呪術廻戦 ネタバレ134話感想【ついに明かされた夏油の正体!】

前回133話では、真人戦の少し前の場面からはじまった。

新田・東堂ペアは五条が既に封印されて奪われたことを知り、宿儺によってめちゃくちゃにされた渋谷ストリーム前では生死不明になっていたパンダや日下部が生きていることがわかる。

さらに夏油によって殺されたと思われていた冥冥と憂憂は、早々に戦いに勝つことを諦めてマレーシアへ高跳び。

そして再び真人戦へ。

虎杖に追い詰められた真人は突如現れた夏油に助けを求めるも、無情にも小さな球体にされてしまったのである。

やはり夏油と真人は利用しあっていただけの関係だということがわかった。

夏油は真人を吸収してさらに強くなってしまうのか…?

気になる今後の展開は…?

『呪術廻戦』134話のネタバレありの感想とあらすじをお送りする。

極ノ番「うずまき」の真価とは?

「極ノ番」というものを知っているかい?

小さな球体となった真人を持ったまま、夏油は語り続ける。

「領域」を除いたそれぞれの術式の奥義のようなものだ

呪霊操術極ノ番「うずまき」

取り込んだ呪霊を一つにまとめ超高密度の呪力を相手へぶつける

ご丁寧に、さらに説明してくれる夏油。

生前の夏油もかなりの数の呪霊を取り込んでいたようだが、今の夏油もさらに呪霊を取り込んでいるに違いない。

そう考えると最強な奥義であることがわかる。

クックッ

不気味に笑う夏油に血だらけの虎杖は睨みつける。

何笑ってんだよ

何か思い出し笑いしたような夏油に、冷静に対処する虎杖。

「うずまき」は強力だが呪霊操術の強みである手数の多さを捨てることになる

だから始めはあまり唆られなかったんだ。ただの低級呪霊の再利用だと思っていたからね

確かに取り込んだ呪霊をひとまとめに超高密度にして放出する技は強力だが、一度放出すると手数が減るのであれば夏油の言う術師の強みがなくなってしまうことになる。

前133話でも夏油は準1級以上の呪霊を複数使役することが最強、というように語っていた。

手数を減らしてしまってはメリットはなさそうだ。

では何故この技が奥義なのか、そして夏油は何が言いたいのか…。

虎杖は視線を夏油から逸らさず、じっと聞いている。

でも違った。その真価は準1級以上の呪霊を「うずまき」に使用した時に起こる術式の抽出だ

そう言うと、ついに夏油は真人を取り込んだのである。

真人とは同盟を組んでいたように見せかけ、やはり目的は取り込むことだったのだ。

ここで特級クラスの真人を「うずまき」で利用すれば、かなりヤバい展開になるのは明白である。

合流した京都校メンバー

馬鹿だな 君が感じた気配に私が気づかないと思ったのか

夏油は上空を見上げる。

虎杖は夏油の話をおとなしく聞いていたのではなく、実は味方の動きに気づいて待っていたのだ。

だが夏油には関係なかったようだ。

上空には箒にまたがる西宮。

そして遠くから加茂憲紀(かも のりとし)が弓矢で夏油を狙う。

西宮の合図で標的の場所を把握した加茂は夏油に矢を放つ。

ババシュ

同時に3本放った矢は夏油に軽いフットワークでかわされるが、かわした先でさらに禪院真依のライフル銃の一発。

たたみかける攻撃にもひるまず応戦する夏油。

狙撃銃かいいね 私も術師相手であれば通常兵器は積極的に取り入れるべきだと思うよ

どこか余裕そうな夏油は、銃弾を素手でキャッチしていたのである。

余裕そうではなく、本当に余裕なのであろう。

だが、一瞬動きの止まった夏油の背後にすかさず三輪霞が現れる。

今までの決意と想いをのせて「シン・陰流 抜刀」を全力で夏油に繰り出したのだ。

しかし無情にもその太刀筋は通ることなく、素手で夏油に刀を折られてしまうのであった。

連携の取れた攻撃でもやはり夏油にはかすり傷ひとつもつけられないなんて……

夏油の強さは半端ではないことがわかる。

ついに放たれた「うずまき」

そして夏油のターン。

「うずまき」

夏油に奥義を出された三輪は絶望の表情が隠し切れない。

待て!!

と咄嗟に叫ぶ虎杖に対し、もちろん待つはずもなく奥義を発動したのである。

凄まじい破壊力の「うずまき」は夏油の前方を広範囲に粉々に砕いている。

地面は割れ、底が見えない程深い大穴が広がっていた。

シン陰か…よかったよ

少しは蘊蓄がある奴が来てくれて

夏油は満足そうに言い放った。

絶望的と思われた三輪は日下部によってギリギリ助かったのである。

今の「うずまき」で真人は消費されてしまったのか……?

虎杖のライバル的存在として度々登場していた真人の終わりとしては少し寂しい感じもするが…。

日下部とともに駆け付けたパンダは動けない虎杖に駆け寄る。

虎杖……でいいんだよな?

先ほどまで宿儺だった虎杖がちゃんと戻っていてうれしそうである。

虎杖もパンダが来てくれたことでパッと表情が明るくなった。

遠距離からの攻撃をした加茂もそこに合流。

あの男が五条悟を…獄門彊を持っているのか

不信そうに夏油を見る加茂にパンダが説明する。

らしいぜ。側は夏油傑 中身は知らねぇよ

ついに明かされる夏油の正体

そこへ腸相も登場する。

そのただならぬ表情にその場にいた全員が身構えるが、夏油だけは違った。

やぁ腸相

澄ました顔で声をかける夏油に対して、腸相は動悸が止まらない様子だ。

ドクン ドクン ドクン ドクン

腸相の心臓は今にも飛び出しそうなほどだ。

前回、腸相が見た謎の記憶の中で虎杖は腸相の弟として楽しくすごしていた。

その記憶には深い理由があったのである。

加茂憲倫(かものりとし)!!

すべてを悟った腸相は夏油に向かって叫ぶ。

そこにいた一同は騒然!

加茂憲倫とは加茂家の汚点、史上最悪の術師なのだ。

漢字は違うものの、そこにいた加茂憲紀は、

私!?

と驚く。

さすが天然キャラである。

妥当っちゃ妥当だな

日下部はつぶやく。

馬鹿げた結界術、馬鹿げた術具の所持、肉体を乗り換える術式を持つ黒幕の人選…どれをとっても納得いく人選のようである。

驚く一同をよそに、

加茂憲倫も数ある名の一つにすぎない 好きに呼びなよ

と夏油。

加茂というのが本当なら150歳を超えている年齢、加茂以外にも多々乗り換えながら過ごしたのがうかがえる。

そんな夏油に怒りが収まらない腸相。

虎杖を!!弟を!!殺させようとしたな!!

腸相がまさに夏油へ襲い掛かろうとした瞬間、裏梅がはばかったのである。

ここで裏梅がでてきたことでまた展開が変わりそうだ。

腸相はこのまま味方になるのか…?

 

アニメも絶賛放映中の『呪術廻戦』。

次回135話からも目が離せない!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

132話 133話 134話 135話 136話

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。