呪術廻戦 ネタバレ最新話121話感想【虎杖、膝抜きからの卍蹴りをお見舞いする!】

呪術廻戦 ネタバレ最新話121話感想【虎杖、膝抜きからの卍蹴りをお見舞いする!】

前回120話では、意識を取り戻した虎杖が宿儺が犯した罪の数々に自分を責め嗚咽するも、戦うために再び立ち上がった!

上半身半分が焼け焦げた状態で生きていた七海は改造人間を鏖殺。

しかし、満身創痍の七海の前に真人が立ちふさがった!

虎杖に後を託し、真人に殺害された七海。

七海の仇・真人を祓い、虎杖は因縁の対決に決着をつけることが果たしてできるのか?

『呪術廻戦』最新話121話「渋谷事変㊴」のネタバレありの感想とあらすじをお送りする。

119話 120話 121話 122話 123話
呪術廻戦ファンのあなたへ

『呪術廻戦』の最新刊12巻はもう読みましたか?

見どころは次の3つです!

  • 伊地知がやられて怒り心頭の七海が1級術師の実力を見せつける!
  • 特定疾病呪霊 疱瘡神の術式の前に冥冥大ピンチ!?
  • 脹相、弟の敵・虎杖と激闘開始!

集中して漫画を楽しむには単行本がうってつけです。

『呪術廻戦12巻』は通常460円。

でも、「U-NEXT」なら、無料トライアル登録時にもらえる600ポイントを使って1冊無料で読むことができます!

「登録が面倒」と思うかもしれませんが、実際に登録にかかった時間はたったの2分でした。

本屋さんに行ったりネットショップで買うよりずっと早く読めますよね?

キャンペーンは今月までの「期間限定」かもしれないので、ぜひこのチャンスを活かして『呪術廻戦12巻』を1冊通して楽しんでください!

呪術廻戦を無料で♪いつでも解約可!

U-NEXTで今すぐ読む

『呪術廻戦』最新話121話の感想・あらすじ(ネタバレ)

真人の多重魂撥体が炸裂!

真人が小型改造人間を虎杖に向け放つところから物語は始まる。

虎杖はそれをなんなくかわし、反撃しようとするも、真人に背後をとられてしまう。

ギョリギョリギョリギョリ

真人の手の上で擦り合わされた2つの魂はそんな音を立てながら融合し、顔が虎杖の身長ほどある化け物になって襲いかかる。

「多重魂撥体」という真人の合わせ技だ。

「多重魂」で2つ以上の魂を融合させ、それにより生じた拒絶反応を利用し魂の質量を爆発的に高めて放つのが「撥体」である。

虎杖は両手でなんとかその化け物を受け止めるも、

ばぁ

口の中から真人が現れ顔面パンチをもろに食らってしまう。

七海の遺言が虎杖を冷静にさせる

顔面を殴られ額から血を流す虎杖がこう尋ねる。

どうしてオマエは何度も…何人も!!
人の命を玩ぶことができるんだ…!!

虎杖はこれまで幾度となく真人の無為転変で死んでいった罪なき人達を目にしてきた。

呪術高専以外で友だちになった吉野順平は改造のショックで息絶え、尊敬する先輩術師の七海も殺された。

指折り数えて困り顔で殺せば満足か?
次からそうするね♡

と返す真人に罪悪感なんてものは存在しない。

続けて真人は、「オマエは俺だ」などとよく分からないことを言い虎杖をキレさせ、こう言い放つ。

そいつを認めない限りオマエは俺に勝てないよ

それに対し虎杖は苛立ちからか、宿儺のような憎しみに満ちた表情でこう返す。

よく喋るな 遺言か?

しかし、今は亡き七海の遺言を胸に怒りの感情を抑え、冷静に集中力を高める虎杖は目をカッと見開き攻撃の構えに入った。

虎杖、膝抜きからの卍蹴りをお見舞いする!

真人は自身の魂をいじり肉体の形を変えて攻撃を繰り出すことができる。

これまで虎杖と対峙したときも様々な形に変形して戦ってきた。

真人=変形して攻撃してくるというイメージが植え付けられた虎杖の裏をかくため、真人は変形をせず、原型のまま呪力強化を行い、最高強度の拳で虎杖の心臓を貫くつもりだ。

至近距離で拳を構えてにらみ合う2人。

真人が拳を突き出すも、空を切る。

虎杖は予備動作を消す技術「膝抜き」で滑らかに地面スレスレまで姿勢を低くして真人の攻撃をかわし、カウンターで「卍蹴り」を真人の顔面にヒットさせる!

追い打ちをかけるようにみぞおちにもう1発蹴りをお見舞いする虎杖!

2連撃が決まったところで今回は終了。

 

虎杖が「卍蹴り」を見事ヒットさせvs真人第1ラウンドが終了した『呪術廻戦』121話。

次回はラウンド2が開戦。

虎杖は真人を祓えるだけのなにか秘策は持っているのか。

両面宿儺に弄ばされたパンダや日下部たちは無事なのか。

アニメ放送間近でますます盛り上がる『呪術廻戦』の次回122話も楽しみだ!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

119話 120話 121話 122話 123話