呪術廻戦 ネタバレ146話感想【死滅回游対策会議!新たなプレイヤーは売れないピン芸人?】

前回145話では、天元によりニセ夏油の中の術師が「羂索(けんじゃく)」という者であると判明。

さらに羂索の目的と五条の封印された獄門彊を解除する獄門彊「裏」の存在が明かされ、引き換えに腸相と九十九が天元の護衛に残ることになった。

獄門彊「裏」を開けるには、死滅回游に参加している天使(来栖華)の術式が必要なのだ。

千年前の術師だという天使は果たして味方になってくれるのか…?

『呪術廻戦』146話のネタバレありの感想とあらすじをお送りする。

虎杖困惑!死滅回游の情報整理

術式を…消滅させる?

天元の言葉に戸惑う恵。

あぁ 天使の術式なら獄門彊「裏」を開けることができる

天元はそう明言するものの、死滅回游の結界が天元を拒否しており天使の正確な居場所はわからないという。

東京の東側の結界にいる、ということだけ情報を得ることができた。

まずそこから整理しようか

そう言って、天元は再び時空の狭間に獄門彊「裏」を隠すのだった。

ここから結界(コロニー)についての詳細が説明される。

全国に10の結界があり、それが日本の人間を彼岸と結ぶ結界と繋がっている。

北海道は呪術連の結界により既に慣らしが済んでいるため、今回結界はない。

儀式が終わるまでおよそ2ヶ月とのことだ。

”彼岸へ渡す”と聞くと仰々しいが日本にいる人間全員に呪をかけて同化の前準備をしているのさ

と、九十九はわかりやすく解説を加えた。

ここから死滅回游についても整理していく。

1、泳者(プレイヤー)は術式覚醒後 十九日以内に任意の結界にて死滅回游への参加を宣誓しなければならない。

津美紀が死滅回游に参加するまでのリミットは、ざっと計算してあと10日と15時間。

2、前項に違反した泳者からは術式を剥奪する。

術師にとっては術式を剥奪=死ぬ、ということ。

ただし、真希のように術式を持たない術師には剥奪するものがないのでノーリスクなのだそう。

術式の剥奪について、「無為転変」で行われるわけではなく脳に無理やり作用すると、過去に家入硝子が話していたらしく、真希は納得していた。

ルール的にも剥奪されると死ぬと思うよ じゃなきゃ皆参加拒否するだろうし

硝子の意見は確かに、と思わせられるものであった。

3、非泳者は結界に侵入した時点で泳者となり、死滅回游への参加を宣誓したものと見做す。

虎杖は気になっていた。

これさぁ はじめから結界の中にいる一般の人らはどうなんの?

これに対しては、少なくとも1度は外に出る機会を与えられるらしい。

泳者が自ら死滅回游に参加するという前提にすることで、結界から出るために戦わせて活性化を狙っているのだ。

4、泳者は他泳者の生命を絶つことで点(ポイント)を得る。

5、点とは管理者(ゲームマスター)によって泳者の生命に懸けられた価値を指し原則術師5点、非術師1点とする。

ゲームマスターとは、各泳者に1体ずつ憑く式神「コガネ」

蜂のようなシルエットで説明されているが、まだ謎の存在だ。

死滅回游のプログラムのような存在らしい。

ルールの複雑さに、虎杖は段々困惑するのだった。

6、泳者は自身に懸けられた点を除いた100得点を消費することで管理者と交渉し死滅回游に総則を1つ追加できる。

既にあるルールを消したい場合、遠回しに否定するならいけるかもしれないという。

7、管理者は死滅回游の永続に著しく障る場合を除き、前項によるルール追加を認めなければならない。

一見判断基準がこちらにないように思えるルールだが、羂索に利益が偏ることはないそうだ。

8、参加または点取得後、十九日以内に得点の変動が見られない場合、その泳者からは術式を剥奪する。

また…人を殺さなきゃいけないのか

そう考え込む虎杖に

いや…いくつか考えがある

と、恵。

殺さずに点を取る方法なんてあるのか…?

それぞれの行動が決定!停学中の3年・秤も駆り出す

死滅回游について整理ができたところで、今後の動きについての話し合いが始まる。

前145話で決まったように、まず九十九・腸相は天元の護衛。

真希は、禪院家に戻って呪具の回収をするようだ。

というのも、五条が封印され当主が恵になったため、忌庫があさり放題になってしまったからである。

現在は加茂家と禪院家が持ち出してスッカラカンなのだそう。

お!?

恵が当主になったことを初めて知った虎杖は驚く。

ただ、真希はその前に組屋鞣造(くみや じゅうぞう)のアトリエに用があるそうだ。

組屋は過去にニセ夏油と組んでおり、五条に敗れ高専に捕らえられていたと考えられる。

ここで名前が上がるとは意外だ。

真希は用が済み次第、パンダと合流し死滅回游の平定に協力するという。

 

乙骨は身内で潰し合いを避ける、さらに津美紀に何かあったときのため近場の結界を避けて死滅回游に参加するという。

虎杖とは別行動するようだ。

結界内では連絡が取れないことが予測されるため、お互いの動きが見えない。

つまり、虎杖と乙骨で交わした「もし次 俺が宿儺と代わったら迷わず殺してくれ」という約束は履行できなくなるのだ。

乙骨が虎杖の近くにいれば伏黒は安全だが、戦力的には乙骨は単独で動く方が効率がいい。

悩む2人に、

言ってる場合か大丈夫だ もしそん時は俺が死んだあと 殺してもらえ

と、不安がる虎杖の胸を叩きながら恵が言った。

本当に悩んでいても仕方がないのだ。

恵は自分の命の心配より、刻一刻と津美紀のリミットが近づいているほうが気がかりなのであろう。

オマエらは予定通り金次(きんじ)のとこ行け

真希は、虎杖と恵にそう指示する。

金次?

と、虎杖。

秤 金次 停学中の3年生だよ

乙骨が答えた。

さらに、人手が足りないからなにがなんでも駆り出せという真希の勢いに、

その人強いの?

と、虎杖は興味津々である。

ムラっ気があるけどノッてる時は僕より強いよ

と、乙骨。

真希は否定していたが、かなり期待できる人物のようだ。

 

それぞれの約割が決まり、一同は薨星宮を後にする。

腸相!!ありがとう 助かった

天元達の元を去る前に虎杖が言った。

…死ぬなよ

腸相が答える。

2人には何とも言えない絆ができたように思える。

新たなプレーヤーはピン芸人「高羽史彦」

場面が変わり、ここはどこかの劇場。

お笑いライブが行われていた。

ステージ上で一人のピン芸人、高羽が出番を終える。

まばらな拍手から、あまりウケなかったことがわかる。

いつまでそないしとんねん!!やめーや こっちまで辛気臭ぁなるわ!!

控室の隅で頭を抱える高羽に、怒声が飛ぶ。

もう35歳だと言う高羽に、向いていないからやめちまえと怒声を飛ばした男はその場を後にするのだった。

そのやり取りを聞いていたケンさんという男が話しかける。

俺は嫌いやなかったで高羽のネタ

ケンさんが言うには、売れ続ける芸人には「ずっとおもしろい奴」「ずっと自分のことおもしろいと勘違いできる奴」の二種類あるらしい。

オマエはどっちや

と問われ、高羽の表情がこわばっていく。

五分五分だと言うけれど…本当は七三くらいが……

意味深につぶやくのだった。

背後には呪力のようなものが発生していた。

実はこの高羽も、死滅回游の泳者に選ばれていたのだ。

考察①組屋鞣造のアトリエとは?

組屋鞣造とは、ニセ夏油(羂索)についていた呪詛師。

スキンヘッドに裸エプロンと、若干変態チックな見た目の男だ。

この男は人体を使った家具や道具を作るという、猟奇的な能力を持っている。

過去に登場したときは、「五条のハンガーラックを作りたい」と、危ない発言をしており、かなりの変人だと思われる。

実際にはそれは叶わず、五条に手足を潰されてしまったのだが…

話の流れから今は捕らわれ、高専の管理下にいると考えられる。

組屋の作る武器は刀の持ち手がそのまま人の手だったりと奇妙なものだが、特殊な力を持っているのだろう。

高専メンバーが使える強い武器が今後登場するのか、期待できそうである。

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。