呪術廻戦 ネタバレ149話感想【命を懸けた真依の想いを胸に、真希勝利!】

前回148話では、真希が呪具を回収するため禪院家に到着。

静止する母親を無視し、たどり着いた忌庫では父・禪院扇が待ち構えていた。

オマエ達の動向を見越して空にしておいた

言葉の通り忌庫には何一つ物がなく、そして扇の足元には血まみれで動けない真依の姿があった。

総監部から新たに出た「五条悟を永久追放、そして封印を解く行為も罪」との通達にのっとって、扇は実の娘をも排除しようと目論んでいたのだ。

因縁の親子対決、互いに譲らぬ打ち合いの末に真希は扇の刀身を破壊する。

しかし、とどめを刺そうとした瞬間、折れたはずの扇の刀が復活…!

真希は斬りつけられ、顔と腹部から血を吹き出すのであった。

瀕死の真依を助けられなかった真希はこのまま敗北してしまうのだろうか…?

『呪術廻戦』149話のネタバレありの感想とあらすじをお送りする。

「さらば我が人生最大の汚点」娘2人を懲罰部屋に投獄する扇

刀身を折り 間合いを縮めたと判断し 深く踏み込んだな

だからオマエは駄目なのだ

扇は立つこともできない真希・真依の襟元を掴み、引きずりながら歩いている。

私は剣士ではない術師だ

当主になれなかったのはオマエ達のせいだとくり返す扇。

前当主に選ばれた兄の直毘人の術式は歴史が浅く、相伝であるかどうかは関係なかったという。

そんな兄に扇が唯一劣っていたのが子供の存在だった。

術師として兄に遅れをとったことがないという扇は、それぞれの子である直哉と真希・真依の出来の違いで当主になれなかったのだと言う。

子が親の足を引くなどあってはならない

めちゃくちゃな言い分である。

知らないの?この国では足の引っ張り合いが美徳なのよ

真依がそう言い返すも、スルーされた。

扇が辿り着いたのは、しめ縄を張り巡らせた怪しい入口。

躊躇なく2人を、階段の下に放り投げる扇。

2級以下の呪霊が無数にいるその部屋は、試練と懲罰で使われているらしい。

柱の陰から2人の様子を見ている呪霊達がコソコソささやいている。

扇がいなくなれば弱った2人を喰いに出てくるのだ。

天与呪縛…フィジカルギフテッドなんか誰でも持っている、と動かない真希に吐き捨てるように言う扇。

さらば我が人生の汚点

そう言って、2人を残し去っていった扇だった。

真依、命を懸けて真希にすべてを託す

気を失った真希と、何とか動ける状態の真依。

流石しぶといわね

いつか…こうなるんじゃないかって思ってた

真依は真希の胸に手をあて、生きていることを確認してつぶやいた。

最悪

真希の顔面に近づいた真依は術式を発動。

ここで景色がガラッと変わる。

目を覚ました真希は、どこかの浜辺に横たわっていた。

私の術式もう大体分かってるでしょ

声の方向をみると真依が横に座っている。

もともと大きな物や複雑な物を作れないという真希は、扇に斬られた傷もあるためこれを作ったら死ぬと淡々と説明。

じゃあね後は一人で頑張んなさい

真依はそう言うと、ザブザブと海の中に入っていく。

!?おい!!真依!!待て!!

慌てて身体を起こして呼び止める真希に、真依は言った。

私随分前から分かっていたのよ

それは呪術師にとって双子が何故凶兆なのかということ。

何かを得るためには何かを差し出さないといけない、これは”縛り”だけの話ではなく強くなるためにも当てはまるという。

それが一卵性である双子の自分たちになると、成り立たないというのだ。

一卵性双生児場合は呪術では同一人物とみなされるので、真希が血反吐を吐き強くなろうとしても、妹の真依強くなりたくないなら意味がないということ。

アンタは私で私がアンタなの

呪力の少ない真希がいくらフィジカルギフテッドといっても、真依が術式を持っていれば意味がないということなのだ。

自分がいる限り真希は一生強くなれない、と力説する真依に

分かったから…!!戻れよ!!

真希が必死に声をかける。

自分の強さよりも、真依を失うことの方が嫌なのだ。

これだけは置いてくわ 他は捨てなさい

追ってきた真希に、そっと真依が手を差し出した。

その腕をしっかり掴む真希。

呪力もなにもかも私が持っていってあげるから

と、真依は振りほどいた。

全部 壊して

約束、と言う真依。

その瞬間、幼いころの姿に戻る2人。

そこには満面の笑みを浮かべた真依がいた。

全部だからね お姉ちゃん

 

真依

意識を取り戻した真希の手には立派な刀が握られていた。

真希と真依は、重なり合うように倒れこんでいる。

涙を流しながら真依の名を呼ぶが、反応はない…。

そうしている間にも2人の周りには、ぞろぞろとたくさんの呪霊が集まっているのだった。

「体が覚えている、あの恐怖」震える扇。覚醒した真希の渾身の一撃

2人を放り、立ち去っていた扇が部屋からの異様な気配を察知する。

呪霊の消失反応…!?

ただ事ではない気配に、部屋のほうを振り返り刀を構える扇。

その視線の先には、階段を上がってきた真希と真依の亡骸。

かつて呪力を持たずして圧倒的な強さをみせた伏黒甚爾、その再来を思わせる迫力に恐怖心が蘇る。

ただならぬ気迫に甚爾の姿が重なり、一瞬固まるもすぐに術式を発動。

術式解放 「焦眉之赳(しょうびのきゅう)」!!!

そう言うと扇の刀身が激しい炎で包まれる。

いいだろう!今一度この手で骨の髄まで焼き尽くしてくれる!!

真希に刀を向けまさに斬りかかろうとした、その時…

来い!!!出来損ない!!!

その言葉と同時に、なんと扇の頭は真っ二つに切り落とされてしまった。

あっけないほど一瞬の出来事…。

真依はじめるよ

静かに呟く真希だった。

考察・感想①真依の術式

真依の能力は自分の呪力を構築して何もないところに物質を作り出すというもの。

作られた物質は術式終了後も消えることはない故に、呪力消費が激しく身体への負担も大きいのである。

普段の真依に作れる物質は、一日一発の弾丸を作るのが限界。

しかし今回真希のために自分の力の限界を越え、命をささげて呪具を生成した。

真依の死によって一卵性双生児のマイナス要素であった呪術上の同一人物、という点も解消されたのである。

これからは真希が頑張るだけちゃんと力がついていくのだろう。

さらに死に際に真希の少ない呪力をすべて持ち去った真依。

かつて強大な力を持っていた伏黒甚爾と同じ、呪力0の状態になったのだ。

特別1級呪術師の扇を一撃で倒せるほどの力を得た真希。

命を狙う直哉、甚壱との戦いでさらにその実力を発揮するだろう。

今後の戦いからも目が離せない。

考察・感想②元祖・フィジカルギフテッドの伏黒甚爾

産まれながらに呪力0だった甚爾。

天与呪縛、その代わりに驚異的な身体能力と五感を持っており、呪具を使えば呪霊とも戦えた。

驚異的な能力を持つも呪力を重要視する禪院家では疎まれ、嫌われて育つ。

禪院の名を捨て、結婚を機に伏黒に改姓し後に恵が誕生する。

術死殺しの異名を持ち、過去には五条に深手を負わせたことも。

今回の真依の話で一卵性双生児の双子は呪術では同一人物で、片方が術式を持っている限り強くはなれないという話があった。

甚爾と甚壱はこれまでの話から双子であると思われる。

だが、甚爾もさることながら甚壱も特別1級呪術師なので決して弱くはない…。

ということは、確かに顔も全然違っていたので双子だったとしても二卵性なのだろう。

甚爾は真希の完成形と言われていた。

そんな真希は甚爾と同じく呪力0になり、さらに真依の死と引き換えに特別な呪具も手に入れた。

すぐにでも当主になれる実力に値するのではないだろうか。

しかし、真希が当主になりたかった理由は妹である真依のためだった。

それを考えると、酷な話である。

 

真希は妹の死を乗り越えて進めるのか…?

次回150話からも目が離せない!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

147話 148話 149話 150話 151話

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。