キングダム ネタバレ最新話645話感想【一寸先は闇、見え始めた希望】

キングダム ネタバレ最新話645話感想【一寸先は闇、見え始めた希望】

前話644話は衝撃的な終わり方だった。

李牧に死刑を宣告した趙の悼襄王(とうじょうおう)。

息子の太子嘉が泣きながら死刑の取りやめを訴えるが悼襄王に耳を噛まれてまったく相手されずに下がる。

息子の耳を噛むとはよほどのサイコパスなのだろう。

そんな愚王悼襄王に悲劇が起こる(喜劇かも)。

桃泉殿の風呂場でいつものように大勢の子供と入浴していたところ、酌まれたお酒?を飲んだ瞬間血を吐き床に倒れるのである。

お酒に毒が盛られていたのかどうかは不明だが、あの子供達の不気味な表情を見ると毒ではないかと思われる。

そんな衝撃的なシーンで終わった644話だが、645話はどんな内容なのだろうか。

趙王が死に見え始めたかすかな光。

太子嘉によって趙は復活を遂げるのか?

『キングダム』最新話645話のネタバレありの感想とあらすじをお送りする。

643話 644話 645話 646話 647話
「キングダムが好き!」という方に朗報です。
今なら電子書籍サービス「U-NEXT」で『キングダム』最新57巻を無料で読むことができます。

単行本は通常460円ですが、U-NEXTなら無料トライアル登録時にでもらえる600ポイントで、1冊無料で読むことができます!

しかも、今すぐ自宅で。

電子書籍で漫画を読んだことがない方も、試しに使ってみて損することはないと思うので、この機会にぜひチェックしてみてください!

無料キャンペーンは今月までかもしれません。

キングダムを無料で♪

U-NEXTで今すぐ読む

またU-NEXTなら、最新巻が読めるだけでなく『キングダム』のアニメも見放題!

こちらも無料トライアル期間に1〜81話(第3シーズン途中)まで観ることができるので、「キングダムのアニメをもう1度観返したい!」という方はぜひストリーミングでお楽しみください!

キングダムを無料で♪

U-NEXTで今すぐ観る

↑1話〜81話までイッキに観返そう!↑

『キングダム』最新話645話の感想・あらすじ(ネタバレ)

全将軍集合~いざ邯鄲攻略~

王翦軍は趙将扈輒の防衛線を抜けるべく軍を広範囲に展開。

各軍が配置につくと王翦は全将軍を本陣に呼び集める。

亜光、倉央、田里弥、王賁、蒙恬そして道を迷っておそくなった信。

信「悪い悪い いやー迷った」

集まった将軍達に王翦が作戦を話そうと口を開いたとき急報が飛び込んでくる。

兵「急報オっ 邯鄲から入っている密偵から急を知らせる鳥がきました」

将軍たちは李牧の死刑が実行され李牧の死のことだと思っていたがその耳に飛び込んだのは予想外の報告であった。(将軍達にとってはね)

王翦「・・・・・申せ・・・」

兵「昨日 邯鄲にて趙悼襄王が急死したと!!」

将軍「!?」

あまりに突然すぎる趙王の死。

信「え・・李牧じゃなくて・・・」

蒙恬「趙王が死んだのか!?」

焦る一同。

これにはポーカーフェイスの蒙恬の顔も驚きを隠せないでいる。(王賁は流石のすまし顔)

本来なら敵国の王の死は好機であるがそれが趙王ならば話は別である。

あの愚王が死んだ趙はどうなるのだろうか。

大混乱の趙~改革への道~

趙王が死に趙は大混乱。

李牧派と趙王派で揉めている。

王派「どういうことだ死因不明とは」

李派「証拠はない」

王派「毒殺されたに決まっておろうが ふざけるなあれが病死の姿か」

あまりの混乱に郭開は衛兵に李牧派全員を捕まえろと命じる。

しかし趙王なき今、衛兵が仕えるのは次期王の嘉であるため従うはずがない。

ようやく実権を手に入れた耳負傷中であるはずの趙太子嘉。(漫画では耳はきれいさっぱり治っている)

まず行ったのが地下牢に閉じ込められていた賢人達の解放。

彼らは悼襄王を諫めた罪で投獄されていた優秀な国士達である。(漫画では賢いオーラが溢れていた)

「国を立て直す!よいな!」

賢人「ハ!!一同この命捧げまする!!」

そして当然あの男も解放。

カイネ「っ・・・・・っ・・・・・李牧様」

李牧の復活と愚王悼襄の死。

趙次期王の嘉と李牧そして解放された賢人たちによる趙の再建が始まろうとしていた。

李牧復活!?~迫る王翦軍への脅威~

趙王が死に、李牧が復活したことを知った王翦軍本陣の将軍達。

こちらも混乱している模様。

それもそのはずである。せっかく倒した李牧が趙王というハンデを背負わずに復活したのである。

将軍達の話題の中心は次期王になるであろう嘉について。

倉央「次期王嘉ってやつは“名君の器”って噂以外伝わってきちゃいないヤロウだ趙の賢人達は牢獄にいたり太子嘉の時代をまって野に潜んでいるって噂もある」

王翦「趙は生まれ変わる」

王翦がこうはっきりと断言しているのだから趙はほんとうに生まれ変わるだろう。

王翦軍にとって趙の再建は最悪の事態である。

そんな中敵陣の後ろに援軍がやってくる。

王翦「あれは邯鄲王都軍だ」

趙の新中枢は機能し出し、早くも動き出したのである。

これには流石の王翦も作戦を練り直すしかなくなってしまった。

早くも動き出してきた趙。

王翦軍は生まれ変わった趙軍に対しどう立ち向かっていくのだろうか。(人生は波乱とはまさにこのことである)

見え始めた光~希望と絶望~

邯鄲では嘉、李牧を筆頭に賢者達が対王翦軍の作戦を練っていた。

そんな中なぜか衛兵達が急に押しかけてくる。

その後ろには郭開が潜んでいた。

そしてもう1人の怪しい影も。

嘉「次期趙王の名において命ず 近衛兵隊長燕蒙その奸臣郭開を捕らえよ!」

兵「太子・・・申し訳ありません・・・我々は・・・」

兵たちは何か事情がある様子で嘉の命令に従わなかった。

郭開が衛兵達に何かをしたのだろうと思ったが、どうやらそうではないらしい。

なんと趙王はなくなる半日前に遺言を残していたのである。

英「先王はこう残されました」

李「ま・・・まさか」

英「第9代趙王悼襄王は次の王位を太子嘉・・・ではなく末子の遷様に継がせるものとする」

「史記趙世家」において著者・司馬遷は悼襄王が太子嘉を廃して行いの悪かった

末子遷を王位に立てたことをこう評している「何と道を外したことか」と

これほどかというほど愚王である悼襄王。

見ているこちら側も怒りを覚えるほどである。

趙王がいなくなり、見え始めた光だがあまりにも一瞬であった。

嘉、李牧はここで消えてしまうのか?

それともまだなにかが起こるのか?

あまりにも衝撃的な内容であった『キングダム』645話。

漫画ではより緊迫感が味わえるのでもし買っていなければ今週のヤングジャンプを買って読もう!

それでは、646話の記事もお楽しみに!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

643話 644話 645話 646話 647話