呪術廻戦 ネタバレ142話感想【腸相VS直哉。意外な幕引き】

前回141話では、虎杖VS乙骨、腸相VS直哉の戦いがまだまだ続いていた。

腸相は直哉相手に健闘するも苦戦中。

虎杖は乙骨の容赦ない攻撃を果敢にかわし続けた。

最終的に虎杖はリカにあっけなく捕らえられ、乙骨に胸を刺されて敗北。

10人兄弟のお兄ちゃん、腸相は果たして、直哉に一矢報いることができるのか?

『呪術廻戦』142話のネタバレありの感想とあらすじをお送りする。

直哉の一撃!ピンチの腸相は赤燐躍動発動!

兄さ 10人兄弟のな

直哉の何者かという問いに対し、そう答える腸相。

答えになってへんねん

直哉は術式や人間離れしたタフさのことを聞きたかったようだ。

2人は互いに距離をとりつつも、次の相手の出方を窺がう。

先に動いたのは直哉!

一歩踏み込んだと同時に一瞬で背後に回り込む。

常人では見失ってしまう速さであるが、腸相の目はその動きを捕らえ反応したのである。

!!

直哉にとっては予想外。

合わせてきよった 成程な

「赤麟躍動(せきりんやくどう)」か!!その能力を外眼筋に集中させて動体視力を上げとるんや!!

赤燐躍動とは加茂憲紀も使っていた技で、自分の血やその血が付いたものを自由自在に操れるものだ。

体温・脈拍・血中成分まで操れるので、敵にすればやっかいなのである。

瞬時に判断できているあたり、さすがといえよう。

そこから攻撃する腸相の拳を見切り、

ドスッ

腸相の腹に一撃。

残念 こっちはカウンター前提で動き作っとんのや

余裕の表情で腸相にダメージを与える直哉。

まさかの一撃に、ふらつきつつも壁で体を支える腸相。

脇腹からは大量に出血している。

君しつこいから使わせてもろたで 得物

そう言いながら直哉は短刀を見せる。

赤血操術やし止血はお手のもんやろ 止血に気ぃ回しながらどこまで俺とやれるか試してみよか

刃についた血を払って鞘にしまう。

用意がいいな

腸相はギロリと睨む。

内緒やで ぶっちゃけダサいと思っとんねん術師が得物持ち歩くの

それがないと勝たれへんってことやし 意外とおんで同じ考えのやつ

俺の兄さん方もブラブラとみっともないねん よぉアレで甚爾君のことやいやい言えたもんや

と身内をディスる。

嫌いなんだな 兄弟が

兄弟大好きの腸相とは真逆の考えの直哉。

弟よりデキの悪い兄なんか居る意味ないやろ

首括って死んだらええねん

直哉の毒舌は止まらない。

腸相の兄弟論。兄としての責任

その兄弟たちのおかげで 今のオマエがあるのかもしれんぞ

直哉は諭すような口ぶりの腸相にキショいと嫌悪感をあらわにする。

デキが良かろうと悪かろうと兄は弟の手本なんだ

兄が道を誤ったのなら弟はその道を避ければいい

兄が正道を歩んだのなら弟は後をついてくればいい

腸相の兄としての責任感が伺える。

オマエが強いのはオマエの兄が弱いおかげだったらどうする?

何故俺がしぶといのか聞いたな

教えてやる 俺には手本がない 何度も何度も間違える

それでも弟の前を歩き続けなければならん

めちゃくちゃかっこいい。

だから俺は強いんだ

そう話す間も腸相の傷口からはドクドクと大量の血が流れ続ける。

人間であれば失血死してもおかしくない量に直哉は驚きを隠せない。

ザパ

自身から大量に流れた血を操って直哉に攻撃。

人間離れしたその様子に直哉は戸惑うのであった。

腸相は「九相図」、呪霊と人間の混血。

呪力を血液へと変換できる特異体質を持ち、呪力が枯渇しない限り失血死することもないのだ。

つまりいくら血が流れ出ようとも、腸相にとっては全く痛手にはならないということ。

グアアッボパッ

大洪水のような大量の血が直哉を追い詰めていく。

直哉はなす術もなく、ひたすら血から逃げ続けるしかない。

距離をとらされた上に 大量の血で奴を見失った!!

予想外のことに、直哉は必死な表情だ。

パシャッ

攻撃するでもなくただ追いかけてくるだけの大量の血に、直哉はトロい攻撃やと油断した。

その時、横の柱の陰から腸相が出現。

大量の血を使って直哉を追い詰めていたのだ。

鋭い血の攻撃と血しぶきを必死に避ける直哉。

この血を被るわけにはいかん!!

本能的に危険を感じ取っているのだ。

そこに足に血をまとわせた腸相が蹴りを入れる。

ドッバシャァ

攻撃は手でガードしたが、まとっていた血が直哉の下半身にかかったのである。

ズゥン

直哉の読みは間違ってはいなかった。

足が重い!!生地に浸みとる血を固定しとんのか!!

下半身に浴びてしまった血液を腸相は操っているのだ。

乙骨合流。圧巻の強さをみせる

後は分かるな 詰みだ

直哉をロックオンしている腸相。

どうやろな 試してみぃや

直哉の術式は事前に24fpsで作った動きを後追いするもの。

この程度の足止めなら自分の術式を使えば問題なく動けると考える。

自信満々に飛び出す直哉。

だが、腸相は撃ってこない。

なんで撃ってこぉへんのや

来ると思っていた攻撃がこない、事前に動きを作る直哉にとっては予想外の動きはやっかいなのである。

超新星

これは150年もの間、自らの術式と向かい合い続けた腸相のオリジナル技。

悪いが兄弟を愛せなかったオマエの気持ちは分からん

散弾銃のように弾け飛ぶ血の攻撃に、直哉はなすすべなくダメージをくらうのだった。

と、その時腸相の背後に乙骨が現れる。

右手でぐったりした虎杖を引きずりながら、無表情でふらりと向かってきた。

すぐに背後の気配に気づいた腸相だが、振り向いたと同時に頭に一撃くらう。

ドサッ

あっけなく腸相はやられてしまった。

辛そうですね 直哉さん

乙骨は、床に伏している直哉に話しかけるのだった。

【考察】乙骨の真意とは!?直哉を追い払うための一芝居

前回141話の考察で乙骨は実は味方なのでは、という説が浮かんだ。

今回乙骨は、片手で虎杖を引きずりながら現れるというインパクトのある登場の仕方をしている。

わざわざ雑に扱うことで、虎杖が徹底的にやられたという認識を直哉に与えたかったのではないだろうか。

虎杖がいなくなれば直哉は恵の元に行くだろう。

邪魔な直哉を追い払うために一芝居打ったと考えたい。

腸相はあっけなく一撃でやられてしまったが、それもパフォーマンスであってほしいと願う。

 

今回はついに腸相VS直哉が終幕。

今後の乙骨の動向は…?

未だ足取りがつかめない、恵の身には何が起きているのか…?

アニメも絶賛放映中の『呪術廻戦』。

次回143話からも目が離せない!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

140話 141話 142話 143話 144話

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。