鬼滅の刃 ネタバレ最新話204話感想【炭治郎が人間に戻れた2つの要因とは?】

鬼滅の刃 ネタバレ最新話204話感想【炭治郎が人間に戻れた2つの要因とは?】

前回の203話では、無惨の最後の抵抗を跳ね除け、炭治郎が無事人間に戻り、鬼との長い戦いが終わった。

今回は戦いから3ヶ月後、鬼殺隊のその後が見どころだ。

『鬼滅の刃』最新話204話のネタバレありの感想お楽しみあれ!

202話 203話 204話 205話
鬼滅の刃ファンのあなたへ

『鬼滅の刃』の最新刊21巻はもう読みましたか?

見どころは次の3つです!

  • 実弥と玄弥の最期の会話に号泣必至!
  • 無惨復活!炭治郎と義勇が挑む!
  • 死の淵をさまよう炭治郎が見たのは縁壱の記憶!?

集中して漫画を楽しむには単行本がうってつけです。

『鬼滅の刃21巻』は通常460円。

でも、「U-NEXT」なら無料トライアル登録時にもらえる600ポイントを使って1冊無料で読むことができます!

「登録が面倒」と思うかもしれませんが、実際に登録にかかった時間はたったの2分でした。

本屋さんに行ったりネットショップで買うよりずっと早く読めますよね?

キャンペーンは今月までの「期間限定」かもしれないので、ぜひこのチャンスを活かして『鬼滅の刃21巻』を1冊通して楽しんでください!

鬼滅の刃を無料で♪いつでも解約可!

U-NEXTで今すぐ読む

大人気の『鬼滅の刃』のアニメはもう観ましたか?

U-NEXTなら、漫画に加えてなんとアニメも見放題なんです!

トライアル期間中、『鬼滅の刃』1〜26話をすべて無料で観ることができます。

見始めたら止まらないぐらい面白いので、ぜひ一度は観てもらいたいです!

他にも18万本以上のアニメ・映画・ドラマが見放題で楽しめるので、お家で充実した時間を過ごしたければ必見。

2分程度の登録で漫画もアニメも無料で楽しめます!

解約はいつでもできるので安心です。

鬼滅の刃を無料で♪いつでも解約可!

U-NEXTで今すぐ観る

『鬼滅の刃』最新話204話の感想・あらすじ(ネタバレ)

炭治郎が人間に戻れた2つの要因とは?

鬼との最後の戦いを終え時が流れ3ヶ月後の蝶屋敷で炭治郎と禰豆子が兄弟で会話するところから今回スタート!

禰豆子のほうは体に異常なく元気でピンピンしているが、炭治郎はと言うと、左腕の肘から下が全く感覚がなくなり、右目は失明してしまったようだ!

2人の会話からなぜ炭治郎は鬼から人間に戻れたのかが明らかになった。

それはカナヲが炭治郎に注入したしのぶの薬の効果だけでなく、鬼になった後はじめに噛んだのが禰豆子だったこと、この2つが要因だったのだ。

禰豆子の体は無惨の細胞に対して免疫があったから、それを噛んだ炭治郎にも禰豆子の免疫が移って無惨を追い出したということなのだ。

まさに奇跡、日頃の行いがよいおかげか、驚くほどの強運を土壇場で発揮した炭治郎であった。

最後の柱合会議の内容とは?

一方そのころお館様のお屋敷では最後の柱合会議が行われていた!

寂しなことに生き残った柱は、風柱 実弥と水柱 義勇のたった2人だけだ。

鬼殺隊の目的は「鬼を滅ぼすこと」。

それが成った今、鬼殺隊の存在意義はなくなったのだ。

お館様はこう宣言する。

鬼殺隊は今日で解散する

今日まで命を賭して「鬼を滅ぼす」という産屋敷家の志願を叶えるため頑張ってくれた鬼殺隊の柱へ輝利哉は最大限の感謝を伝えるため土下座してみせる。

その姿を見た実弥は謙虚にこう言い放つ。

礼など必要御座いません
鬼殺隊が鬼殺隊で在れたのは
産屋敷家の尽力が第一

義勇も続く。

輝利哉様が立派に務めを果たされたこと
御父上含め産屋敷家御先祖の皆様も
誇りに思っておられることでしょう

その言葉に思わず大粒の涙を流す輝利哉であった。

伊之助、炭治郎の最終回発情期

さて話は炭治郎の病室に戻る。

今度は音柱を引退した天元とその家族、亡くなった炎柱 杏寿郎の家族らが挨拶に来たりと病室は見舞客でごった返した。

炭治郎の寝室で寝すぎてお腹が減った伊之助は病室をすっと抜け出し調理場へ向かう。

せっせと料理を作る神崎アオイに気付かれないように音を立てず盗み食いする伊之助だったが、アオイにすぐ気づかれてしまう!

盗み食い防止に伊之助専用のプレート(おむすび2つ、卵焼き2つ)を渡す心優しいアオイにキュンとする伊之助が可愛らしいシーンだった。

お腹すいたらこっち食べて

このお盆に乗ってるものはあなた専用ね
これだけはいつでも食べていいから

 

病室を抜け出した炭治郎が向かったのはカナヲがいる桜の木の下だ。

満開に咲くその桜は初代 花の呼吸の剣士が植えた歴史あるもので「必勝」という名前がついているとのこと。

心美しいカナヲは桜に向かってこう呟く。

叶ったよって教えてあげたい

それを聞いた炭治郎は頬を赤らめ「やさしい」と心の中でカナヲ褒め称えた。

ここもキュンとするシーンである。

 

炭治郎は自分がつけたであろうカナヲの傷を心配するも大丈夫とのことで、視力も全て失ったわけではないようで安心している。

目が不自由になったカナヲの助けとなるように実弥が蛇柱の相棒 へびの鏑丸を譲ってくれたことも明らかになった。

 

今度は禰豆子と実弥のやりとりだ。

私 寝るの好きです

と満面の笑みで言う禰豆子の姿が弟 玄弥と重なって見えた実弥はそっと禰豆子の頭と頬をなで去っていった。

突然の出来事に赤面してソワソワする禰豆子を盗み見していた善逸が

はあ?
何してんのアイツ
はああ?
はぁーーーー!?

と怒り心頭だったのが笑えた。

 

その後、炭治郎と禰豆子は恩師 義勇&鱗滝左近次と合流!

禰豆子は左近次に抱きついて喜びを表現し、炭治郎は義勇の散髪について触れていた。

炭治郎、家へ帰る

奇跡的に生き残った炭治郎たちはこれまでの戦いで亡くなった者達に花を添えるため墓参りへ向かう。

墓参りを終え故郷に、炭治郎の家に戻ってきた4人は殺された兄弟たちが眠る地面へ向かって手を合わせて冥福を祈った。

その後はみなでせっせと大掃除!

釜風呂へ入り美味しいご飯を食べ、笑って過ごしたのだった。

そしてそしてなんと時は流れ、時代は急に現代へ!

立ち並ぶビル群!

平和な世界になった後、炭治郎たちはどこでどんな風に生活しているのか!

次回205話も鬼滅の刃から目が離せない!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

202話 203話 204話 205話