呪術廻戦 ネタバレ141話感想【虎杖vs乙骨、ついに決着か?リカちゃん現る】

前回140話では、虎杖を狙う乙骨憂太と禪院直哉がまさかの共闘。

「虎杖VS乙骨」「腸相VS直哉」という組み合わせで戦いがはじまる。

実力の差はまだわからないが、乙骨がずば抜けて強いことは明らか。

戦いではなく逃げることに全力を注ぐ虎杖だったが、健闘むなしくすぐに追い詰められてしまうのだった。

底知れない乙骨の呪力は五条をも上回ることが判明。

絶体絶命のピンチだが、ここで死ぬわけにはいかない!

追い詰められた虎杖は、最後の切り札として宿儺を呼び覚ますのか…!?

『呪術廻戦』141話のネタバレありの感想とあらすじをお送りする。

乙骨の止まらぬ攻撃!虎杖は逃げ切れるのか!?

ドッ

鋭い太刀筋で虎杖を攻め続ける乙骨。

まずは この刀をなんとかしねぇと!!

止まることのない攻撃をかわしながら虎杖は必死に考える。

呪力で強化さえしていれば 刃物をそこまで怖いと思ったことがない

でもこの人相手にそんなこと言ってたら あっという間に鱠(なます)にされちまう!!

今のところギリギリで刀をかわせているが、この状況が長く持つはずがない。

頬を軽く切られながらも、どうにかこの危機を脱したい虎杖……!

隙をみて路肩に停めてあった車のほうに走り、空いていた車の窓をくぐり抜けて乙骨の追跡をかわす。

着地と同時に乙骨が切り込んできたが、車内に偶然落ちていたナイフを手にしていた虎杖は攻撃を受け止めるのであった。

ギィン!

刀とナイフがぶつかる音に乙骨は驚く。

虎杖がいつの間にかナイフを手にしていたからだ。

だが、さっきの車の中で拾ったと確信した乙骨は警戒することもなく攻撃し続けるのであった。

すぐに気づくあたり、さすがといえよう。

ビビるな!!間合いを詰めろ!!呪力を籠めろ!!

そう自分に言い聞かせる。

虎杖はかつて五条に教えてもらった得物の扱いの話を思い出すも、きちんと習うことがなかったためイメージだけでナイフに呪力を籠めて戦っている。

習ってねーんだよ!!

そう思いつつも今はやるしかない!

そんな虎杖に、

意識が刀にいきすぎ

と、乙骨。

戦っているというより、虎杖の実力を試しているような余裕である。

すかさず左の一蹴りをもらい、虎杖は体勢を崩してしまうのだった!

その蹴りはとてつもなく重たい。

そこに畳み掛けるように乙骨は刀を勢いよく振り下す!

虎杖はナイフで受けるも、刃が折られて胸に深手を負ってしまった。

だが虎杖も負けずと乙骨の刀を足で踏みつけそのまま折る!

ザァァァッ

再び距離をおく2人。

ついに決着!現れたリカちゃん

一筋縄じゃいかないか

乙骨はさすが五条の教え子だ、と感心するのであった。

傷は深い……けど内臓出てねぇ!!これでお互い丸腰だ!!

虎杖は肉弾戦に持ち込もうと、乙骨のほうに向かう。

そのとき大きな手が後ろから虎杖の頭を捕らえたのだ。

虎杖は一瞬、何が起こったか理解できない。

なにしてるのォ

大きな身体で虎杖を容易にホールドしているのはリカちゃん。

がっちり虎杖を掴むリカに対して

遊んでるだけだよ 抑えててね

と、乙骨は手加減していたかのような発言をするのであった。

リカのとてつもない力に抑え込まれ、虎杖は全く見動くがとれない。

非情にも、そんな虎杖の胸に折れた刀を一突きする乙骨であった。

ごめんね 虎杖君

乙骨は任務を全うした。

チッ

虎杖の中の宿儺は舌打ちするも何かに気付き、笑う。

その意味とは……?

乙骨は本当に虎杖を処刑したのか微妙なところである。

圧倒的強さの直哉に抗う腸相

一方で、腸相と直哉の戦いも続いている。

こちらは直哉が一方的に攻め続けていた。

速い!!!術式の種がまるで分らん!!

直哉のあまりの強さに「百斂」どころか体外の血液操作がまるで機能しないのだ。

しぶと マジで何なん君

と、耐え続ける腸相に問う直哉。

…兄さ 10人兄弟のな

腸相はそう答え、

「赤鱗躍動・載」!!!

まだまだ諦めていないのだった。

腸相は呪胎九相図の一番が受肉し生まれた姿である。

呪胎九相図では腸相含め9人兄弟のはずだが、ここでは10人と言っている。

虎杖も頭数に入れているのであろう。

圧倒的な強さの直哉に対し、なお立ち向かう腸相から目が離せない!

【考察】乙骨の本当の狙いとは!?

乙骨は本気になれば一瞬で虎杖を殺すことができるのではないだろうか。

現にリカが虎杖を捕まえると、あっという間に戦いは終わってしまった。

それなのに虎杖の実力を確かめるがごとく、わざわざ戦ったのは何か狙いがあったからなのか。

戦いの最中でも

意識が刀にいきすぎ

と、レクチャーするような発言もみられ、ただ処刑しにきたとは考えにくいのだ。

さらにとどめの一撃のあと、宿儺は何かに気付いて笑っている。

もしかしたら一度殺したように見せ、後から復活させるという展開になるのか?

今回の戦いぶりから、乙骨が味方である可能性も濃厚になってきた。

五条から虎杖のことを頼まれているのかもしれない。

アニメも絶賛放映中の『呪術廻戦』。

次回142話からも目が離せない!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

139話 140話 141話 142話 143話

書き手にコメントを届ける

あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。