呪術廻戦 ネタバレ138話感想【遺言状の意外な中身!次期当主は伏黒恵?】

前回137話では、夏油の放った大量の呪霊によって東京がほぼ壊滅。

大混乱の中、術師たちが避難民の警護にあたった。

特級術師の乙骨も例にもれず呪霊を狩り、少女を救助。

そんな中、呪術総監部より通達が出される。

夏油の死刑、五条の追放、夜蛾を死罪、虎杖の死刑執行、虎杖の死刑執行人は乙骨が任命された。

守ってくれる存在であった五条も追放との通達が出されたため、虎杖は絶体絶命だ。

執行人である乙骨とは戦う運命なのか…?

そして、渋谷事変で重傷を負った禪院直毘人の容態は?

『呪術廻戦』138話のネタバレありの感想とあらすじをお送りする。

禪院家当主死亡

混乱する日本、当主が瀕死の重傷を負った禪院家もまた例外ではなかった。

で死んだん?真依ちゃん

特別1級術師の禪院直哉(ぜんいん なおや)が聞く。

今は当主の心配を それに死にかけているのは真希です

使用人は答える。

禪院家の立派な屋敷の廊下を歩きながら、直哉は会話を続ける。

べっぴんさんやけど真希ちゃんはアカン アレは男を立てられへん

三歩後ろを歩かれへん女は背中刺されて死んだらええ

無言の使用人。

その点真依ちゃんは立派やね 真希ちゃんと同じ顔 同じ乳

強がっとるけど自分が女やと心底理解しとる

直哉はめちゃくちゃ偏見のある考え方の持ち主のよう

 

そんな話をしていると、目的の部屋に到着。

そこで待っていたのは、特別1級術師の禪院扇(ぜんいん おうぎ)と特別1級術師の禪院甚壱(ぜんいん じんいち)だ。

2人とも当主が危険な状態の中、直哉が場違いな話をしていることに怪訝な表情。

何をしていた 実の父親が峠を彷徨っている時に……!!

扇が強めの口調で責めるも

ごめんちゃい♡

全く反省の色がない直哉である。

でも別にええやろ俺が来んでも来やんでも

次の禪院家当主は俺なんやから

直哉は悪びれもなく言う。

俺の兄さん方は皆ポンコツやし

叔父……弟のアンタもパッとせぇへん その娘は論外

甚壱君はなぁ……顔がアカンわ 甚爾君と逆やったらよかったのにな

つらつらと悪口を言う直哉についに甚壱と扇がキレる。

ザゥッ

甚壱の強靭な肉体があらわになり、直哉に殴りかかるも華麗なステップでかわされる。

続いて扇の刀が素早く直哉の喉元をとらえる。

パパが峠を彷徨ってんねんで 堪忍したってや

刀を突きつけられた状態でも直哉は余裕の表情なのである。

その状況に自分がしたのにな、と突っ込みたくなるが。

とにかく直哉の性格が難ありなことがわかった。

遺言状の意外な中身!次期当主は伏黒恵

皆さんおそろいで

使用人に案内されて3人待つ部屋に現れたのは、フルダテという小柄な老人。

小脇に鞄を抱え、スーツ姿である。

たった今禪院家当主 禪院直毘人様がお亡くなりになられました

そうフルダテが報告するも扇と甚壱は表情を変えず、直哉にいたってはニンマリと笑みを浮かべる。

ご遺言状はこのフルダテがお預かりいたしております

ご遺言状は直毘人様のご意志によって禪院扇様 禪院甚壱様 禪院直哉様

3名がそろわれた時 私からお伝えすることになっております

そう言って、小脇に抱えていた鞄から遺言状をとりだした。

一つ 禪院家27代目当主を禪院直哉とす

一つ 高専忌庫に保管されている呪具を含めた全財産を直哉が相続し

禪院扇 禪院甚壱のいずれかの承認を得た上で直哉が運用することとす

思わず舌打ちする直哉。

やはり故・当主である直毘人は直哉にすべてを任せるのは危険だと感じていたのだろう。

直哉の実力はかってはいるが、暴走しないように扇と甚壱の名を挙げたことがうかがえる。

ただし

遺言は終わりかと思われたそのとき、フルダテはこう続ける。

なんらかの理由で五条悟が死亡 または意思能力を喪失した場合

伏黒甚爾との誓約状を履行し 伏黒恵を禪院家に迎え

同人を禪院家当主とし全財産を譲るものとする

五条が連れ去らわれた今、まさに次期当主は伏黒恵ということになる。

あ゛?

自分が次期当主だと思い込んでいた直哉の表情が一気に固まる。

目は見開き、今にも人を殺しそうな顔である。

まさかここで恵の名が上がるとは想定外の展開だ。

 

場がお開きになり直哉は使用人に恵の居場所を尋ねる。

東京で虎杖の捜索の任に当たっていると聞くと

上の人に伝えとき 禪院直哉が宿儺の器殺したるって

というのであった。

その真意は

二人まとめて殺したる

ということ。

 

廃墟となった東京で誰に殺されたかなんてわからないのだ。

直哉の頭の中は、次期当主である恵を殺すことでいっぱい。

虎杖にいたっては特級術師の乙骨にも狙われているのに、さらに直哉という敵が増えてしまった。

荒れ果てた東京、それぞれの想い

場所は東京。

瓦礫の破片が落ちた町には人の姿はない。

そこに立っているのは九十九由基。

すまないあの時迷った

気づいたかな 私は君達の味方というわけではないんだ

ただ世界から呪霊をなくしたいだけのしがない美女さ

九十九の信念は変わらず呪霊をなくすこと。

お詫びと言ってはなんだがあの場にいた子達は私と私の仲間が責任を持って送り届けるよ

私もいい加減 天元と向き合わないとね

誰と話しているのだろう。

君はどうする?

その問いかけに対しての答えがわからないまま、場面は変わる。

 

廃墟のようなショッピングモールの階段に虎杖は座っていた。

悠仁 ケガの具合はどうだ

相変わらずの悠仁呼びで、腸相が話しかける。

黒閃をくらったとこ以外は宿儺の影響で平気なことを聞くと、

悠仁 俺に気を遣うな 高専に戻っていいんだぞ

と優しいお兄ちゃん風なのである。

つかってねぇよ 俺が戻りたいかどうかの問題じゃねぇんだ

宿儺が伏黒を使って何か企んでる

自分の中で大きくなる宿儺の力に虎杖は不安なのかもしれない。

それに俺は人をいっぱい殺した 俺はもう皆と一緒にはいられない

宿儺がやったにせよ、自分が人を殺めたことは許せないのである。

腸相こそいいのか?俺はオマエの弟も殺したんだぞ

そんな虎杖に対して腸相はあれは事故であり、仕方がないと受け入れていた。

赦す赦さないじゃない 兄弟とはそういうものだ

相変わらず兄弟愛が強い腸相。

完全に虎杖の味方のようである。

 

虎杖は知らぬ間に死刑が確定し、乙骨や直哉に狙われている。

荒れ果てた東京で特級術師達に目をつけられた虎杖の運命は…?

【考察】今後の禪院家はどうなる?

今回138話は禪院家のドロドロした部分が垣間見られた話だった。

とにかく直哉の性格が悪い!

渋谷事変で禪院直毘人は残念ながら死んでしまったが、真希はまだ生きていることが判明。

それも禪院家にとってはあまり関心がないような話なのだが、真希が生きているのは読者としてはうれしい展開だ。

今の段階では五条は行方不明状態なので、次期当主は伏黒恵ということになる。

遺言では伏黒甚爾との誓約状を履行するという話だが、禪院家を抜けた甚爾がいつそんなものを作ったのか気になるところだ。

自分が呪力がなくて去ることにした禪院家、子である恵は強い呪力を持ち、当主の器になれると信じていたのか…?

そうだとしたら以外と子ども思いの父親だったのかも…?

今後直哉が当主になるには五条を奪還するか恵を抹殺するかになるが、直哉の性格からして五条を奪還する展開はあまりないように思える。

【考察】虎杖はどうなる?

とにかく東京は呪霊だらけになってしまい大混乱な中、腸相とともに呪霊狩りをはじめることにした虎杖。

本人は人殺しの罪悪感から高専には戻らないと決めたものの、知らないうちに乙骨や直哉に狙われているのだ。

宿儺の力が大きくなっているとはいえ、強敵2人と戦うとなると苦戦するだろう。

なんにせよ、自分の状況を把握していないことは命取りなのである。

本来ならば呪霊狩りをしている場合ではないのだ。

死刑執行人である乙骨が実は総監部側ではなく味方についてくれたら、五条奪還の可能性も増えるが今はまだ謎。

誰が味方で敵なのか、複雑化していく物語。

虎杖は会いたくなさそうだが、高専メンバーとは早く合流してほしいものである。

今後どのような展開になっていくのか…?

 

アニメも絶賛放映中の『呪術廻戦』。

次回139話からも目が離せない!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

136話 137話 138話 139話 140話

次のページ

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。