呪術廻戦 ネタバレ140話感想【呪力量は五条以上。執行人乙骨vs虎杖】

前回139話では、呪霊溢れる東京で、阿吽の呼吸で狩りをする虎杖と腸相。

見事なコンビネーションで次々に呪霊を撃退する。

そこへ現れたのは、次期当主の座を伏黒恵に奪われてしまった禪院直哉。

虎杖もろとも邪魔な恵を抹殺しようと近づいてきたのだ。

だが虎杖のところには目当ての伏黒はいない。

何も知らない虎杖は、直哉によって自分が死刑になったと知らされる。

敵意むき出しの直哉VS虎杖・腸相。

戦いが激しくなろうとするそのとき、虎杖の死刑執行人である乙骨憂太がぬるりと登場した。

ここから乙骨とのバトルに発展するのか!?

『呪術廻戦』140話のネタバレありの感想とあらすじをお送りする。

乙骨登場で展開が変わる!直哉はすぐさま味方アピール

誰だ?

突如現れた只者ではなさそうな人物を見て虎杖は呟く。

その横で腸相は

誰であろうと目的は……

と冷静な思考を巡らせる。

とりあえず味方ではないことは確かなのである。

と、次の瞬間

ドゴン

轟音と共に乙骨が着地。

あまりに強い衝撃に耐えられず、乙骨の足元の地面は粉々に砕け散る。

細身の身体からは、考えられない迫力だ。

ゆっくりと近づいてきた乙骨が口を開く。

誰が虎杖くんの 何?

その場にいる3人の関係性を知りたい乙骨の発言から、腸相が気が付く。

やはり悠仁の死刑執行人か

虎杖は驚きを隠せない。

さっき自分が死刑だと知ったばかりなのに、もう執行人が目の前にいるのである。

ちょい待って 味方やで。君 乙骨君やろ

とすかさず直哉は両手を挙げて、味方アピールをするのであった。

乙骨と聞いた虎杖は、かつて恵が言っていた五条と同じ特級術師のことだと思い出す。

アナタは?

味方という直哉に乙骨が聞く。

禪院直哉 真希ちゃんのいとこや 君と同じで虎杖君殺せって言われとる

安心しぃ 君の邪魔はせぇへん

自分が敵ではないことを懸命に説明する直哉をよそに、こっそり虎杖と逃げる算段をつける腸相。

腸相「金髪は種のあるスピードタイプ アイツと追いかけっこは美味しくない 俺が足止めする」

虎杖「大丈夫かよ」

心配そうな虎杖をよそに、

俺はな 狙われているのはオマエだぞ 悠仁

黒髪……乙骨から逃げ切ることだけを考えろ

五条悟と同じタイプと見た 戦ったら死ぬぞ

と弟想いなのである。

悠仁と術師(にんげん)を戦わせず かつ俺に引け目を感じさせない提案

フッ……世話が焼ける…

それは腸相自身も感じているようだ。

2人がコソコソ算段中も乙骨と直哉の会話は続く。

その代わり 虎杖君を殺しても そのことを上に暫く黙っててくれへん?”

彼を餌に会いたい人がおんねん

直哉の目的はあくまで恵の抹殺。

虎杖の存在を利用したいのである。

恵君のこと黙っといたらよかったな 肝冷えるわ

乙骨は直哉の実力を持ってしても強大な呪力なのであろう。

両手をまだ上げたままで直哉は交渉するのであった。

いいですよ じゃあそっちは任せます

乙骨と直哉の交渉終了と同時に虎杖と腸相も動き出す。

腸相「昨日の地点で落ち合うで」

虎杖「応!!」

はじまる戦い!「虎杖VS乙骨」「腸相VS直哉」

腸相が術式を出そうと手を合わせた一瞬のうちに、虎杖は走り、直哉は腸相に攻撃、乙骨は虎杖を追う。

乙骨の進路を妨害するはずだった腸相は、動きが読まれていたことに驚く。

腸相の援護を受けられなかった虎杖は、すぐに追いつきそうな乙骨とほぼ並走状態で走る!

速い!!抜き身の刀を持ってこれかよ!!

身軽な虎杖に対して、乙骨は武器を所持しての速さなのだ。

速いな 走り出しで潰すつもりだったのに

しかし乙骨も虎杖の速さに感心していたのである。

ここから腸相VS直哉、虎杖VS乙骨の構図になる。

 

見てたでさっき 「赤血操術(せっけつそうじゅつ)」やろ?

なんで君がそれを持っとんのかは知らんけど「穿血」以外はそんな怖ない

ほんで穿血を出すにはデカいタメがいる

と自分が優位にいることを、直哉はにやけながら流暢に話す。

そんな直哉に対して

俺の弟に手を出して 生きて帰れると思っているのか?

とマジ切れモードの腸相。

2人の戦いはどうなるのか!?

実際腸相は虎杖と闘っていたときもかなりの手数の術式を操っていた。

さらにそこから強くなっているとしたら、直哉相手にも通用するかもしれない。

 

一方、虎杖と乙骨はすさまじいスピードで街中を疾走する。

横たわる車の障害物を虎杖は飛び越えるが、それを読んで先回りして着地点を斬撃で狙う乙骨。

気づいた虎杖は咄嗟に踵を返し反対側に着地。

この間コンマ何秒だろうか、2人は瞬きもせずに戦っているのだ。

スピード感のある描写に思わず息をするのを忘れそう。

乙骨はさっきの斬撃で虎杖を斬るつもりであったが、意外に避けられて感心する。

真希さんみたいだ

と言いつつ、また立て直して切りかかろうと構える!

と同時に、飛び越えた車を虎杖がパンチ!

車が乙骨を襲う。

予想だにになかった動きに乙骨は対応できず、飛んできた車が激突!

虎杖は見通しのいい所だと逃げられないことを悟り、隙をみて建物のほうへ走り出す。

が、踵を返したと同時に虎杖の進行方向に、乙骨にあてたばかりの車が飛んできたのだ。

パワーでも勝負できるなんて、乙骨は恐ろしすぎる相手である。

乙骨のすさまじい呪力は五条を越える!

進路を塞ぐ車に、虎杖の足が止まる。

驚いた?パワータイプには見えないもんね

と何事もなかったかのように歩いて近づく乙骨。

車が激突しても怪我ひとつない。

しかも激突してきた車を、すぐに呪力を使って飛ばし返したのだ。

俺と真逆だな

乙骨のとてつもない呪力量を目の当たりにした虎杖は身構える。

気づいた?五条先生よりも多いんだよ

乙骨は、さらっとすごいことをカミングアウト。

でも先生には「六眼」があるから術式を発動した時のロス呪力が限りなく0なんだ

パフォーマンスではやっぱり先生が1番だよ

僕には呪力切れはあっても先生にはないしね

と言っているが、おそらく呪力切れすることがないほどの量があるのだろう。

話は終わり

と、一瞬で虎杖に詰め寄り切りかかる。

虎杖は必死に逃げるが、乙骨の呪力の流れが全く読めない。

乙骨は呪力量が多すぎて流れではなく、常に全身から立ち上っているからなのだ。

動きを読めない以上かわし続けるのは不可能。

全ての攻撃が決定打に成り得るし、全てのダメージを最低限に抑えられる。

そして、いまは亡き七海の最後の言葉が頭をよぎる虎杖。

後は頼みます

絶体絶命の虎杖は、乙骨にどう対抗していくのか。

今週はここまで!

【考察】乙骨と直哉は本当に味方同士?

今回140話では直哉の必死の説明により、味方同士となった乙骨と直哉。

それぞれ同意して戦っているように見えるが実際どうなのだろうか。

乙骨には虎杖を殺しても直哉のために上に黙っておくメリットがないのが気になる。

直哉の話に同意しているのは不自然に思えるのだ。

それに真希と仲のいい乙骨は、過去に真希が「禪院家のことをぶっ潰したい」と話していたときに「僕に手伝えることがあれば何でもいってよ」と申し出ているのである。

なので乙骨は禪院家のことをあまりよく思っていないのではないかと考えられる。

 

アニメも絶賛放映中の『呪術廻戦』。

次回141話からも目が離せない!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

138話 139話 140話 141話 142話

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。