呪術廻戦 ネタバレ最新話126話感想【追い詰められた虎杖。駆け付けたのは心強いブラザー!】

呪術廻戦 ネタバレ最新話126話感想【追い詰められた虎杖。駆け付けたのは心強いブラザー!】

前回125話では、釘崎の回想シーンから始まった。

自分の生まれ育った村を嫌っていた釘崎だったが、それはありがちともいえる村の性質にあった。

自分たちとは異なる他者を認めず、彼らを排除しようとする、そんな村に釘崎は息苦しさを感じ、嫌気がさしていたのだ。

そんな村の中で釘崎が見つけた2人の親友。

しかし、親友との再会の約束も今や果たせないと悟り、

ゴメンね ふみ

約束守れなくて

この言葉を残して倒れていった釘崎。

残されたのは茫然自失の虎杖と、狂気に笑う釘崎を倒した張本人真人。

一体この後、真人との戦闘はどうなっていくのか?

そして、仲間を立て続けに失った虎杖はどうなってしまうのか。

『呪術廻戦』最新話126話のネタバレありの感想とあらすじをお送りする。

124話 125話 126話 127話 128話
呪術廻戦ファンのあなたへ

『呪術廻戦』の最新刊13巻はもう読みましたか?

見どころは次の3つです!

  • 特級呪霊 陀艮、領域展開発動!直毘人、絶体絶命のピンチ!
  • 漏瑚馳せ参じ、格の違いを見せつける!
  • 「どけ」目覚めの一言で漏瑚を震え上がらせる宿儺!

集中して漫画を楽しむには単行本がうってつけです。

『呪術廻戦13巻』は通常460円。

でも、「U-NEXT」なら、無料トライアル登録時にもらえる600ポイントを使って1冊無料で読むことができます!

「登録が面倒」と思うかもしれませんが、実際に登録にかかった時間はたったの2分でした。

本屋さんに行ったりネットショップで買うよりずっと早く読めますよね?

キャンペーンは今月までの「期間限定」かもしれないので、ぜひこのチャンスを活かして『呪術廻戦13巻』を1冊通して楽しんでください!

呪術廻戦を無料で♪いつでも解約可!

U-NEXTで今すぐ読む

『呪術廻戦』最新話126話の感想・あらすじ(ネタバレ)

呪術高専で過ごした3人の何気ない日常。しかしそれももう……

本話は、虎杖の回想シーンからスタートする。

呪術高専でまったりコーヒータイムを楽しんでいた虎杖、釘崎、伏黒の3人。

しかし、そんな時、大事件が勃発してしまう。

あーあ やっちまったな釘崎

これ五条先生のだろ?

なんと釘崎がクリーニングを頼まれていた五条先生のシャツにコーヒーをぶちまけてしまったのだ。

しかし当の釘崎は悪びれもせず、クリーニング済みのシャツを自分たちに任せた伊地知さんに罪を擦り付けようとする。

かわいそうな伊地知さんと、なんとも良い性格をしている釘崎。

当然そんな言い分が許されるわけもなく、3人でシャツの染み抜きを始めた。

釘崎がこぼしたにもかかわらず手伝ってあげる男子2人にはほっこりするが、釘崎に逆らえなかった可能性もなきにしもあらずといったところか。

頑張って染み抜きをしたが結果は、

「マリメッコ」に見えなくもないわね

という悲惨な結果。

それでもどうせ安物だろうと高を括る釘崎だが、値段はなんと驚きの25万円。

しかも税抜き。

仕方がない 私が9万出すわ…

2人は8万ずつ…

と、ようやく弁償しようとする釘崎だが、それでも2人に折半をナチュラルに要求しているところがまた面白い。

さて、そんなところに帰ってきたのは何も知らない五条先生。

おっはー 伊地知から僕のシャツ預かって…

どうしたの恵

とっさの判断でシャツを隠したのは伏黒の学ランの中。

もっこり膨らんで伏黒がまるで巨乳みたいになっている。

むかついた様子の伏黒と、それを大笑いする虎杖と釘崎。

なんてことのない、日々の日常。

だがそんな日常すら、もう元には戻らない。

倒れた釘崎を前にし、失意の虎杖。しかしそこに容赦ない真人の攻撃が…!!

虎杖の目の前に横たわるのは、無残に顔面を破壊された釘崎の姿。

釘崎…

だっ…だめだ… 釘崎!!

脹相戦の敗北、宿儺による大量殺人、七海健人の死など、ここに来るまでに虎杖は再起不能になるほどの大きな心の傷を負っていた

そんな虎杖の心を救ってくれたのが、救援に駆け付け、仲間がいると教えてくれた釘崎だった。

しかし、虎杖を救ってくれた釘崎すら、今目の前で無残にやられている。

虎杖の心は遂に限界を超え、折れてしまったのだ。

しかし、そんな虎杖に躊躇なく攻撃を加えようとするのは真人。

ゾクゾクする!! 自分の才能に!!

あぁ俺って…!! 俺こそが!! 「呪い」だ!!!

無慈悲な黒い光、「黒閃」が虎杖の体を貫く!

真人の「呪い」としての存在意義、そして渋谷事変の行く末は…?

微笑む相手を選ばない黒い火花、「黒閃」は虎杖にクリーンヒット。

その後も追撃を続ける真人は、同時に虎杖に語気を強める。

甘ぇんだよ クソガキが!!

これはな 戦争なんだよ!!間違いを正す戦いじゃねぇ!!

正しさの押し付け合いさ!!ペラッペラの正義のな!!

失意で反撃する意思も失った虎杖をなぶりながら真人は自分の考えを語る。

自分勝手な言い分だが、ある意味真人の言葉も間違ってはいない。

その後も真人はこう続ける。

オマエは俺だ 虎杖悠二!!

俺が何も考えずに人を殺すように

オマエも何も考えずに人を助ける!!

真人が突きつけるのは、自分たち「呪い」とそれを祓う虎杖の根本的な同一性だ。

「呪い」の本能と、人間が理性によって獲得した尊厳。

どちらの「正義」こそが100年後に残るのにふさわしいのかを決める戦争なのだ。

そして真人は最後に最も核心にせまる言葉を虎杖に告げる。

なぁ 虎杖悠二

殺した呪いを数えたことはあるか?

本能のままに人間を殺す「呪い」と、人間を助けるために「呪い」を殺す呪術師。

そこに差異など存在せず、どちらも薄っぺらい正義でしかないと。

ないよな 俺も俺も♡

殺した人間の数とかマジでどーでもいいもん

真人はただ本能のままに、快楽のままに人間を殺す、そこに意味など求めていないのだ。

そして遂に追い詰められた虎杖にとどめを刺そうとする真人。

もはや万事休すか……?

追い詰められた虎杖。窮地に駆け付けたのは心強いブラザー!

壁際まで追い詰められ、もはや立ち上がる気力すら残っていない虎杖。

そこに迫るは真人の無慈悲な命を刈り取る一撃…!

が、攻撃が当たるその一瞬、虎杖の身体が消えた!

沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理を表す

ただし!! 俺達を除いてな

否、消えたのではない。

入れ替わったのだ!

そして響き渡る自信に満ちた声。

もはや間違えようもない、虎杖の超親友・東堂が友のピンチに駆け付けたのだ。

真人は突然の援軍に一瞬動揺するが、東堂の顔面の傷、位置入れ替えという術という特徴から花御を追い込んだ術師だとすぐさま分析。

さすがに敵として侮れないが、こちらに駆け付けたのは他でもない東堂だ!

心も身体も満身創痍の虎杖に、友として強く呼びかける!

起きろ虎杖!!

俺たちの戦いはこれからだ!!

なんともフラグ感満載の決め台詞を東堂がぶちかましたところで今回は閉幕。

 

虎杖の回想から始まった本話は見所が盛沢山だった。

何気ないが幸せだった日常、もう戻らない日常に思いをはせ、絶望する虎杖。

そして、そこに追い打ちをかけるような真人の言葉は印象的だ。

本能のままに人間を殺す「呪い」と、仲間を助けるために「呪い」を祓う人間。

そこに違いなどないと断言する真人の言葉は、ある意味核心をついているともいえる。

今後作品のテーマともなりうるこの難問に、虎杖は一体どんな答えを出していくのか?

そして、窮地に現れたブラザー東堂の救援もあり、遂に反撃の兆しも見える。

一体今後どんな戦闘が繰り広げられていくのか。

アニメも絶賛放送中の『呪術廻戦』。

次回127話からも目が離せない!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

124話 125話 126話 127話 128話