呪術廻戦 ネタバレ145話感想【加茂の本名発覚!繋がる全てのピース】

前回144話で、虎杖は恵に促されて乙骨、腸相と共に高専に向かった。

高専で待機していた九十九、真希と合流。

天元に獄門彊の解き方、加茂憲倫の目的や今後の出方を聞くために全員で薨星宮へと向かった。

死滅回游を終わらせるためには天元を頼るしかないのである。

腸相の誘導により、遂に天元の元にたどり着いた一同。

果たして天元は問いに答えてくれるのか…?

『呪術廻戦』145話のネタバレありの感想とあらすじをお送りする。

ついに発覚!加茂の本名

私には挨拶なしかい?天元

唯一、天元に何も言われなかった九十九が口を開く。

ついに現れた天元に、他の一同は無言だ。

君は初対面じゃないだろう 九十九由基

どうやら九十九と天元は関りがあったようだ。

……何故薨星宮を閉じた

なかなか姿を見せなかった天元に苦言する九十九。

羂索(けんじゃく)に君が同調していることを警戒した

私には人の心までは分からないのでね

九十九の予想通り、九十九自身が疑われていたのですんなり会えなかったようだ。

羂索?

聞いたことがない名前に、怪訝そうな表情を見せる九十九。

羂索とはかつての加茂憲倫、現在のニセ夏油に取り付いている術師の本名なのだ。

やっと敵の情報がひとつわかった。

天元様はなんでそんな感じなの?

虎杖がシリアスな話をしている最中に割って入る。

人間離れした姿が余程不可解に見えるのだろう。

私は不死であって不老ではない 君も500年老いればこうなるよ

目が4つ、まるで呪霊のような姿の天元は、そんな虎杖に笑顔で答えるのであった。

天元曰く、11年前に星漿体との同化ができなかったため老化が加速。

さらに個としての自我が消え、天地そのものが自我になったとのこと。

どうりで”声”が増えないわけだ

もう一人星漿体がいて、そちらと天元が同化したと考えていた九十九は、その答えに納得。

あのとき星漿体の代わりはいなかったので、天元は天地と同化し安定していたのだ。

羂索の真の目的と天元の新事実

すみません

手を上げる恵。

僕達はその羂索の目的と獄門彊の解き方を聞きに来ました

と、乙骨も質問。

一同はこの問いの答えを知りたいのだ。

しかし天元は答える代わりに条件を突き付けてきた。

その条件とは、乙骨・九十九・腸相の3人の内2人に残ってもらうということ。

自身の護衛をお願いしたいそうだ。

本来、不死であるはずの天元に何故護衛が必要なのか不思議そうな乙骨。

封印とかを危惧してるんですか?

真希も質問する。

フェアじゃないなぁ 護衛の期間も理由も明かさないのか?

キレ気味の九十九。

確かに不死の存在である天元の護衛につくということは、とてつもない時間を拘束されそうだ。

そんな様子に天元は、羂索についての説明を始める。

あの子の目的は日本全土を対象とした人類への進化の強制だ

これは羂索自身が渋谷事変でも言っていたことである。

それは聞きました

恵がすかさず質問する。

人類の進化の強制とは具体的に何か。

何故天元の結界を利用し「無為転変」で日本の人間全員を術師に変えなかったのか。

それに対しての天元の答えはこうだ。

単純に羂索の呪力では日本全土の人間に「無為転変」をするのは不可能。

うずまきで精製した呪力は術師に還元できず、一人一人を進化させるのには効率が悪いという。

羂索が取る進化手段は 人類と天元の同化だ

天元は、羂索の目的について断言する。

!!?

予想外の答えに一同はパニック。

あれでも同化って…

話に聞いていた情報との違いに、虎杖も困惑。

星漿体にしかできないハズだ

冷静に指摘する恵。

500年に一度、星漿体と同化することで安定を保っていた天元。

本来であれば星漿体以外との同化は不可能。

しかし11年前、星漿体である理子との同化ができなかった天元は変わらざるを得なかった。

今の私なら星漿体以外との同化もできなくはない

天元はたった11年でとんでもない進化を遂げてしまったのだ。

だが天元は一人だろう どうやって複数の人間と同化するんだ?

人類との同化、複数の人と同化することに疑問を感じる腸相。

ごもっともである。

その問いに対して、今目の前にいる天元ですら実体ではなく、進化した魂は至る所にあるという答えが返ってきた。

天地そのものが自我となった天元は、複数人との同化が可能。

さらに恐ろしいことを話しだす。

現状は結界術で形も理性も保てているが、たくさんの人類と同化してその中の一人でも暴走すれば世界は終わる、とのこと。

個としての境界がないんだ 悪意の伝播は一瞬さ

一億人分の穢れが世界に流れ出る 先の東京が世界で再現されるんだ

確かに今、東京だけで起きていることが世界規模になれば収拾がつかない。

まさに世界の終わりなのだ。

何のためにそんなことをするのかわからないという虎杖に、人の心まではわからないので答えられないと言う天元。

でもそれって天元様が同化を拒否すればいいだけじゃないっスか?

確信に迫る真希。

しかしそうとはいかない理由を天元は語るのだった。

進化してしまった天元は呪霊に近い存在で、羂索の呪霊操術の術式対象なのだ。

つまり、羂索と対峙すればすぐに取り込まれ、一億の人を術師を超える存在に変えられるかもしれない。

想像を絶する事態に一同は言葉を失う。

それゆえに天元は今、薨星宮で全てを拒絶しているのだ。

最初に出した条件の護衛とも話が繋がった。

羂索は私に次ぐ結界術の使い手 薨星宮の封印もいつ解かれるか分からない

天元は危機に直面していたのだ。

因果で繋がる全てのピース

何故今なんだ

九十九が聞く。

少なくとも千年術師をしているであろう羂索が、何故このタイミングで事を起こしているのかわからないという。

「天元」「星漿体」そして「六眼」これらは全て因果で繋がっている

ここから天元が説明する。

天元によると羂索は過去に2回六眼に敗れている。

二度目の羂索は徹底しており、星漿体も六眼も全て生後一月以内に殺したが同化当日にどちらも再び現れた。

その後羂索は、同時に2人現れることのない六眼を、殺すのではなく封印することに方針を変えて獄門彊の捜索を始める。

だが11年前、禪院甚爾の介入で予期せぬ事が起こったのだ。

完全に呪力から脱却した存在である甚爾が、天元達の運命を破壊。

さらに天元を取り込める可能性をもった呪霊操術師の夏油の存在。

意図せず全てのピースが揃ったのだ。

最後のピースである獄門彊も6年前に手に入れた羂索にとって、今が絶好の機会なのである。

じゃあ死滅回游は何のために行われるんですか?

訳が分からないという様子の恵。

確かに羂索自体が天元と同化する目的であれば、多くの人を巻き込む必要もなさそうである。

しかし、天元は死滅回游は星漿体以外と同化するための慣らしであると答える。

死滅回游を行うことで、天元との同化の成功率を上げるというのだ。

羂索自身、儀式を成立させるために”縛り”を負っている。

その一つが死滅回游の管理者ではないということ。

しかし、そのことにより羂索を殺しても死滅回游は終わらない、という嬉しくない事態になっている。

泳者(プレイヤー)が全員死ぬ、もしくは参加を拒否して死ぬまで死滅回游は永続するのだ。

となると……

…だね

乙骨と恵は察した。

6、プレイヤーは自身に懸けられた点を除いた100得点を消費することで管理者と交渉し死滅回游にルールを1つ追加できる。

このルールを利用しようというのだ。

津美紀のようにゲームに消極的な人をゲームから抜けるルールを追加しよう、と乙骨は提案する。

恵は五条の解放も並行して行おうと提案。

確かに六眼をもつ五条がいれば、一気に片がつきそうだ。

天元様

教えてモードの虎杖に対して、先に誰が残るか決めろという天元。

腸相と九十九が同時に自分が残ると申し出るのだった。

腸相は弟達の救済のため羂索と戦いたい、九十九は天元とまだしたい話があるそうだ。

そんな2人に対し、乙骨は

はい!僕はもう皆と離れたくないので!!

と、嬉しそうに受け入れるのだった。

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。