるのはやめ、攻撃を繰り出そうとする敵。

しかし、戦闘開始直前、敵の後方のビルがピカッと光ったかと思えば、次の瞬間大爆発が発生。

中から現れたのは渋谷の命運がかかった一騎打ちをしている宿儺と漏瑚。

どうやら吹き飛ばした漏瑚を追って宿儺が飛び出してきたようだ。

やられているのはもちろん、漏瑚だ。

吐血し白目をむいている。

そんなものか!?呪霊!!!

宿儺がゲラゲラ笑いながら言い放つ。

漏瑚が一撃でも宿儺に食らわせられたら、呪霊の下について渋谷にいる人間を全員抹殺するというのがこのゲームの内容だ。

漏瑚にはもう少し頑張って白熱した戦闘を見せてもらいたいものだが、渋谷が血の海になるのは避けたい、よってやられてしまってよい!!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

112話 113話 114話 115話 116話