呪術廻戦 ネタバレ137話感想【虎杖の死刑確定!任命されたのは乙骨憂太】

前回136話では、これからの世界に対する理想を語る九十九と夏油のやりとりからはじまった。

そのやりとりで改めて夏油の思想は危険なものであることが明らかに。

2人の話は結論をむかえることなく、真人を取り込んで強大な力を手にしていた夏油はついに大技を繰り出す…!

遠隔操作の「無為転変」。

驚く九十九や虎杖らをよそに、夏油は着々と計画を進行中。

さらに驚愕だったのは遠隔で無為転変したうちの1人が伏黒の姉、津美紀だったこと。

夏油は再び呪術全盛平安の世になると宿儺に告げ、大量の呪霊を放ちその場を去ろうとする。

大量の呪霊に対抗することができるのか…?

『呪術廻戦』137話のネタバレありの感想とあらすじをお送りする。

はじまる呪術全盛!崩壊した東京は…

日本中に明かりがともっているはずの夜。

なぜか東京に暗闇が広がる……。

23区はほぼ壊滅

官房長官を含めた総理代理全員が安否不明

はっきり無事と断言できるのは奥多摩の町村、青梅市・あきる野市・八王子市・町田市の一部、各島嶼だけのよう。

今は…でしょ?放たれた呪霊の数は1000万は下りません

そんな中どう少なく見積もっても500万人の都民の疎開プランを組まねばならん

東京は大混乱になっていることがうかがえる。

都内全域を非難命令区域に設定するんですか!?

明治に張り直した皇居を中心とした結界と幕末に東京遷都候補地だった薨星宮直上を中心とした結界 これらを無理矢理県境まで拡張する

呪霊の存在を公表する!?マジで言ってんの!?

様々な言葉の数々から、東京の現状はかなりヤバいものだとわかる。

このままでは呪霊が各地に大量発生する!!多くの術師が都内で避難民の警護にあたっている今!!この時にだぞ!!

だから関空ができた時伊丹を移転候補地として推したんだ俺は!!

もう誰が何を言っているのか訳が分からない。

どうやら夏油の放出した大量の呪霊による影響で、東京が壊滅状態になってしまったよう。

あれだけの呪霊を放ったのだ。

混乱するのも仕方がないことである。

乙骨現る!荒れ果てた東京で呪霊を狩る

とあるコンビニでは、荒れ果てた閑散とした店内で咀嚼音が響く。

1人の少女が床で弁当をむさぼり食べていたのである。

そこに入り口から怪しい人影が…。

おいで ここは危ない。温かいお風呂 お歌も歌エるよ

怪しい人影が言う。

お母さんもお父さんもお姉ちゃんもお弟も先生モッイるよ

明らかに人ではない見た目と話し方だが、少女は返事をする。

私に弟はいないよ あと先生は嫌い。大丈夫?飲む?

と言いながら少女は躊躇なく、コンビニの水を持って入口の人陰に向かう。

入口を出たその時、巨大な口に鋭い歯の生えた呪霊が大きな口を開けて少女に襲いかかったのである。

先ほど話していた人影は、少女をおびき寄せる疑似餌のようなもの。

食べられる…まさにその瞬間、

ドッ ガゴッ

鈍い音とともに誰かが巨大な呪霊を仕留めた。

ごめんね ビックリした?怪我はない?

その場に座り込む少女に笑顔で話しかけるのは、乙骨憂太。

誰かと一緒?お父さんとかお母さんとか

さらに少女と会話を続けていると、背後で仕留めたはずの呪霊が動く。

それを気にすることもなく、乙骨は少女に優しく話かけている。

足はボロボロ、数日歩き回っているような風貌の少女はどうやらこの辺の子ではなさそうである。

いっぱい歩いたという少女に、

頑張ったね

と微笑みかけるのであった。

その時さっきの呪霊が再び背後から襲い掛かるも、乙骨が何をすることもなく一瞬で消失。

ドチャ

潰れるような音とともに呪霊は跡形もなく、そこには大量の血が広がる。

駄目だよリカちゃん やりすぎは

どうやらリカも健在のようだ。

虎杖の死刑が確定する

ロウソクが立ち並ぶ廊下の先、ドアのようなものが6面並ぶ部屋に乙骨は立っていた。

ご苦労 乙骨

呼び出したであろう誰かが声をかける。

ヒッヒッ呪霊をいくら殺した所で何の証明にもならんさ

その声の主はドアのようなものの陰から話を続ける。

見た目は怪しい老人のようだが、きっと権限をもった偉い人物なのであろう。

じゃあ”縛り”でも何でも頼んだらいい

五条先生の教え子とか関係ないですよ 彼は渋谷で狗巻君の腕を落としました

虎杖悠仁は僕が殺します

乙骨の顔には迷いが一切ないのであった。

そして、呪術総監部より衝撃の通達が…

一、夏油傑生存の事実を確認 同人に対し再度の死刑を宣告する

二、五条悟を渋谷事変共同正犯とし呪術界から永久追放かつ封印を解く行為も罪と決定する

三、夜蛾正道を五条悟と夏油傑を唆し渋谷事変を起こしたとして死罪を認定する

四、虎杖悠仁の死刑執行猶予を取り消し速やかな死刑の執行を決行する

五、虎杖悠仁の死刑執行役として特級術師乙骨憂太を任命する

ついに虎杖の死刑が確定したほか、五条も追放されることになったのである。

そこに陰謀者として夜蛾の死刑まで加わった。

現高専学長である夜蛾は五条と夏油の学生時代の担任であったため、総監部に敵側の内通者と認定されたのだろうか。

どういう経緯があって認定されたかはわからないが、呪術総監部の陰謀すら感じる決定だ。

【考察】乙骨憂太とリカについて

日本に数人しかいない特級術師として、一目おかれる存在である。

学生時代に禪院真希やパンダ、狗巻棘とはクラスメイトであった。

共に学んでいた仲間の狗巻が負傷したことに対し、今回虎杖に強い怒りを感じているのだろう。

高専時代に自分自身がかけた呪いで幼馴染の里香の呪霊の力を使っていたが、その後解呪。

今回姿は見えずとも乙骨が「リカちゃん」と声をかけているので、何かしらの形でリカちゃんの力が再び使えていることが考察できる。

ちなみに五条の生徒で、昔の夏油と戦った経験もある。

敵にはまわしたくない実力の持ち主だけに、総監部側についたことが虎杖にとっては致命的だ。

【考察】夜蛾正道とは?

呪術高専東京校の学長、傀儡呪術を使用する1級術師。

学生時代の五条と夏油の担任を務めていた。

パンダの生みの親として体術も自ら教えており、強面ながらかわいいものが好きな一面もある。

今まで内通者は学長以上と言われていたが、ここで夜蛾の名前が上がることに別の陰謀を感じてしまうのは私だけであろうか。

五条を漏瑚に襲わせたり、虎杖を受胎のもとに派遣することは容易ではある立場だが、登場するシーンを見る限り悪意は感じられなかった。

むしろ五条からは慕われていそうに感じたのだが…。

夜蛾が真の内通者でなければ、これから五条や虎杖側についてくれる可能性があるため、そうなれば強力な戦力として期待できる。

どうかいい人であってほしい!

 

今回137話では呪霊を解き放った後の夏油の様子は描かれてはいなかったが、それに伴う被害状況が壮大すぎて混乱する世界になっていた。

さらに呪術総監部の決定により急変するであろう呪術界。

今後どうなっていくのか…?

アニメも絶賛放映中の『呪術廻戦』。

次回138話からも目が離せない!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

135話 136話 137話 138話 139話

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。