呪術廻戦 ネタバレ最新話139話感想【禪院直哉VS虎杖・腸相、ぬるっと現れた乙骨憂太!】

前回138話では、禪院家の当主、禪院直毘人が死亡。

遺言書により次期当主は伏黒恵に任命された。

自分が次期当主だと確信していた禪院直哉は怒り、虎杖もろとも恵を混乱に乗じて抹殺しようと考える。

未だ呪霊が溢れる東京。

何も知らない虎杖は腸相と共に呪霊狩りをはじめるのであった。

既に自身の死刑が確定し、乙骨に狙われている虎杖はこの状況をどう打破していくのか…?

『呪術廻戦』最新話139話のネタバレありの感想とあらすじをお送りする。

呪術廻戦ファンのあなたへ

『呪術廻戦』の最新刊14巻はもう読みましたか?

見どころは次の3つです!

  • 最強の式神・八握剣異戒神将 魔虚羅顕現!
  • 七海と真人、3度目の邂逅
  • 真人の新たな天敵は釘崎野薔薇!?

集中して漫画を楽しむには単行本がうってつけです。

『呪術廻戦14巻』は通常460円。

でも、「U-NEXT」なら、無料トライアル登録時にもらえる600ポイントを使って1冊無料で読むことができます!

「登録が面倒」と思うかもしれませんが、実際に登録にかかった時間はたったの2分でした。

本屋さんに行ったりネットショップで買うよりずっと早く読めますよね?

キャンペーンは今月までの「期間限定」かもしれないので、ぜひこのチャンスを活かして『呪術廻戦14巻』を1冊通して楽しんでください!

呪術廻戦を無料で♪いつでも解約可!

U-NEXTで今すぐ読む

虎杖と腸相の父親は同じ!?

パンッンンン…

静かな街中で手を叩く音が響く。

パンッパンッパンッパンッ

広場のど真ん中で虎杖は真剣な顔をして手を叩き続ける。

ザパァ

その音につられて出てきたのは巨大な呪霊2体。

今にも虎杖に襲い掛かろうと、一瞬にして姿を現したのであった。

でたな

呪霊が出てきたことを確認した虎杖は、一目散に別方向に走る!

巨大な呪霊2体に追いかけられながら街中を疾走。

その騒ぎからか、先に進むにつれてどんどん虎杖を追いかける呪霊は増えていくのだった。

その数は10体ほどだろうか。

虎杖はたくさんの呪霊を引き連れたまま、狭い通路に走りこむ。

腸相!!

虎杖が叫ぶと、そこには腸相が待ち構えていた。

穿血

呪霊達の脳天めがけて技を発動。

ほぼ殲滅したが、1体残った呪霊が腸相に向かう。

だが、腸相は冷静に

悠仁

と声掛け。

すかさず虎杖がその1体に強烈な一撃!

その様子に腸相は

俺と闘った時はパワフルな印象だった 今はそこに繊細さが加わっている

淀みない呪力操作 桁違いの膂力 正に鬼神!!

と冷静に分析するのであった。

阿吽の呼吸で見事なコンビネーションをみせる2人。

完全に心を許し合っているようである。

腸相「流石俺の弟だ」

虎杖「まだ言ってんの?」

虎杖は若干面倒くさそうだ。

何どでも言うさ 思い出せ あったハズだ

オマエの父の額にも縫い目が

その腸相の言葉に目を見開く虎杖。

何か思い出したのだろうか……?

夏油のように中身が加茂憲倫にすり替わった何者かが虎杖の父親なのか!?

もしそうであれば、兄弟というのは間違っていないのかもしれない。

未だ明らかになっていない虎杖の両親、謎は深まるばかりである。

禪院直哉VS虎杖・腸相、そして現れた乙骨!

2人のもとに現れたのは禪院家次期当主の座を狙う直哉。

伏黒恵が虎杖の捜索にあたっているのを聞きつけて、虎杖のもとにきたのであった。

急に現れた直哉に警戒する虎杖と腸相。

そんなことあんの?トロすぎへん?

相変わらず口の悪い直哉である。

君らも何してん 目立ちすぎやで逃げる気ないん?

そう問いかける直哉に

逃げる?

と怪訝な表情の虎杖。

虎杖は自分に死刑通達がでたことを知らないのだ。

君死刑やって 悟君の後ろだてがのうなったから

と親切に説明する直哉に

あ゛ん?

と睨みを聞かせる腸相。

直哉の説明により、虎杖は五条のおかげで今まで一生徒として過ごせていたことを思い出す。

俺が用あんのは恵君やからぶっちゃけ君の生死はどーでもええねん。

でもチョコマカされんのもアレやし とりあえず足でも折っといたろかな

自分の利益にしか興味がないような直哉の発言、性格の悪さがうかがわれる。

伏黒に何の用だよ

自分の死刑のことよりも、恵の心配をする虎杖。

直哉は不敵な笑みで

死んでもらお思て その前に一筆書いてくれると助かるねんけどな

と言った瞬間、虎杖と腸相の間に素早く移動してきたのだ!

早すぎて一瞬出遅れる虎杖の顔に一発、直哉のパンチが入る。

恵君 君を捜してるんやって

しゃべりながらも腸相の攻撃もかわし、腸相の膝を崩す。

背後から攻撃する虎杖、立て直して攻撃する腸相……。

どちらの攻撃も、直哉は一瞬の移動で避けるのであった。

速いっちゃ早いんだけど

何か違和感を覚えた虎杖。

術式だろうな

と腸相。

2人のコンビネーションをもっても直哉はやはり強者なのである。

思ったよりやりよるんやね 正直ナメてたわ

直哉もまた、2人の戦いぶりに少し驚いている。

もうちょい速うしてみるか

再び戦いをはじめようとしたとき

ぬるっ

3人は不気味な気を感じて固まるのであった。

五条先生!?いや もっと不気味な…!!

虎杖は汗が止まらない。

あれ?一人じゃないんだ

そこに現れたのは、虎杖の死刑執行人に任命された乙骨憂太であった

【考察①】虎杖と腸相の父は本当に同じなのか?

しつこいほどに兄弟と言い続ける腸相。

今回、腸相が虎杖に対して

思い出せ あったハズだ オマエの父の額にも縫い目が

と言っていることから、冗談ではなく現実味を帯びてきた。

133話でも夏油が

我ながら流石と言うべきか 宿儺の器タフだね

と言っているように、自分が虎杖を作ったととれる発言をしている。

もしそうであれば、2人とも同じ人物に作られた兄弟であるということになる。

【考察②】今後の展開は?

虎杖の死刑執行役に任命されている乙骨憂太。

今回登場しただけだが、一瞬にしてその場の空気を変えてしまうほどの実力の持ち主だということがわかった。

総監部の指示に忠実であれば、虎杖を殺しにかかってくるであろう。

その場に腸相や直哉がいるので乙骨と虎杖が1対1の戦いにはならないとは思うが、かなり厄介な相手である。

乙骨が来たことで、虎杖を殺す手間がなくなった直哉は恵を捜しに動くと思われる。

しかし、虎杖は簡単にそれを見逃す性格ではない。

直哉を阻止する展開になりそうだが、乙骨とも戦わないといけないのである。

ここからも腸相とのコンビネーションで上手く乗り切れるのか…?

強者が揃った戦い、死者が出てもおかしくない状況だ。

アニメも絶賛放映中の『呪術廻戦』。

次回140話からも目が離せない!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

137話 138話 139話 140話 141話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です