キングダム ネタバレ651話感想【蒙武軍に援軍来たる。騰と録嗚未が参戦するも戦況は最悪?】

キングダム ネタバレ最新話651話感想【蒙武軍に援軍来たる。騰と録嗚未が参戦するも戦況は最悪?】

前回650話では、中華でも有数の最重要拠点・什虎城の全貌が明らかとなった。

それは城主・満羽を筆頭に、軍師・寿胡王、将軍の千斗雲・玄右と4人の猛者が守る鉄壁の城だった。

そこへ向うは、合従軍戦で大将軍・汗明を討ち果たした、楚国とは因縁深い蒙武。

両軍は楚国領内の月知平原にて対峙するが、この時点で魏軍の動向は分かっておらず、援軍も到着していない状況だ。

ところが、昌平君が魏国に示した『什虎攻め』の日を忠実に守り、無謀と思える突撃に出た蒙武。

これに対し、魏国の呉鳳明は秦軍と共闘するのか?

楚の天才・媧燐が送った援軍とは?

そして什虎城を守る4人の猛者の実力は?

3国の思惑が入り乱れる中、最前線の将たちが激突する!

『キングダム』651話のネタバレありの感想をお送りする。

蒙武軍と互角の戦いを繰り広げる、満羽軍の強さは本物!

突進する蒙武につられ士気が高まる蒙武兵たちの前に現れた、什虎城主・満羽。

その大矛の一振りで真っ二つの人馬が乱れ飛ぶ!!

あまりの凄惨な光景と圧倒的な武力の前に、数多くの修羅場をくぐってきた蒙武兵ですら言葉を失っている。

そして近くで満羽と相対した蒙武兵たちは、その大きさにたじろぐ。

兵「で・・・でかい・・・、蒙武様並か・・・それ以上に・・・」

満羽「来い、総大将満羽だ」

この大男を取り囲んだ蒙武兵たちは、

殺せェェ

と雄たけびを挙げながら突進するも、対する満羽は

うん

恐怖や緊張など微塵も感じておらず、むしろ彼は戦いを完全に楽しんでいる。

次の瞬間先ほど同様に、満羽の矛が真っ二つの人と馬を大量生産する。

驚き立ちすくむ蒙武兵たちの頭部を、さらに多数の槍が貫く。

軍師である寿胡王の合図もなく敵陣に突進していった満羽を追いかけてきた、満羽近衛兵団たちの槍である。

満羽「お前たち、早すぎ」

兵「困ります 殿」

満羽「まーそう言うなよ、だって蒙武が疲れる前に戦いたいじゃないか」

これは完全に戦バカ・・・。

この状況を部下が報告し、ようやく蒙武も満羽の存在に気付く。

距離はありながらも、一瞬ふたりは目を合わす。

満羽「待っていろ蒙武、少し体を温めてからそっちへ行く」

蒙武「・・・・・・」(ギリッという歯ぎしりが聞こえてきそうだ)

蒙武はあくまで戦いを娯楽のように扱う、満羽の姿に苛立ちを感じたのだろうか。

蒙武「百騎来い、あの敵を先に討つ」

そう言うと蒙武は満羽にむけて突進しだした。

蒙武本陣でこの父の戦いぶりを見ていた蒙毅は、気が気ではない。

兵力差のある包囲網にあえて飛び込んでいった蒙武の目的は、挟撃される前に前方を突破し、敵本陣を討つことだったはず。

その目的を捨ててまで、蒙武は方向転換をした。

さらにおかしなことに、蒙武を挟み込んでいる左右の軍が全く動かない・・・。

なにか別の作戦があるのか?それとも、あの中央軍だけで蒙武を討てると踏んでいるのか・・・

優秀な軍師である蒙毅の表情に、焦りの色が加わり始めている。

こんな上司イヤだ!左翼・千斗雲が我慢できずに参戦!

一方左翼に陣取り、目の前で楽しそうに戦う満羽の姿を指を咥えて見ることしかできないのは、同じく戦バカの千斗雲。

くそっ、寿胡王の出撃合図はまだかよ・・・、満羽の奴もう出てんじゃんかよ、終わるぞ これ マジ・・・・・・ちょっと・・・これ・・・

餌を前にお預けを喰らった犬状態である。

ここで千斗雲は驚きの行動に出る!

千斗雲「今、何か合図的な音が聞こえた気がする!」

部下「え!? 鳴ってませんよ」

千斗雲「でっ、出るっ」

何が出るのだろうか・・・。

こうして千斗雲は参戦、部下は大変だ。

その様子を後方の本陣でじっと眺めていた軍師・寿胡王。

部下「どうされますか。いっそ右の玄右軍も突撃させますか?」

寿胡王「・・・待て・・・左奥から何か来る」

月知平原に大きな地響きが鳴りはじめる。

援軍来たる。騰自ら参戦する理由とは?

それは予想より早く到着した援軍、しかも将軍・騰自らやってきたのだ。

戦前、昌平君から騰本人の参戦はないと聞かされていた蒙毅は、この状況を察した。

什虎の戦いが厳しいと判断したのか、騰将軍・・・

この段階で1番ホッとしたのは、おそらく蒙毅だろう。

騰軍2万が加わり、これで蒙武・騰軍5万対什虎軍8万、数的には劣勢だが騰と録嗚未の存在は頼もしい!

什虎軍右翼、つまり玄右軍を目の前に捉えた騰と録嗚未。

当然騰も什虎の重要さを理解しており、そして難攻不落の理由も猛者4人が居るためだと分かっている。

だからこそ昌平君の命に逆らってまでも、騰本人が什虎にやってきたのだろう。

この段階でかつての六大将軍ほどではないにせよ、騰や王翦、蒙武といった大将軍級の武将には戦況に合わせて独自に行動してよい権限が与えられていることが推測される。

騰「こっから見ても相当やるのは分かる。」

録嗚未「ああ、あの蒙武に対して同数の中央軍だけで拮抗している」

満羽軍はほぼ蒙武軍と互角だ。

さらに千斗雲軍2万・玄右軍2万・寿胡王軍1万を騰軍・録嗚未軍各1万で葬った後に、城攻めが待っている・・・、できるのか?

録嗚未「俺の軍1万とお前の軍1万、あと倍は必要だったな」

騰「ココココ、怖くなったのなら戻って干央さんと代わって来なさい」

録嗚未「バカ言え、さっきから楽しくなってきたって話してんだよ」

騰「では、全軍前進!」

相変わらず、この2人の掛け合いはかっこいい!

「什虎は取れない」戦況を見つめる若き軍師・蒙毅の読み

ついに援軍が参戦。

騰軍が左翼・玄右軍へ、録嗚未軍が右翼・千斗雲軍へ、両軍とも倍の兵力との戦いとなる。

本陣の蒙毅はこの申し分ない武将たちの顔ぶれをもってしても、戦力差で劣勢は否めず、このままでは城攻めまでいくことは不可能だと結論づける。

蒙毅「やはり魏軍がここに参戦して来ないと什虎は取れない!」

乱戦の中、またしても戦場に地響きが鳴りだす。

媧燐が送った援軍はやはりあの2人

蒙毅「これは・・・」

蒙毅の表情がこれまで以上に緊迫感を増す!

寿胡王「やれやれ 大人気じゃの、什虎」

媧燐が送った援軍とは、将軍となった項翼と白麗だ!

しかも両軍とも1万5千、計3万の軍勢が什虎軍に加わる。

項翼「クックック 蒙武、いーね蒙武、ぶっ殺す!」

 

秦・楚両国の援軍が到着するも、圧倒的な絶望感で終わった『キングダム』651話。

あの函谷関での強烈な恨みを蒙武に抱く、項翼と白麗の参戦により戦場は激化必至だ!

ただでさえ劣勢だった戦力は、いまや5万対11万にまで広がった!

もはや頼みの綱となった魏軍・呉鳳明は戦場に現れるのだろうか?

漫画ではより緊迫感が味わえるので、もし買っていなければ今週のヤングジャンプを読もう!

では次回652話もお楽しみに!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

649話 650話 651話 652話 653話

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。