呪術廻戦 ネタバレ144話感想【いざ薨星宮へ。現れた天元に一同驚愕!】

前回143話では、上層部を裏切った乙骨憂太によって、虎杖は生き返ることができた。

乙骨は五条に虎杖を託されていたのだ。

安堵したのもつかの間、ニセ夏油(加茂)によってはじまった死滅回游はすでにはじまっている。

その恐るべき死のゲームには、恵の姉である津美紀も巻き込まれているのだ。

合流した恵にそのことを聞かされた虎杖は自分の罪を解せないものの、皆と一緒に高専を目指すのだった。

死滅回游の攻略法はあるのだろうか…?

『呪術廻戦』144話のネタバレありの感想とあらすじをお送りする。

「迷わず殺してくれ」虎杖の決意が固まる!

”死滅回游”に津美紀も巻き込まれている 頼む虎杖

オマエの力が必要だ

真っすぐと虎杖を見据えたまま、恵が頼む。

恵の言葉に、

人を助けろ

虎杖の亡き祖父の言葉が頭をよぎるのだった。

……乙骨先輩

何かを決意したかの表情で虎杖は言う。

宿儺が伏黒で何か企んでる

渋谷でアイツに肉体を取られたのは 多分一度に指を10本も食わされたからだ

俺の中に今指は15本 残り5本全部一度に食わされても肉体は乗っとられないと思う

前回虎杖が肉体を乗っ取られたとき、ニセ夏油の仲間の漏瑚によって一気に指を10本取り込まされた。

その後の漏瑚と宿儺の戦いで、大勢の人の命を危機にさらしてしまった辛い経験がある。

それでも もし次俺が宿儺と代わったら 迷わず殺してくれ

そんな許しがたい悲劇を再び起こすことがないよう、虎杖は乙骨にお願いしたのだった。

先輩ならできると思う

そう言う虎杖の目つきは真剣だ。

分かった 死力を尽くすよ

乙骨が応える。

伏黒 俺は何をすればいい

虎杖は恵に問う。

まずは高専に戻って天元様と接触する

獄門彊の封印の解き方 加茂憲倫の具体的な目的と今後の出方

死滅回游は未曽有の呪術テロ 事態を収拾するにはこの2つの回答がマストだ

この問いに答えられるのは天元様しかいないと思う

恵は天元に会うために、高専に戻る提案をしていたのだ。

あの人は…九十九さんは知らねぇかな

そう聞く虎杖に

九十九さんとはもう話した これはあの人の案だ

あの人も高専に潜伏している

と既に九十九と相談したうえでの話であることを恵は明かした。

問題は天元様の”隠す”結界なんだ

乙骨が言う。

シャッフルが繰り返される1000以上の扉の内1つだけが天元様のいる薨星宮へと繋がっている

つまり適当に行ってもほぼたどり着くことはないのである。

それを引き当てなきゃ天元……様に会えねぇわけか

簡単には会えないことを理解した虎杖。

……ごめん伏黒 やっぱ今聞くわ 釘崎はどうなった

さきの真人との戦いで、釘崎はくらえば即死亡の無為転変をくらってしまった。

すぐに居合わせた新田により処置され救出されたが、その後の状態を虎杖は知らない。

虎杖はずっと気になっていたのだ。

虎杖の問いに対し、視線を下に向ける恵。

何も言わない恵を見て、

そうか……分かった……分かった!!

と悟る虎杖。

釘崎は助からなかったということなのか…?

助っ人腸相大活躍!大火傷を負うも真希は存命

シリアスな雰囲気の中、腸相が現れる。

その”隠す”結界とやら なんとかなるかもしれんぞ

恵の近くに急に現れたため、恵は嫌そうに距離をおく。

聞いてたんですね

と、嬉しそうな乙骨。

どういうことだ腸相

普通に話しかける虎杖。

やはり、乙骨は腸相を殺してはいなかった。

直哉の目の前でとどめを刺したのはフェイクだったのだ。

以前真人が宿儺の指と呪胎九相図を盗み出しただろう それと同じことをする

腸相なら天元につながる扉をみつけられるというのだ。

 

虎杖達はさっそく高専に戻る。

そこで待ち受けていたのは九十九と真希。

ソファに座りヒラヒラと笑顔で手を振る九十九の横に立つ真希。

真希の顔は半分火傷の後、額には包帯が巻かれ痛々しい。

ロングだった髪は炎に焼かれたのか、ショートになっていた。

……真希先輩!?

虎杖は驚いている。

真希さん!!もう動いていいの?

乙骨が足早に駆けつける。

応 問題ねぇ

見た目の痛々しさとは裏腹に、元気そうな真希。

火傷は仕方ないさ 反転術式でも跡は残る でも流石は天与呪縛のフィジカルギフテッド

最後の最期で呪いへの耐性ではなく 生来の肉体の強度が生死を分けた

当主のことは残念だったね

と、九十九が言う。

別に競ってたわけじゃないっスよ

と、真希。

禪院家として呪力をほぼ持たないことで落ちこぼれ扱いされていた真希、肉体の強度は直毘人よりも高くそのお陰で生き残れたのだ。

恵 天元様の結界の話は

真希が恵に聞く。

恵が説明しようと話し出すと、

俺から話そう

恵の肩にポンと手を置いて、腸相が話しだした。

扉から薨星宮の途中には 高専が呪具や呪物を保管している”忌庫”があるな

忌庫には俺の弟達 膿爛相(のうらんそう)・青瘀相(しょうおそう)・噉相(たんそう)・散相(さんそう)・骨相(こつそう)・焼相(しょうそう)の亡骸が在る

亡骸でも6人も揃えば俺の術式の副次的効果で気配くらい分かるハズだ

こんなところで腸相の察知能力が役に立つとは…!

本当に味方になってよかった存在ナンバーワンだ。

Good!!

九十九は嬉しそうだ。

腸相の提案があるまで、天元までたどり着く算段がなかったのだろう。

それはいいとして コイツは誰だ

真希がごもっともな質問をする。

……

乙骨、虎杖、恵、誰も何も答えない。

腸相は何と説明していいかわからない存在なのである。

ようやく虎杖が口を開く。

とりあえず俺の……兄貴ってことで……

俯きつつも、しっかり兄貴と言った虎杖。

それを聞いた腸相は、

悠仁ーーー!!!!

と、大興奮。

だが、そんな腸相を置いて一同は奥の階段に進むのであった。

これは人間なのか!?天元の驚くべき素顔

腸相の誘導で、一つの扉の前に着いた。

あれだ 間違いないこの先に弟達が眠っている 開けるぞ

腸相はそう言うや否や、扉を開いた。

!!!

扉の奥に広がっていたのは樹海のような木々が生い茂る場所。

扉を潜ったそばには、腸相が言っていた忌庫が見える。

降りよう 奥に薨星宮へと続く昇降機があるんだ

そう案内する腸相。

弟達が眠る忌庫は素通りして、まずは天元に会いに行くという腸相に虎杖は声をかける。

分かってる 後で迎えにくる もう少し待っててくれ

腸相は忌庫に向かってそう声をかけると、皆と一緒に先に進むのだった。

 

ゴウンゴウン

凄い音をたてて昇降機が動く。

薨星宮に到着すると、広場には古い血痕が広がっていた。

血痕…?何かあったのかな

広場を横切りながら虎杖が聞く。

11年前の話さ 今思えば全ての歪みはあの時始まったのかもしれない

九十九が昔を思い出しながら答える。

虎杖、恵はもちろん、乙骨、真希もそのことは知らない。

この血痕は恵の父である伏黒甚爾が事件を起こしたときのものだった

さぁ皆 本殿はこの先だよ

暗いトンネルを抜けると、いよいよ本殿に着くらしい。

クソッ

九十九が言う。

本殿に着くはずだったのだが、何もない真っ白な空間に来てしまったのだ。

なんもねぇ

と、虎杖。

これが本殿?

恵も不思議そうだ。

いや 私達を拒絶しているのさ 天元は現に干渉しないが 六眼を封印された今なら接触が可能だと踏んだんだが 見通しが甘かった

九十九はそう答えながら、拒否されているのは自分が原因かもと考えていた。

恵は困惑ぎみ。

頼みの綱である天元に会えないとなると、津美紀を救うために何をすればいいのかわからないのである。

戻ろうか 津美紀さんには時間がない

乙骨が声をかけたその時、

帰るのか?

どこからともなく聞こえる何者かの声。

初めまして

誰もいないはずの真っ白な空間に突如現れた。

禪院の子、道真の血、呪胎九相図そして 宿儺の器

そこにいたのは、体は人間だが目が四つ、大きな口をもつ者。

仁王立ちでこちらを見ていたのだ。

ここにいるということは、きっとこの者が天元なのだろう。

呪霊のような風貌は予想外である…!

書き手にコメントを届ける

あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。