呪術廻戦 ネタバレ148話感想【真希vs扇、因縁の親子対決!】

前回147話では、上層部からの死刑宣告により、捕らえられていた夜蛾が楽巌寺に処刑された。

夜蛾は息を引き取る直前、楽巌寺に秘密にしていた完全自立型呪骸の製造方法を明かす。

同じく捕らえられていたパンダは、夜蛾に恩のある日下部によって救出される。

急いで夜蛾の元に向かうが、あと一歩のところで死に目に間に合わなかった。

前話には天元の指示で、動き出した虎杖達の様子は描かれていなかった。

死滅回遊から津美紀を救出するため、獄門彊から五条を解放するため…果たして一同は、それぞれの役割を果たせるのか…?

『呪術廻戦』148話のネタバレありの感想とあらすじをお送りする。

イケメンなのに超性悪の直哉再び!

場所は禪院家。

誰かと思ったわ

足を組み頬杖をついた直哉が、ニヤニヤと嫌みっぽく話かける。

今回148話は、禪院家に呪具を回収する目的で戻ってきた真希にフォーカスされた。

天元との話では、組屋鞣造のアトリエに寄ってから向かうとのことだったので、既に用事を済ませてから到着したようだ。

女を顔で判別できたんだな、とサラッと嫌みを返す真希。

禪院家では呪力がないだけで散々な扱いをされてきただけあって、慣れている様子である。

取柄の顔までグズグズになればもう誰も真希のことを気にも留めない、とさらに畳み掛ける直哉に真希は無表情。

寂しいなぁ また昔みたいにいじめたろか

そう、昔から真希は直哉にひどい扱いを受けていたのであった。

脳裏に地面に倒れた真希が直哉に踏みつけられている光景が浮かぶ。

どうすんの?乙骨君と恵君の金魚のフン?

そう直哉に言われても、終始無言を貫く真希だった。

なれるものならなりたかった。想いを胸に真希は進む

場所が変わり、忌庫へ続く道中、真希は母親と対峙していた。

母親は着物をきっちり着こなし、直立不動で真っすぐ真希を見据えていた。

戻りなさい 忘れたの?忌庫への立入りは私達に許されていないの

忠告する母親に、真希は当主から許可を得ていると鍵を見せつけるのだった。

ここから真希の回想がはじまる。

場所は病院。

禪院家当主!?俺が!?

驚く恵だが、面倒だからとすぐに断る。

そんな恵に、真希は直毘人の遺言で決まったことだから受けてほしいと頼む。

恵が当主になれば自分たちも呪具が好きに使えるようになるほか、御三家や総監部の情報も手に入るのだ。

これは断ったらもったいない千載一遇のチャンスだと推す真希に、乗り気になれない恵。

じゃあ真希さんがやって下さいよ

と反抗するも、相伝の術式を継いでいること、領域を会得していること、五条に目をかけられていたこと、と到底真希では敵わない条件を恵が持っていると諭す。

まだ私じゃだめなんだよ

なれるものなら、真希だって当主になりたいのだ。

妹である真依の居場所を作ってやれない、そう寂しそうに言う真希に恵はようやく折れるのだった。

 

戻りなさい!!

母親の怒鳴り声で現実に引き戻される真希。

それでも無視して母親の横を通り抜ける。

一度くらい産んで良かったと思わせてよ…真希

うつろな目で訴える母親を、真希は何も答えず後にするのだった。

母親の静止を無視して忌庫へ到着した真希。

重厚そうな扉の鍵を開ける。

ザァァゴゴゴゴ

すごい音をたてながら扉が開く。

中に入ったそのとき

親父…!!

そこには父親である禪院扇が座っていた。

ここに呪具はないぞ真希

真希たちの行動を見越してひとつ残らず空にしていたのだ。

そう言って立ち上がった扇の後ろには、血を流した真依の姿が…。

なんできたのよ馬鹿

倒れたままそう言った真依は既に虫の息だ。

突然の光景に

真依!!

声を上げる真希であった。

直哉と甚壱の野望

一方直哉は、同じく当主になりたかった禪院甚壱と話していた。

こうする気やったら初めからそう言えや

直哉はふんぞり返って偉そうにテーブルに足をのせている。

何やら人で恵みを当主から引きずり下ろす算段をしているようだ。

既に恵を抹殺しようと動いていた直哉に、先走りすぎだと甚壱は言った。

禪院家と五条家の関係を修復するために恵を後押しする存在が少なくないこともあり、恵のことも少なからず認めているらしい 。

しかし、全財産を恵に譲るということが納得できないのだ。

じゃあ何をトロついとったん?

イラつく直哉。

納得できないならすぐに叩けばいいのに、といった調子だ。

今まで甚壱が動かなかったのは、恵が加茂家次期当主の加茂憲紀とも友好な関係にあったからだという。

理由もなく消せば、五条が封印された今の勢力争いに遅れをとることが懸念されたのだ。

ではなぜ今になって動いたのかわからないという直哉に、総監部の通達をろくに聞いていないな、と甚壱は馬鹿にする。

二、五条悟を渋谷事変共同正犯とし呪術界から永久追放

かつ封印を解く行為も罪と決定する

利用しない手はない

五条の封印を解こうとする恵、真希、真依を謀反射として抹殺しようというのだ。

くっくっくっ実の娘も殺した方が信憑性が増すもんなぁ

それによって総監部からの信頼も強固となる狙いもあるのだ。

いいことを聞いたとばかりに直哉は笑うも、扇のおじさんはそれでいいのかと珍しく心配する。

表情ひとつ変えず甚壱が言ったのは驚きの事実だった。

発案者は扇だ

”オマエ達が出来損ないだからだ !!”因縁の親子対決の結末は…

忌庫では扇と真希が対峙していた。

抜刀する構えに入る扇。

秘伝「落花の情」。

呪力により触れたものを追撃する領域対策「落花の情」を居合に転用。

万が一の交渉材料として生かした真依の所持する未知の呪具、それら不足の事態に備えつつ渾身の一振りを放つ。

対する真希も呪具を持って構える。

呪具「竜骨」。

組屋鞣造の傑作、刃で受けた衝撃と呪力を蓄積し、使い手の意図に合わせ峰から噴出する。

真希は呪具の効力を知らない扇に、居合の勝負にのったと見せかける作戦にでた。

一撃目ではなく、二撃目、三撃目で斬るというのだ。

まさに抜刀するというとき、扇が問う。

何故前当主が自分ではなく自分の兄だったか知っているか、と。

テメェが子供を殺せるクソ野郎だからだろ

そう真希が答えた瞬間、扇が抜刀。

かろうじて攻撃を受け止めた真希は、扇に向かって竜骨を振り下ろす!

扇は攻撃を受けまいと刀で受け止めるも、真希の威力に耐え切れ刀身が飛ぶ。

その隙を逃すまいと真希が再び攻撃!

捕らえた!

そう思ったそのとき、攻撃は扇の残像を斬ったのだった。

一方の真希は顔面に斬撃をくらい、血が勢いよく噴き出していた。

扇の折れたはずの刀身が、なぜか復活していたのだ。

何故私が当主になれなかったか…

それは子供のオマエ達が出来損ないだからだ…!!

さっきの一瞬で顔だけでなく腹部、そして竜骨も折られ、真希は完敗したのだった。

扇の頬には涙がつたう。

自分が当主になれなかった悲しみか、娘達を失ってしまうことへの感情なのか…。

それは本人のみぞ知る。

考察・感想①禪院家の関係性

禪院真希

今回の主役である禪院真希は真依の双子の姉。

禪院家では珍しい一般人並みの呪力しかもたず、呪具を使って戦闘している。

落ちこぼれ扱いをする禪院家を見返すべく、高専に入学した。

真希と真依が交流会で対峙したときは仲が悪そうに見えたが、今回真依が倒れているのを見たときの反応からすると、そこまで仲が悪くはなさそうだ。

禪院扇

真希と真依を斬ったのは、実の父親である禪院扇だ。

禪院家26代当主だった禪院直毘人の弟で武士のような恰好をしている。

特別1級呪術師なので腕は確かだが、冷徹な性格なのがわかった。

禪院直哉

嫌みな性格の禪院直哉は若いながらも扇と同じ特別1級術師という実力者。

前当主である直毘人の実の息子で真希のいとこにあたる。

直毘人が死亡したとき、悲しいよりも次の当主が誰なのかを気にしていたほど、禪院家当主の座を狙っている。

男尊女卑は当たり前、過激な思考の持ち主である。

禪院甚壱

扇、直哉と同じ特別1級呪術師。

額に大きな十字傷があり、ガタイのよい身体をしている。

伏黒甚爾とは兄弟関係のようだ。

直哉のことは好きではないようだが、当主の座を狙う目的は同じため今回密会していたと考えられる。

 

強者揃いの禪院家だが、強さだけが注目されている故に性格悪い人が多いように思える。

この上に恵がすんなり立てるとは考えにくい。

今後、当主の座を巡っての戦いが起こるのは必至。

戦いまでに恵の実力がどこまで上がるかが気になるところだ。

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。