呪術廻戦 ネタバレ最新話129話感想【天才に倣う真人の「領域展開」とは?】

呪術廻戦 ネタバレ最新話129話感想【天才に倣う真人の「領域展開」とは?】

前回128話では、新幹線に向かう京都組のシーンからスタートした。

単身渋谷へと向かう三輪の手に抱かれていたのはミニメカ丸。

残り少ない限られた時間を使って、メカ丸は京都組への想い、そして三輪への想いを精いっぱい伝えようとする。

最後の言葉を伝えたとき、そこに残っていたのは泣きはらす三輪と、もう二度と動くことはないメカ丸だけだった。

そんな様子を実は裏で見ていたのは、京都高専のメンバーたち。

「かわいい後輩を泣かせた奴は許さない」と、一同渋谷戦線の加勢へ!

そして、当の渋谷戦線ではまさに戦闘の真っ最中。

東堂が遂に「黒閃」発動に成功するが、真人は東堂の入れ替わり攻略のため、全方位無差別攻撃を仕掛ける。

舞台も地上に変わり、さらに激しさを増していく戦闘はいったいどんな結末を迎えるのか?

『呪術廻戦』最新話129話のネタバレありの感想とあらすじをお送りする。

127話 128話 129話 130話 131話
呪術廻戦ファンのあなたへ

『呪術廻戦』の最新刊13巻はもう読みましたか?

見どころは次の3つです!

  • 特級呪霊 陀艮、領域展開発動!直毘人、絶体絶命のピンチ!
  • 漏瑚馳せ参じ、格の違いを見せつける!
  • 「どけ」目覚めの一言で漏瑚を震え上がらせる宿儺!

集中して漫画を楽しむには単行本がうってつけです。

『呪術廻戦13巻』は通常460円。

でも、「U-NEXT」なら、無料トライアル登録時にもらえる600ポイントを使って1冊無料で読むことができます!

「登録が面倒」と思うかもしれませんが、実際に登録にかかった時間はたったの2分でした。

本屋さんに行ったりネットショップで買うよりずっと早く読めますよね?

キャンペーンは今月までの「期間限定」かもしれないので、ぜひこのチャンスを活かして『呪術廻戦13巻』を1冊通して楽しんでください!

呪術廻戦を無料で♪いつでも解約可!

U-NEXTで今すぐ読む

『呪術廻戦』最新話129話の感想・あらすじ(ネタバレ)

真人が生み出した新たな異形、「幾魂異性体」!

前回、真人が東堂の入れ替え攻略のために放った全方位無差別攻撃によって渋谷駅の天井は崩壊!

本話は、戦いの舞台が地上に映ったシーンからスタートする。

アゲてけよ 虎杖!!

俺とオマエ!!最後の呪い合いだ!!

こう叫ぶ真人は極限の戦闘の中にありながら、どこかそれを楽しんでいるようにすら見える。

因縁の相手である虎杖と決着がつけられることに加え、どんどん進化する自分の力に快感を覚えているのだろう。

そこで気に食わないのは東堂。

おいおい俺は 仲間外れかい!?

完全に虎杖しか見ておらず、自分を相手にしない真人に入れ替え攻撃を仕掛ける。

しかし、頭部に放たれた蹴りを、なんと真人は頭を切り離すことで回避!

そして、首からは新たにカタツムリのような顔が発生。

加えて、真人は首だけとなった体を元に戻し、新たなカタツムリのような顔の実体を用いて新たな「改造人間」を作成!

「多重魂」によって作られた、その名も「幾魂異性体」。

拒絶反応の微弱な魂をより合わせた異形が2人に迫る!

東堂と虎杖の分断!「幾魂異性体」の実力とは?

東堂は新たに生まれた「幾魂異性体」に対して冷静に考えを巡らせていく。

恐らく2人に分裂した真人は、パワーを均等には配分しておらず、8対2程度の力で配分していると予想。

そして、今すべきことは力を「改造人間」の方に回して弱体化した本体を、真人に攻撃の通る虎杖に潰させることだと判断。

そのため自分は新たに生まれた改造人間「幾魂異性体」との一騎打ちを計る!

改造人間の等級は3級~2級弱と聞く!!

手早く潰せ 東堂葵!!

自分を奮い立たせる東堂だが、そこに予想外の一撃がさく裂!

なんと、そこまで強くないと踏んでいた「幾魂異性体」が、衝撃的な威力のパンチを繰り出した!

ははっ ナメてっから

と語る真人の言うように、何かこの「改造人間」には仕掛けがありそうだ。

東堂はその一撃で遠くまで飛ばされ、ここからはお互い1対1の状況に!

東堂VS改造人間3体!?東堂の運命は?

飛ばされた東堂を追いかける改造人間は、さらに追い打ちを狙って東堂に迫る。

しかし、東堂も瞬時に態勢を立て直し、入れ替え攻撃を狙う。

そして東堂の重い拳が、改造人間の頭にクリーンヒット!!

すると、

死んでいる!! あれだけのパワーがありながらたった一撃で…

なんと改造人間は東堂の一撃で沈黙してしまった。

予想外の展開、しかし、ここでも東堂は冷静に頭を回転させて、改造人間の仕組みを解明!

―成程!!

複数の寿命を一瞬で燃やし尽くすことで爆発的にパワーを得たわけか!!

つまり、この改造人間「幾魂異性体」は、耐久力はないものの一撃が非常に重いという意味で危険な存在。

そして、1体倒したのも束の間、そんな「幾魂異性体」が東堂の前に新たに2体現れていた!

許せ 哀れな魂達よ

東堂と2体の「幾魂異性体」の戦闘の火ぶたが切って落とされる!

東堂の底力!そして、天才に倣う真人の「領域展開」とは?

場面は切り替わって虎杖VS真人のシーンへ。

東堂を分断し、虎杖との一騎打ちの状況を作り出すことに成功した真人は、一気に攻勢をかける。

魂の形を変えてトリッキーに攻める真人に、虎杖は若干押され気味。

吹き飛ばした虎杖に追い打ちをかけようとする真人だが、あることに気づき舌打ちをして下がる。

なんと、東堂がこの短期間に改造人間を仕留めて戻ってきたのだ。

どうやらとことん 俺を仲間外れにしたいらしいな

そう語る東堂は余裕の表情。

やはり、どれだけ攻撃力が高くとも、入れ替えをもつ東堂と戦うには力不足だったのだろう。

改造人間作成に力を使って消耗した上に、虎杖&東堂コンビを中々崩せない真人は思考を巡らせる。

コイツに攻撃を当てるのはかなりハードルが高い

かと言って領域を展開すれば 俺は宿儺に触れ 殺される!!

真人の「領域展開」は、ナナミンを初見であと一歩のところまで追い詰めた真人の必殺技だが、内部に宿儺が存在する虎杖相手には絶対に使うことができない。

ならばどうするか

考えを巡らせ、たどり着いた答えは、一か八かの大きな賭け。

なんと、自殺行為であるはずの「領域展開」を真人は発動!

ただ、それはたった0.2秒の「領域展開」。

かつて、天才・五条悟が渋谷で見せた技を、真人も再現しようとしたのだ!

追い詰められた真人が、0.2秒の「領域展開」を発動した場面で今回は終幕。

 

本話は虎杖&東堂VS真人の渋谷の地上戦からスタート。

中々崩れることない2人の連携を切るため真人は改造人間「幾魂異性体」を生み出した!

しかし、攻撃力はあるものの耐久力のない改造人間は東堂の敵ではなく、瞬殺。

このままだとジリ貧になってしまう真人はとっておきの作戦、五条悟を真似て0.2秒の領域展開を発動した!

そもそも真人は天才・五条の技を再現できるのか?

そして、もし再現できた場合、戦線は一気に傾いていくのか?

アニメも絶賛放送中の『呪術廻戦』。

次回130話からも目が離せない!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

127話 128話 129話 130話 131話