鬼滅の刃 ネタバレ最新話203話感想【無惨の最期の悪あがき!炭治郎は人間に戻れるのか!?】

鬼滅の刃 ネタバレ最新話203話感想【無惨の最期の悪あがき!炭治郎は人間に戻れるのか!?】

前回の202話では、人間に戻った禰豆子が鬼となった兄 炭治郎を止めに戦場に到着!

禰豆子は必死に呼び戻そうと叫ぶもそう簡単にはいかなく、もはやこれまでか!と思われたその時、同期のカナヲが姿を現す。

鬼を人間に戻す薬を携えた彼女は決死の覚悟で炭治郎の懐へ迫り無事、薬の挿入に成功するのであった。

今回は人間に戻ろうとする炭治郎と人間に戻させはしまいと粘る無惨との最後の掛け合いが見どころだ。

『鬼滅の刃』最新話203話のネタバレありの感想お楽しみあれ!

201話 202話 203話 204話 205話
「鬼滅の刃が好き!」という方に朗報です。

最新の第21巻はあまりの人気で書店での売り切れが続出。

いち早く読みたいのに、手に入らなくてもどかしい!!

なんと、電子書籍サービスの「U-NEXT」なら、無料トライアル登録でもらえる600ポイントで、『鬼滅の刃21巻』を無料で読むことができます!

しかも1日、2日、1週間と待たずに、今すぐ自宅で読むことができます。

鬼滅の刃を無料で♪

U-NEXTで今すぐ読む

↑1巻から最新巻までイッキに読み返そう!↑

またU-NEXTなら、最新巻が読めるだけでなく『鬼滅の刃』のアニメも見放題!

こちらも無料トライアル期間に1〜26話まですべて観ることができるので、「鬼滅のアニメをまだ最後まで観ていない!」「もう1度観返したい!」という方はぜひストリーミングでお楽しみください!

鬼滅の刃を無料で♪

U-NEXTで今すぐ観る

↑1話〜26話までイッキに観返そう!↑

『鬼滅の刃』最新話203話の感想・あらすじ(ネタバレ)

自分の夢を押し付ける無惨に炭治郎は?

禰豆子の必死の叫びは兄 炭治郎にしっかり届いていた。

帰りたい

俺も家に帰りたいよ 禰豆子

人間に戻りたい、家に帰りたい、そう強く願い手を伸ばす炭治郎に、なんとしてでも引き止めたい無惨が最後のあがきで抵抗する。

人間化の薬の効果は絶大だが、本当に人間へと戻れるかどうかは炭治郎の意思次第ということだ。

炭治郎が無惨の甘い誘惑(鬼の王となり無限の命を手に入れる)に負けてしまえば、もう2度と人間へは戻れない、そういうことだ。

恨まれているぞ

誰もお前が戻ることを望んでいない

この類の戯言を無惨は炭治郎にひたすら浴びせ続ける。

しかし、炭治郎は決して心折れることなく、自分の意思を曲げることなく抵抗する。

それはお前が決めることじゃない

みんなが俺を心配してくれてる匂いでわかる

段々と言い返せなくなってきた無惨は自分の望みを全面に押し出して訴えかける。

前を向くな 人を信じるな 希望を見出すな

(中略)

自分のことだけを考えろ

目の前にある無限の生命を掴み取れ

鬼の王となって、鬼殺隊を滅ぼしてほしい。

これこそが無惨の願いであり意志だ。

自らがなし得なかった夢を、自らを越えうる器の炭治郎に託そうと、繋ごうと必死なのだ。

しかし、そんな都合のいい話に炭治郎が乗るわけはなく、ぴしっと言い返す。

無限の命なんか少しも欲しくない

いらない

みんなの所に帰りたい

これを聞いても、なお引き下がらない無惨は、今回の最終決戦で死んでいった柱たちのことを折り合いに出す。

お前だけが何も失わず

のうのうと生き残るのか?

無惨も必死だ。

しかし、死んでいったものたちのことを本当に考えるなら、何が何でも生き延びて新しい時代を作っていくことこそ、残されたものの使命だろう。

炭治郎の「帰りたい」という思いを後押しするように、死んでいった柱たちの手が、彼を支え始める。

必死すぎる無惨が哀れ

無惨の抵抗はまだ続く。

藤の花の匂いがしたかと思うと、そこから禰豆子の両手が炭治郎の右手に伸び、ギュッと掴んで離さない。

まだ諦めない無惨。

何故 お前だけが生き残るんだと叫んでいるぞ

何故 自分たちは失ったのにお前だけが…

炭治郎は断固否定する。

そんな人いない

自分ではない誰かのために命を懸けられる人たちなんだ

ここまで来ると、無惨がかわいそうでかわいそうで仕方がなくなる。

「毎月500万振り込んでやるから、おれの言うこと何でも聞けよ」

例えるなら、そんな感じだ。

炭治郎行くな!!

私を置いて行くなアアアア!!

これが鬼の王、鬼舞辻無惨の最期の雄叫びであった。

目を覚ました炭治郎の第一声が素敵

無惨の戯言に惑わされず、無事、人間に戻り、目を覚ました炭治郎!

炭治郎の人間に戻ってからの第一声がこれまた素敵で、彼の人間性を十二分に物語っていた!

ごめん怪我

大丈夫…か…

普通の人だったら、自分が人間に戻れた喜びを噛み締めて、そういう言葉を発してしまいそうだが、本当に仲間思いで優しい心を持つ炭治郎は自分が鬼化中に傷つけてしまったかもしれない同志の心配しているのだった!

かなり痛めつけられたはずの伊之助は目に涙を浮かべながらこう返答する!

お前にやられた傷なんか…

たいしたこと…ねぇぜ…

うん、いいやつだ!

一方の善逸くんはというと、禰豆子の方を向きながら、こう言う。

俺は…一生かけて…

償ってもらうから…

妻の分も……

おい!!笑

妻呼ばわりされた禰豆子は困惑ぎみだけど、それがまたかわいい!

 

前回、身を挺して炭治郎の体に人間化の薬を挿入したものの、振り向きざまの炭治郎に体を貫かれ、絶命したかと思われたカナヲも一命をとりとめていたことが確認できてホッとした!

 

日光にあたると消滅してしまう、ゆしろうは屋内に入り、深くため息をつき床に腰掛ける。

珠世の形見を懐から取り出し、抱きしめるように口づけをしながら終戦を告げるゆしろうで203話はおしまい。

珠世様

終わりましたよ……

まとめ

今週の『鬼滅の刃』の見どころは、次の3つ。

  • 炭治郎が無惨の甘い誘惑に打ち勝ち、人間へと無事戻る!
  • カナヲはなんとか一命をとりとめていた!
  • これにて長い長い鬼との戦いが終わった!

今回の激戦で鬼殺隊が失ったものはあまりにも大きいものですが、辛うじて生き残った炭治郎や義勇たち若い世代が作る新時代には期待が高まります!

次回204話はGW明け 5月11日発売の週刊少年ジャンプに掲載と、少しばかり間が空くのでご注意を!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

201話 202話 203話 204話 205話