呪術廻戦 ネタバレ最新話120話感想【生きていた七海、立ちふさがる真人】

呪術廻戦 ネタバレ最新話120話感想【生きていた七海、立ちふさがる真人】

前回119話では、宿儺の領域展開「伏魔御厨子」の詳細と斬撃の種類がついに明らかになった!

「解」と「捌」の2種類が宿儺の斬撃で、術式範囲内にいる呪力を帯びた生物には「捌」を、無生物には「解」を浴びせ続けるというのが伏魔御厨子の力だ。

ゲリラ豪雨のごとく「捌」を食らった最強の式神・魔虚羅は適応できず絶命。

サイドテールの呪詛師(重面春太)も「奇跡を貯める」術式を発動できず犠牲となった。

今回は意識を取り戻した虎杖の次なる行動が見どころとなる。

『呪術廻戦』最新話120話「渋谷事変㊳」のネタバレありの感想とあらすじをお送りする。

118話 119話 120話 121話 122話
呪術廻戦ファンのあなたへ

『呪術廻戦』の最新刊12巻はもう読みましたか?

見どころは次の3つです!

  • 伊地知がやられて怒り心頭の七海が1級術師の実力を見せつける!
  • 特定疾病呪霊 疱瘡神の術式の前に冥冥大ピンチ!?
  • 脹相、弟の敵・虎杖と激闘開始!

集中して漫画を楽しむには単行本がうってつけです。

『呪術廻戦12巻』は通常460円。

でも、「U-NEXT」なら、無料トライアル登録時にもらえる600ポイントを使って1冊無料で読むことができます!

「登録が面倒」と思うかもしれませんが、実際に登録にかかった時間はたったの2分でした。

本屋さんに行ったりネットショップで買うよりずっと早く読めますよね?

キャンペーンは今月までの「期間限定」かもしれないので、ぜひこのチャンスを活かして『呪術廻戦12巻』を1冊通して楽しんでください!

呪術廻戦を無料で♪いつでも解約可!

U-NEXTで今すぐ読む

『呪術廻戦』最新話120話の感想・あらすじ(ネタバレ)

意識を取り戻した虎杖の脳内に流れる罪の数々

場所は渋谷道玄坂109前、虎杖が意識を取り戻すところから物語は始まる。

意識を手放す前、捨て台詞を吐く宿儺。

小僧 せいぜい噛み締めろ

意識を取り戻した虎杖の眼前に広がっていたのは、100m以上先まで更地となった渋谷の街。

絶命してうつ伏せで倒れる重面春太の亡骸。

そして脳内に流れるのは、伏魔御厨子で無差別に殺された一般人の苦痛な叫びや双子の姉妹(美々子・菜々子)の凄惨な死に際、仲間のパンダ・日下部らの命を弄んだ行為。

宿儺がやったとは言え、自分の体が犯した罪に耐えきれず、その場で思わず嘔吐する虎杖であった。

そんな虎杖の目からは大粒の涙がボロボロ流れ、こう叫びながら顔を掻きむしる。

自分だけ!!自分だけぇ!!
死ね!!今!!

普通の人ならここで罪悪感に押し潰され、動けなくなるだろう。

しかし虎杖は立ち上がる。

オマエは強いから人を助けろ

亡き祖父の遺言を胸に仲間の元へ急ぐ。

生きていた七海、立ちふさがる真人

場所は渋谷駅地下通路に移り、そこを1人黙々と歩く男の姿が…

上半身の半分が焼け焦げ、今にも死にそうなその男は七海健人だ。

漏瑚の炎攻撃で生死不明となっていたが、どうやら一命は取り留めていたようで安心した。

無言で駅構内を進む七海の前に立ちはだかる真人お手製の改造人間たち。

その数ざっと15。

自らの死期を悟ったのか、深呼吸した七海はこう思う。

なんでもない海辺に家を建てよう
買うだけ買って手をつけていない本が山程ある

この戦いが終わって無事生き延びることができた暁には、七海はマレーシアのクァンタンで上記の夢を叶えるつもりのようだ。

だがその夢が叶うことはない。

改造人間たちを一瞬で屠った七海の前に、証明写真の機械の中に隠れていた真人がその姿を現す。

七海の最期に駆けつける虎杖、再び真人と対峙する!

七海の胸に右手をあてる真人。

……いたんですか

そこまで驚いた様子でもない七海。

彼には恐らく、反撃する力はもはや残されていない。

ナナミン!!

そこへ駆けつける虎杖。

これが七海の最期の言葉になる。

虎杖君 後は頼みます

真人により木っ端微塵にされた七海をその目で確認し激怒する虎杖と宿敵・真人の呪い合いがいま始まる!

 

1級術師七海健人がまさかのここでリタイアというショッキングすぎる出来事で幕を閉じた『呪術廻戦』120話。

仲間を救うため罪悪感に抗い、立ち上がった虎杖は恩師を助けることは叶わなかった。

溢れんばかりの憎しみを胸に因縁の敵・真人に虎杖が立ち向かう『呪術廻戦』の次回121話も楽しみだ!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

118話 119話 120話 121話 122話