呪術廻戦 ネタバレ136話感想【無為転変の遠隔発動!対象は伏黒姉!?】

前回135話では、腸相が夏油に攻撃するも、軽くかわされていく場面からはじまった。

強すぎる夏油に対し虎杖達は一度は絶望を感じていたが、腸相の戦いを機にそれに乗じることに。

全員で夏油に戦いを挑むが、裏梅により簡単に阻止される…。

皆殺しの勢いの裏梅が技を繰り出し、絶体絶命の虎杖達…!

殺られる…と思った瞬間、突如登場した九十九由基によって助けられるのだった。

夏油と裏梅の底知れぬ強さに九十九はかなうのか…?

『呪術廻戦』136話のネタバレありの感想とあらすじをお送りする。

九十九の理想とする世界

覚えているかな?世界から呪霊をなくす方法

九十九が夏油に話しかける。

過去に悩める夏油に対して助言をしていたのだが、その結果夏油は「非呪術者のいない世界にする」という答えを選んだのだ。

どんな手段をとるにしろ 人類を一つ上の段階へと進めることになる

人類の未来 それは呪力からの”脱却”だよ

こう九十九は話続けるが、

違う 呪力の”最適化”だ

と強く夏油に遮られる。

九十九は夏油と会話をしながらラルゥが動く時間を稼いでいるようである。

そして、2人の会話に虎杖はさっぱりな様子。

脱却プランは12年前禪院甚爾が死んだ時点で捨てたと思っていたよ

という夏油に対し、

夏油君に話かけたんだけどね まぁいいか

初心に還ったのさ それに”最適化”プランには大きな穴がある

と九十九は続ける。

どうやらいま、九十九と話しているのはかつて助言をした夏油ではなく、見た目は夏油だがほぼ加茂だと思っていいようだ。

最適化というのは天元の結界を使用して術師だけの世界にするということ。

天元を利用するということは呪力が最適化され術師と成るのはこの国の人間限定

もし最適化されれば日本のみに術師が増え、中東諸国とトラブルになることが安易に想像される。

日本以外では呪霊の発生がそもそも少ないことや、日本でしか最適化で術師が増えないというところに新たな争いの火種が生まれるのを九十九は危惧しているのだ。

そうなれば九十九の理想とする争いの生まれない世界とはかけ離れている。

夏油の無為転変!

それが何だ そもそも目的が違うんだ

夏油の反論がはじまる。

呪霊のいない世界も牧歌的な平和も望んでいない夏油は、非術師・術師・呪霊は人間の呪力の形の可能性だという。

だがもっと可能性は大きいと考え、自らも生み出そうとするもそれは自分の可能性の域を出なかった。

その話から、かつて加茂が行った「呪胎九相図」もその過程であり、自分の可能性の域を出なかったというのがうかがえる。

その後、自分の手から離れた混沌の中で可能性が生まれることを見つけたという夏油。

既に術式の抽出は済ませてある

この言葉で九十九の表情が一変する。

真人の行方を虎杖に聞いた九十九は取り込んだことを知り、

マジんが~!??

とショックを受ける。

やはり真人を取り込むことはかなりヤバいことだったらしい。

そして次の瞬間、夏油が地面に向かって「無為転変」を発動したのであった。

ズアアァア

物凄い音が響き空に向かって模様が伸びていく。

九十九が驚くのも当然、これは術式の遠隔発動だったのだ!

礼を言うよ 虎杖悠仁

夏油が笑う。

虎杖との戦いで真人がさらに強くなってくれたことに感謝しているらしい。

強くなった真人を取り込むことで、真人もできなかった無為転変の遠隔操作を可能にしたのだ。

何をした

と睨みつける九十九に、マーキング済みの2種類の非術師に遠隔で「無為転変」を施したと説明する夏油。

遠隔で無為転変をされたうちの1人は伏黒の姉、津美紀…!

寝たきりで病室にいたのだが、夏油の術で額に模様が浮かび上がり目を開くのであった。

彼らにはこれから呪力への理解を深めるため殺し合いをしてもらう

という夏油に、

人間の理性をナメすぎだ 力を与えただけで人々が殺し合いを始めるとでも?

と対立する九十九。

しかし、夏油は事前に仕込みをしていたようで自信満々である。

今後、目覚めた伏黒津美紀と戦うことになってしまうのか…?

呪術全盛平安の世再び…!?

パシャ

と、急に今まで虎杖らの身体を拘束していた氷が解ける。

腸相の毒で裏梅の技が弱まったのだ。

動けるようになった西宮は真衣の援護がないことで別の敵の存在を疑うも、既に九十九の仲間が保護したという。

動けるようになったパンダや加茂は互いの状態を確認。

日下部は寝ころんだままやる気なく転がっている。

まだ話の途中だよ

夏油は続ける。

私が配った呪物は千年前から私がコツコツ契約した呪術師達の成れの果てだ

だが私と契約を交わしたのは術師だけじゃない

不敵に笑う夏油。

次の瞬間、大量の呪霊を放出したのである。

じゃあね 虎杖悠仁

そう言うと、獄門彊を持って夏油は笑うのだった。

その周りには得体のしれない数々の呪霊達。

聞いてるかい?宿儺 始まるよ

再び 呪術全盛平安の世が…!!

五条悟という戦力がない今、夏油の解き放った大量の呪霊に対抗することができるのか…?

呪術全盛平安の世という宿儺も喜びそうな展開だけに、これからがとても苦しい戦いになることが想像できる。

このまま夏油は逃走するのか、というところで136話は終了。

【考察①】ラルゥは味方?

ラルゥは夏油側についていた筋肉隆々のオカマキャラである。

もともと夏油を慕って仲間になっていたが、中身が加茂になってしまったことでどちらにも付かないことを提言していた。

今回九十九がラルゥが動く時間稼ぎをしていることで、現在2人が手を組んでいることがわかる。

夏油一派の中ではかなりまともなキャラクターだっただけに、ラルゥが味方に付くことは期待できそうだ。

まだどれほどの実力かは不明だが、今後の活躍が楽しみである。

【考察②】伏黒津美紀について

伏黒恵の1歳年上の義理の姉。

恵の父と津美紀の母の再婚により、恵と一緒に暮らしはじめるがすぐに両親とも蒸発し二人暮らしに。

中学を卒業して謎の呪いにより寝たきりになっていたが、今回の夏油の発言から原因は夏油の呪力によるものだと考察できる。

夏油の「殺し合いを始めるための仕込み」とは何か気になるところだが、恵とは敵同士になってほしくないと切に願う。

 

アニメも絶賛放映中の『呪術廻戦』。

次回137話からも目が離せない!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

134話 135話 136話 137話 138話

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。